« 鎌倉一泊目 2011/06/18 | トップページ | SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG 2011/06/19 2本目の記事 »

SD1 は1ピクセルを解像しているか? 2011/06/19

鎌倉から帰ってくる途中で、SD1 が1ピクセルをちゃんと解像しているのかどうかを確認しようと思い立った。

自宅へ帰り着いてすぐに準備をして撮影。SD14 の時にやった 0.5mm 角の市松模様を撮ってみた。JPEG だと圧縮が掛かり、細部の描写が変わる可能性があるため、 PNG で保存。目一杯拡大して見て欲しい。28 MByte あるのでご注意。

SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 シャープネス 0
ノイズリダクションは両方とも 0.5 (真ん中)

絞りすぎたかも知れないが、とにかく解像しているらしいことは解った。水平が出ていない分、少し甘くなっている。

現像時のシャープネスとノイズリダクションでどの程度解像感が変化するかも調べてみた。市松模様より、メジャーの目盛りやブロック塀の質感を見る方が良く判るかも知れない。

こちらも PNG で保存。

やはり、シャープネス 0 はアンシャープマスクを掛けた画像であることが解ってしまう。以降、私はやっぱりシャープネス -1.0 を基準とする。

既にご承知と思うけど、ベイヤー型イメージセンサーを搭載したカメラでこれと同じ事をやってはいけない。市松模様が全面グレーになるだけだし、ローパスフィルターが着いていないベイヤー型イメージセンサーだと偽色だらけになる。

|

« 鎌倉一泊目 2011/06/18 | トップページ | SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG 2011/06/19 2本目の記事 »

コメント

> TY さん

シャープネス -1.0 でもアンシャープが掛かっていることは確かです。

まぁ、不自然に見え始める寸前が -1.0 かなと言った感じです。

投稿: maro | 2011.06.20 23:13

画像掲示板ではコメントありがとうございました。解像度とシャープネスのデータを作って検証していただき、ありがとうございます。画像処理エンジンでの処理、X3Fの作成アルゴリズム、すべてブラックボックスですから、本当のシャープネス0はどこかを絶対的に決めるのはユーザー側では難しいと思っています。シャープネスは結局のところしっくりするレベルを各人が決めるしかないような気がしています。画像ごとに最適値は違うでしょうし、印刷と画面で見るのでも違うと思います。結局、カラオケのエコーのかけかたみたいなものではないでしょうか。笑)
ただ、フォトショップなどでグレーバックに黒で太く文字を書いた画像を作成し、アンシャープマスクをかけると黒い文字の周囲のグレーは白っぽくなります。この現象を作成していただいたチャートのなかにみることができます。縦にはってある、メジャーに書いてある数字の周囲の色が薄くなるのが拡大するとわかります。これで行くとやはり-1でもアンシャープがかかっていることになります。あくまで自説にこだわるわけではないのですが(こだわってるじゃん!)そう見えたので、書かせていただきました。(^^;)

投稿: TY | 2011.06.20 22:31

> けーざいさん

やはり、アンシャープマスクはイマイチです。

シグマによると SD1 の画像だからと言って余分にシャープネスを掛けてはいないとのこと。

ピクセルのピッチが細かいので、アンシャープマスクが余計に目立つと言うことはないはずなのですが・・・。

とにかく、SD1 の RAW を SPP5.0 で現像する際にはシャープネスを落とすことで自然な解像感が得られることが判りました。

投稿: maro | 2011.06.19 20:55

どうもです。
むかしむかし巷のSD9の写真サンプルの一部にすごく不自然なものがあって、
(被写体が妙に背景から浮かび上がっているような作画されたような写真)
それが気になるみたいなことをmaroさんにコメントしたことがありましたけれど、
あれの正体はSPPのアンシャープマスクだったんですね… (^_^;

投稿: けーざい | 2011.06.19 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉一泊目 2011/06/18 | トップページ | SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG 2011/06/19 2本目の記事 »