« 臨時ニュース 2011/07/15 | トップページ | 本日、撮影をし過ぎて現像が追いつかず 2011/07/17 »

海森彩生写真展でのトークショー 2011/07/16

今日、明治神宮の文化館にて現在(明後日まで)展示されている沖縄の写真を撮影されたカメラマン仲程長治さんを囲んでのトークショーが開かれた。シグマの桑山氏と Walz(molsheim) さんの3人で SD1 で撮影された沖縄の風景を(バンバン拡大しながら)撮影したときのお話を伺うことができた。

桑山氏の1週間は「とまどい」、1ヶ月は「我慢」それから先は FOVEON の素直な画像が撮れ放題と言う話(オフレコではないと思う)が私には一番おもしろかった。

17-50mm @18mm

(会場で借りた)10mm Fish Eye

会場ではシグマの社員さんが SD1 6台(レンズ付き)と新型レンズを含む5本を用意して待機。身分証明書などと引き替えで1時間の貸し出しを行っていた。


写真家の三井氏を始めとして、私を含めて6人の SD1 ユーザーが来場。会場には展示品を含めて全部で 13 台もの SD1 が集まった。おそらく2度とないだろうとシグマの方が言っていた。

貸し出し業務を行うシグマの営業の方々の他にも技術の方(DP シリーズの AF を担当した方だそうだ)も見えられていた。そのほかに(非公式ではあるけど)少なくとも社長を含めて8人ほど社員の方を識別することができた。

技術の方に「SD1 はハードウェアの変更なしにライブビューの機能を備えることは可能か?」と質問したら「Yes」の答えが返ってきた。その後その話を社長にもしたら「実装は可能だけど製品として安定して使ってもらえる状態にすることが大変。ただし、プライオリティーは高く、現在行われている不具合の修正が済み次第取りかかる予定。ただし、実現するかどうかは現時点では不明。」とのことだった。

ティザー撮影も不可能ではなさそうで、何とも楽しみな状態である。数年先の話となるだろうけど、新センサーの開発も継続中とのこと。シグマはやる気満々である。

当初は明日も明治神宮へ行く予定にしていたのだけど、「はな」にディズニーシーへ連れて行けとねだられたので、明日はパスさせていただく。

|

« 臨時ニュース 2011/07/15 | トップページ | 本日、撮影をし過ぎて現像が追いつかず 2011/07/17 »

コメント

maroさん
色々とありがとうございました!

しかしプロジェクターであそこまで拡大して初めて発見される物がある・・・恐るべし です。

投稿: molsheim | 2011.07.21 12:59

maroさん、貴重な情報ありがとうございます。まだとても手が届く値段ではありませんが、将来に向けて希望が持てました。

投稿: なかじー | 2011.07.18 13:10

Oh, tethering! Got it! :)

投稿: Scott Greiff | 2011.07.18 09:56

結局、25万のフレコミが、
70万になってしまったその真相は
誰も話さないんですかね。

投稿: しおん | 2011.07.17 23:14

「ティザー撮影」
http://bit.ly/aDIHry

投稿: KAZUA | 2011.07.17 01:08

Oh, man! This would have been worth a flight to Japan just to be there! We could have upped the number of SD1s in the room to 14. :)

So excited about the possibility of Live View with the SD1. If they can do Live View, then they can do video, no?

「ティザー撮影」って何でしょうか?

投稿: Scott Greiff | 2011.07.16 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨時ニュース 2011/07/15 | トップページ | 本日、撮影をし過ぎて現像が追いつかず 2011/07/17 »