« オーバークロックが犯人ではなかった 2011/07/29 | トップページ | SATA ケーブル、あるいはその接触が犯人だった 2011/07/31 »

結局はディスクの不良だったようだ 2011/07/30

今朝の5時まで掛かって、イロイロと調べた結果、やはりディスクがおかしいと言うことで、バックアップをデータディスクに昇格させて、バックアップのバックアップをバックアップに昇格、データディスクをバックアップのバックアップに降格させた。

現時点でおかしなエラーは起きていない。もしかすると SATA ケーブルの接触不良が起きていた可能性もあり、バックアップのバックアップに降格させた元のデータディスクをフォーマットして、全データをコピーしているところ。ファイル数 38 万本、約 400G バイトもあるため、時間が掛かる。

と言うわけで、本日のお仕事はお休み。明日は忙しくなりそう。

ヨメさんと「はな」は実家に帰っていて、今日の夕方に行われる神社のお祭りには間に合うように戻ってくるだろう。


GANREF に SD1 のレビューが掲載された。的確な評価であると思う。「欲しい機能」について触れてはいないが、評価記事としてはそれでも良いのだろう。私のように無い物ねだりをすることもある程度は許されると思うが・・・。

http://ganref.jp/items/camera/sigma/2024

|

« オーバークロックが犯人ではなかった 2011/07/29 | トップページ | SATA ケーブル、あるいはその接触が犯人だった 2011/07/31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーバークロックが犯人ではなかった 2011/07/29 | トップページ | SATA ケーブル、あるいはその接触が犯人だった 2011/07/31 »