« 結局はディスクの不良だったようだ 2011/07/30 | トップページ | ボチボチ SD1 の記事をまとめなければ・・・ 2011/07/31 »

SATA ケーブル、あるいはその接触が犯人だった 2011/07/31

自宅のデスクトップマシンで SD1 で撮影された RAW データを少しでも短い時間で現像したいという欲求から始めたマシンのアップデートだったけど、予想に反して安定動作させるまでに 12 日間も掛かってしまった。

CPU やマザーボードの変更、ブルーレイドライブの追加、OS のインストール、アップデート、取り敢えずのアプリケーションのインストールには2日間しか掛からなかったのだけど、使って行くウチにデータドライブのファイルが次々と壊れて、OS 起動時に自動的に動き出す CHKDSK で削除されてしまうことが判明したのが8日後、その原因を突き止めて直すのに3日も掛かってしまった。

金曜日の真夜中に HDD の接続順番を変更するに当たって、トラブルを起こしていた HDD に使っていたケーブルを別の物に替えた。元のデータドライブはバックアップのバックアップドライブにしてしまったのだけど、その後その HDD でのエラーは起きていない。S.M.A.R.T では何のエラーも報告されていないので、HDD 自体の不良ではなかったようだ。

トラブルが起きた時に使っていたケーブルで繋ぎ直して、エラーが起きるかどうかを調べるのも面倒だし、コネクターの接触不良だった可能性も高い。とにかく現在使用中の HDD は3台買ったウチの2台が初期不良を起こした機種なので、かなりデリケートなのかも知れない。リテール版を買ったため3年間のメーカー保証が付いているが、製造元が HDD の全事業を WD に売ってしまったので、少し不安ではある。

さて、昨日はそんなこんなで予定していた仕事をさぼったため、今日はたっぷり仕事となった。11 時から働き始めている。今は新しいサーバーの設定中。Windows Update で 74 本ものファイルがインストールされつつある。ヒマなので、これを書いている。

現在の時刻は午後0時30分。OS のアップデートが終わったら SQL Server のインストールを始めなければならないが、お腹が空いたので東京駅八重洲地下街にあるカレー屋さんに昼食を買いに行こう。

今夜はこの雑記帳の記事をもう一回アップする予定。いい加減写真の話に戻らなければ・・・。

|

« 結局はディスクの不良だったようだ 2011/07/30 | トップページ | ボチボチ SD1 の記事をまとめなければ・・・ 2011/07/31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局はディスクの不良だったようだ 2011/07/30 | トップページ | ボチボチ SD1 の記事をまとめなければ・・・ 2011/07/31 »