« SD1 の ISO100 と ISO200 その2 2011/07/07 | トップページ | 海森彩生写真展 2011/07/09 »

SD1 でチョロッとスナップ 2011/07/08

午後から仕事だったので少し早めに家を出て途中下車をして妙典駅から江戸川の川岸まで歩いた。イロイロ撮ったのだけど、お見せできるほどの写真は2枚のみ。

モンシロチョウは梅里さんが言っていたトリミング。SD1 に 20mm で蝶々を撮るのはまともではない。幸い画素数が多いので 600 万画素にトリミング。ごくわずかにスマートシャープを掛けてかなり見られる写真になったと思う。

SD1 の数少ない長所の一つは有効に利用すべきである。


帰りがけに寄ったスキヤカメラで中古のジッツォを入手。ついこの前 Velbon の Mark-7 を手放したばかりなのに、また1本入荷してしまった。雲台は私があまり好きではないオフセンターボール雲台の旧タイプが着いている。この雲台は間違いなく2~3日中にオークション行きである。

脚は古い2型3段。グレーはやや濃いグレー。中の脚はアルミ色ではなく黒。当然ゴムリングも黒。センターポールがギア式で、これも黒。ロックは下で締めるタイプ。エレベータの周囲には Cremaillere 2 と書いてある。かなり長い脚で3段を一番伸ばすと 143.7cm あり、エレベータを一番上まで上げると 177.2cm もの高さになる。脚の重さはほぼ 2.5kg。一番短くした状態で雲台受けから脚の先端までが 64.5cm。開脚は2段に切り替えられるタイプで通常の縮高は 60.5cm である。一般的な 35mm 一眼レフ用のサイズだ。


さて、明日は土曜というのにお仕事である。午後からは明治神宮に行こうと思っているけど、何時になるかは不明。

|

« SD1 の ISO100 と ISO200 その2 2011/07/07 | トップページ | 海森彩生写真展 2011/07/09 »

コメント

モンシロチョウの大きさの者を20mmで撮影とは考えていませんでした。
アゲハチョウくらいの大きさを引いて写して周囲の状況を入れるか、チョウ本体を気軽に写してトリミング、を考えていました。
触覚と目にピントが来ているし、下のほうの蕾の質感が良いですね。
さすがです。

投稿: 梅里 | 2011.07.09 20:18

色々と参考にさせていただいております。
ありがとうございます。

わたしもSD1の作品を明治神宮に奉納いたしました。
Exif情報はでていないでしょうが、maroさんとは真逆な撮影と絵です。

投稿: Buu | 2011.07.09 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1 の ISO100 と ISO200 その2 2011/07/07 | トップページ | 海森彩生写真展 2011/07/09 »