« デスクトップのデータディスクが不調。 2011/07/27 | トップページ | オーバークロックが犯人ではなかった 2011/07/29 »

オーバークロックにご注意 2011/07/28

昨晩真夜中まで掛かってデータドライブをチェックしたのに、特定のファイルを削除しようとするとやはりエラーになってしまった。

幸い OS からエラーコード(0x80070570)が示されたので、Micrsoft のヘルプで検索。見つからない。Microsoft Answers(情報交換コミュニティー)で調べたら Over Clock している場合にこのエラーが発生する可能性があることが記述されていた。

ギガバイトのマザーボードに付属していたユーティリティーで簡単にオーバークロックができるため、本来 3.4GHz で動く Core i7-2600K を 4.5GHz で動かしていたことが原因のようだ。オーバークロックを止めたら、何の問題も無く動作した。以前は BIOS の設定画面とにらめっこしながら行ったオーバークロックだけど、Windows 上から簡単にできるようになっていたため、気軽にオーバークロックを設定してしまった。

何の問題も無ければそのままでも良いのだけど、やはりこんなところにその弊害が出てくるようだ。SPP で SD1 の X3F ファイルが 12 秒を切って現像できていたのに、再び 14 秒に戻った。まぁ、大騒ぎするほどのことではない。


昨日撮影したオークション出品物のうち 1/3 を出品。全てパソコン関連の古いものばかりなのでここでは宣伝しない。2~3日中にジッツオの古い2型3段を出すので、そのときは宣伝させて頂く。


明日は一日中仕事で、土曜日、日曜日も仕事の予定が入っている。月初めは毎月ルーチンワークで忙しい。8月4日あたりにならないと体が空きそうにない。

|

« デスクトップのデータディスクが不調。 2011/07/27 | トップページ | オーバークロックが犯人ではなかった 2011/07/29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デスクトップのデータディスクが不調。 2011/07/27 | トップページ | オーバークロックが犯人ではなかった 2011/07/29 »