« CP+ 2011 に再度行きました。 2011/02/11 | トップページ | さて、「SD1 について」を書き足そう 2011/02/13 »

SD1 についてのイロイロ 2011/02/12

SD1 は来月発売の予定と言う話を CP+ で聞いた。教えてくれた方は 2008年9月 のフォトキナでインタビューに答えて SD15 の発売予定を 2009年4月 と答えておられた方だ。SD15 が実際に発売されたのは 2010年6月である。なので、この情報はあまりアテにならない。希望的観測と考えるのが正しい。

半ば公式なアナウンスとして今年前半には出したいと言うのがある。つまり遅くても6月中には出したいと言うことだ。新しいカメラの発売に関して、シグマは過去何度か産みの苦しみを経験している。なので、公式な発売日のアナウンスはかなり確実な日時が読めるまで発表しない。にもかかわらず今年前半には出したいと言うことは、早ければゴールデンウィークに間に合い、遅ければ梅雨の真っ最中に出てくる可能性があると言うことだろう。

しかし、非公式にはイロイロな話があって、そのあたりはチョット暴露できない。が、SD1 のハードウェアに関しては、もうこれ以上手を入れる必要が無いレベルに達していると言うことだった。つまり、SD1 の製造はいつでも始められる状態にあると考えて良いらしい。実際に来月には作り始めるらしい。

現時点で SD1 には問題点が3つある。その問題点の詳細は書かないけど、ファームウェアを改良する努力が日夜続けられているそうだ。

カメラ内 JPEG が非常に良い。唯一問題と感じたのは ISO100 での白飛びだけだ。SD1 はセンサー自体の改良によって1段、SPP の改良によってさらに1段高感度側に伸びている。つまり現在の ISO400 程度のノイズレベルが ISO1600 で実現されていると思われる。

ノイズリダクションが全ての感度で使えるようになるらしい。SD1 の ISO 感度設定に(拡張モードでも)ISO50 は無い。最低感度は ISO100 である。最高感度は ISO6400。Auto の範囲がどこまで有るのかは確認していないが、ISO100 ~ ISO800 ではないかと推測する。なお、SD1 での推奨感度は ISO200 らしい。

Scott さんがパワーグリップの貧弱さを嘆いていたが、私も同意見である。接点はいっぱい有るのにシャッターボタンの機能しか持っていない。構造上難しいのかも知れないが本体の右上に付いているボタン5つとダイヤル2つが付いたパワーグリップを作ってくれたらとても嬉しい。

さらに熱狂的な FOVEON 支持者でありながら、SD ボディの不安定感のために現在ユーザーではない土佐のプロカメラマン ken さんにとって必須と言える「単3電池で動くカメラ」にするためにも単3が使用可能なパワーグリップも作って欲しい。地球上どこに行っても電源があるとは限らないのだ。しかも、リチウムイオン充電池は本来飛行機に乗せるには制約があるはずである。

CP+ で公開されている SD1 の作例で気がついたことがある。周辺部の描写力がわかるような作例がほとんど無いのだ。適当なレンズが無いのか、あるいは外に持ち出してのテスト撮影を嫌ったのか理由は定かでない。おそらく近いうちに公開されると思うが、楽しみにしておこう。


我が家のデスクトップマシンの SD1 対策が完了した。CPU とマザーボードを変更するのはコストパフォーマンス的に得策ではないと判断して、CPU だけを現在のマザーボードで使用可能な最高速である E7600(3.06Ghz) に交換した(交換前の CPU は E6420 2.13GHz)。交換前に 100 本の X3F ファイルを SPP4.2.2、オートで現像したが、掛かった時間は 910秒であった。交換後同じファイルを同じ条件で現像した時に掛かった時間は 580 秒。ディスクの読込速度が半分になった代わりに書き込み速度は6倍になったのと、CPU の換装が効いたようだ。i7 の1枚約4秒にはとてもかなわないが、5.8 秒だから良しとしよう。

|

« CP+ 2011 に再度行きました。 2011/02/11 | トップページ | さて、「SD1 について」を書き足そう 2011/02/13 »

コメント

> KAZUA さん

Core 2 の最高速ですね。SPP を2つ立ち上げて現像するには良いかも知れません。

私自身はいつも JPEG の抽出を行って現像すべきカットを選択してから実際の現像処理を行うので、速さをあまり気にしてはいなかったのですが、やはり速いのはありがたいです。

> まつさん

フォトコンテストの入賞者の方からお声を掛けていただき光栄です。上手い写真を撮れない私ですが、テスト撮影のような機械的な撮影は得意ですのでこれからもお役に立てるような情報を発信して行きたいと思っております。

投稿: maro | 2011.02.13 19:24

昨日CP+の会場で声をかけさせていただいた者です。色々な話を伺い、とても楽しい時間を過ごすことができました。このサイトは毎日のように拝見していたのですが、あの場でお会いできるとは思ってもいませんでした。会場に足を運んで良かったです。快く対応していただきありがとうございました

投稿: まつ | 2011.02.12 21:55

>maroさん
SD1情報、有難う御座いました。

私のメインPCは組んで5年目に突入した自作機ですが、
CPUはCore 2 Extreme QX6700(2.66GHz,1066FSB,L2:2X4MB)のところを、
今回SD1対策で今使っているM/B対応CPUの最高峰である
Core 2 Extreme QX6850(3.00GHz,1333FSB,L2:2X4MB)を中古で手配中です。

メモリは8GBへ増設済み、HDDも全てSSDへ換装済みですので、
これで暫く延命させるつもりです。

投稿: KAZUA | 2011.02.12 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CP+ 2011 に再度行きました。 2011/02/11 | トップページ | さて、「SD1 について」を書き足そう 2011/02/13 »