« CF の速度を調べる その3 2011/02/21 | トップページ | 質問を再送 2011/02/23 »

Transcend に尋ねてみた 2011/02/22

詳細な文面は省くけど、「イロイロやって見ましたが、御社の 600x で出せた書き込み速度の最高速は 43.8MB/s でした。どうやったらプレスリリースに記載されている書込速度が出るのか教えてください。」と言うメッセージを Transcend のテクニカルサポートに送った。

午前2時半頃に送ったのだけど、現時点でまだ返事は来ていない。果たして返事は来るのか?

いずれにしても、今回 CF の速度をチェックした一番の目的は SD1 用に高速で書き込める CF カードが欲しいけど SanDisk Extreme Pro では高すぎるので、Transcend 600x で同じ速度が出るのであれば、そちらを選択したいと考えたからだ。

もちろん SD1 が出てから CF カードを用意して実測するのが唯一の正しいテスト方法だ。もし、SD1 からデータが送られて来る速度があまり速くなければ 90MB/s は必要ない。また、CF カードの速度によって書込時間が短くならないようなら、もっと安い CF カードでも良い。が、私は CP+ で SD1 は速いカードを使う事でファイルの保存に要する時間が短くなると聞いた。

確かに SanDisk Extreme Pro は速い。しかし価格も速さに見合った価格で、お財布が軽くなるのも速い。SanDisk に文句を言う筋合いはどこにもないのだけど、私は Transcend が好きなのだ。

何度も書くけれど、この記事をお読みいただいている SD14 のユーザーには安心して Transcend 133x をお薦めする。今回テストした4種類の CF カードの全てで、書込に要する時間は等しい。ただ、読込に掛かる時間を気にするのであれば、Transcend 600x をお薦めする。なお、昨日の記事で私は Transcend 600x の商品名をプレスリリースに基づいて ExtremePlus 600x と書いているが、現在販売されているパッケージには「ULTIMATE」と記載されている。


昨年末から今年に掛けて自宅のデスクトップの CPU や HDD を更新したのだけど再度見直し。ラトックシステムの USB3.0 接続外付け RAID1 HDD を(バックアップのバックアップ)いきなりシングルモードに変更したら、パーテションさえ消えてしまった。MBR を変更しているとは予想外だった。これは RAID コントローラが不具合を起こしたら、ミラーリングしてあってもデータが無くなる事を意味している。

と言うわけでラトックシステムの USB3.0 接続外付け RAID1 HDD ケースは旅立たせる事にした。バックアップのバックアップなので、RAID は止めである。これで我が家から全ての RAID が無くなった。データが重要なら最低2台の HDD にバックアップを取っておくのが最良である。

|

« CF の速度を調べる その3 2011/02/21 | トップページ | 質問を再送 2011/02/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CF の速度を調べる その3 2011/02/21 | トップページ | 質問を再送 2011/02/23 »