« 普通にお仕事 2011/07/11 | トップページ | SD1 の謎 その1 パープルフリンジ 2011/07/13 »

チョット休憩。 2011/07/12

まぁ、イロイロありまして、と言っても Windows 7 を導入したパソコンに関してですが・・・。

やっぱり 64 ビット版にしておけば良かったかな、それとも CPU と マザーボードとメモリをアップデートしちゃおうかな等々。

特に不満足と言うわけではないのですが、SPP で現像するたびに CPU メーターが2つとも 100% になって、1枚の現像に 30 秒ほど掛かるのが少し悲しい感じ。3.06G のデュアルコアでは SPP 5.0 を動かすのは力不足なようで・・・。

4コアのハイパースレッド + 64 ビット版 Windows 7 にすれば速くなるかなぁ・・・。

SD1 の X3F ファイルを 10 秒くらいで現像できている方、いらっしゃいましたらコメントしてください。m(__)m

|

« 普通にお仕事 2011/07/11 | トップページ | SD1 の謎 その1 パープルフリンジ 2011/07/13 »

コメント

> 梅里さん、anko さん

情報をありがとうございます。やはりコア数よりもクロックが効いてくるようですね。もちろんその上でコア数が多ければより良いと言うことでしょう。

64Bit と 32Bit の差もありそうです。

う~~~n。近いうちに Core i7 2600 + Windows 7 64Bit でも組んでみましょう。

投稿: maro | 2011.07.13 23:06

SD1のためにハイスペックPCを奮発したんですが、これを買わなければ、既にSD1を手に入れていた可能性も。
こちらからRAWファイルを入手して、測ってみました。
http://www.rytterfalk.com/2011/06/26/sd1-family-raw-pack-1/

OS Windows7 64bit版
CPU Intel Xeon E5620 (4コア) 2.4GHz 2個 (16スレッド)
メモリ 12Gbyte

画質優先モードへの切り替え 14~15秒

表示速度優先モードのままで
 TIFF(16bit)への保存 16秒
 JPEG(クオリティ10)保存 18~19秒

画質優先モードへの切り替え後
 TIFF(16bit)への保存 4~5秒
 JPEG(クオリティ10)保存 5~6秒

表示速度優先モードのままで、TIFFまたはJPEGで保存した後に違うファイル形式で保存した場合は、画質優先モードへの切り替え後と同じ時間となりました。
タスクマネージャのメモリ使用量を見ても画質優先モードへの切り替えを行った後の使用量とほぼ同じになっているので、内部的に画質優先モード処理(メモリの展開)を行っており、次に行う保存はメモリ展開が省略できるので速くなるのでしょう。(当たり前の処理なんでしょうけど)

投稿: anko | 2011.07.13 22:19

同じマシンでXPとWin7の64bitで試してみました。

CPU:Intel Core i7 950 3.07GHz
グラフィックボード:GF-GTX260
メモリー:6G
マザーボード:ASUS P6T
HDD:7200回転 1TB×3 SATA接続
このうちひとつのHDDをパーティーションで250GB2つをOS用にして残りをデータ用、XPとWin7の64Bit を入れてディアルブート、それぞれに、SIGMA Photo Pro Ver.5.0.0.1 を入れて10枚現像してみました。

条件は
1)デスクトップにホルダーを作りそこにX3Fファイルを10個格納
2)すべてを選択して画像を保存
3)現像はオート、JPEG12で保存
SD15のファイルだとXPで42秒、Win7で47秒(1枚当たりどちらのOSでも4秒ちょっと)
SD1のファイルだとXPで172秒秒、Win7で180秒(1枚当たりどちらのOSでも18秒くらい)


サムネイルを開いたあとの動作は4秒でした。
この状態で画質優先モードへの切り替えは10秒、TIFFへの保存は4秒、jpg保存は4秒程度でした。

投稿: 梅里 | 2011.07.13 21:34

SPP立ち上げてから直後は何か動作をしているようで、一分くらいしてCPU使用率が1%になってからのサムネイルを開いたあとの動作は8秒から9秒でした。

この状態で画質優先モードへの切り替えは23秒、TIFFへの保存は3秒、jpg保存は5秒程度でした。

SPPの一覧表示から「画像の保存」でオート現像させてjpgを保存すると一枚30秒から35秒くらいかかります。

以前おっしゃられていたようにSPPはコア数よりもクロック数の方が効くのではないかという印象です。

投稿: ka_tate | 2011.07.13 11:11

> ka_tate さん

コメントありがとうございます。言葉足らずで申し訳ありません。正確には現像パラメータが確定して JPEG あるいは TIFF に保存する時に掛かる時間、あるいは「表示速度優先モード」から「表示画質優先モード」に切り替えるのに必要な時間と書くべきでした。

えーと、メイン画面からサムネイルをダブルクリックしてレビュー画面が開き、パラメータを変更できるようになるまでの時間は、私のマシンでは7~8秒です。

投稿: maro | 2011.07.13 07:48

Core i7 920(2.6Ghz) Win7 64bit 6GBメモリ CドライブはHDDの環境で、SD1のファイルを開いてからバーの動作が終了してパラメーター変更できるようになるまでおおよそ13秒くらいです。
スレッドは最高で8スレッドまで使ってる時があります。CPU使用率は80%台です。

投稿: ka_tate | 2011.07.13 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通にお仕事 2011/07/11 | トップページ | SD1 の謎 その1 パープルフリンジ 2011/07/13 »