« チョット休憩。 2011/07/12 | トップページ | SD1 の謎 その2 オートブラケット 2011/07/14 »

SD1 の謎 その1 パープルフリンジ 2011/07/13

SD1 に 85mm F1.4 を着けて、あまり絞らず風景などを撮影すると明るくコントラストが高い部分の境界にパープルフリンジが出る。50mm F1.4 でも出る。

ただし、パープルフリンジの出方はカメラ内 JPEG と SPP5.0 で RAW ファイルから現像したものではかなり異なる。また、RAW ファイルに含まれる JPEG 画像を抽出したものはカメラ内 JPEG に近いが、やや異なる。

中心部だけの切り出しであるが、とりあえずご覧いただこう。

SIGMA SD1 + 85mm F1.4 @f:2.0 SPP5.0 オールリセットで現像

上と同じ画像。カメラ内 JPEG

上と同じ画像。X3F ファイル内 JPEG

SIGMA SD1 + 50mm F1.4 @f:2.0 SPP5.0 オールリセットで現像

上と同じ画像。カメラ内 JPEG

上と同じ画像。X3F ファイル内 JPEG

私はこのパープルフリンジがレンズの「ハロ」が原因であると考えた。そこでハロがめちゃくちゃ多い MC JUPITER-9 (80mm F2.0)で絞り開放にして撮影したけど、パープルフリンジは出なかった。つまり、85mm F1.4 や 50mm F1.4 で明るく撮影されたコントラストが高い部分の境界にパープルフリンジが出る原因は「ハロ」ではない。

SIGMA SD1 + MC JUPITER 9 85mm F2.0 @f:2.0 SPP5.0 オールリセットで現像

上と同じ画像。カメラ内 JPEG

これらのパープルフリンジは SD1 独特のものである。以前から FOVEON センサーには独特のパープルフリンジが出ることは良く知られているが、それは下の作例で電車に反射している太陽光の周囲に出ているものと同じである。

SIGMA SD1 + 85mm F1.4 @f:2.0 SPP5.0 UV フィルター使用

上の画像はパープルフリンジに UV フィルターが有効かもしれないと思って、85mm F1.4 にマルチコートの UV フィルターを着けて撮影している。下の画像は UV フィルターなしである。残念ながら SD1 のパープルフリンジには UV フィルター効果は薄いようだ。

SIGMA SD1 + 85mm F1.4 @f:2.0 SPP5.0 フィルターなし。

とにかく、カメラ内 JPEG ではさほど目立たないものが、SPP で現像すると目立って来る。信じられないことだけど、事実である。一日も早く SPP がアップデートされることを祈ろう。1日に2~3回フリーズする現像ソフトを使っている SD1 ユーザーのことを少しは考えて欲しい。

|

« チョット休憩。 2011/07/12 | トップページ | SD1 の謎 その2 オートブラケット 2011/07/14 »

コメント

おそらく、軸上色収差のせいではないかと思います。
アウトフォーカス部分の前後に紫と緑で発生するアレではないかと。

自前のEF85F1.2、EF50F1.2では盛大に発生します。
たしか、補正は設計において困難で、可視光全域での補正は望めないとのこと。大口径を高画素で使う宿命。
しかし大口径で高画素、そんなある意味あたりまえの使用を前提とした設計のレンズがあって欲しいです。結局、絞るしかないレンズ
とは、なんなのだろうと思う時もあります。球面収差とビネットを減らすためだけの絞る行為...なのでしょうか。

投稿: WongTang | 2011.07.17 14:01

85mmF1.4をきちんとマウントせずに、
レンズ情報を伝えないで撮影してみては
いかがでしょうか?

カメラ内jpegが上手く補正していて、
SPPが補正でバグ(過剰補正)が起きているなら、
これで改善するかと思います

何も変わらなけれLRでいうフリンジ軽減に
相当する処理がSPPになくてTRUE2にあるという
ことではないでしょうか?

投稿: StMa | 2011.07.15 08:37

SD15買ったらSPP5.0が付いてきたので
使ってますが、SPP3.0の頃に比べれば雲泥の差で
良くなった印象なんですけど。
あの頃は、フォルダ作って30枚づつ入れてた様な。
4.0に比べてもかなり良い印象。5.0。
まぁ、2.5は結構良かったでしょうかね。
SD1のデータはオーバーフロー状態なんですかね。

投稿: しおん | 2011.07.14 23:02

> ロックマンさん

> 特に明るいレンズの開放近くで反射のある被写体を撮影するとパープルフリンジって普通に出るものですよ

なるほど。情報ありがとうございます。チョット安心ですが FOVEON のライバルは FOVEON センサーしかありませんので、他の SD や DP で出ない現象が SD1 で出ると言うことに不満を覚えます。(^^;

> ろたらさん

SPP5.0 の完成度の低さは見事です。せめて止まらないようになって欲しいですね。

> かっすさん

「海森彩生展」で社長とお会いした際に「白飛びギリギリの部分で色転びが起きることがあり、それに対して現在対応中」との情報を得ました。

シグマさんも苦労しているようで、陰ながら(ちっとも陰じゃないけど)応援しています。

カメラ内 JPEG の現像プロセスと SPP の現像プロセスが完全に同一ではないようで、そのあたりの摺り合わせが大変なのでしょう。

投稿: maro | 2011.07.14 17:27

いつも拝見させていただいております。
パープルフリンジ、もしかしてRAW現像の際に極端に露出を下げると消えたりしませんか?
今も続くSPP現像の懸念材料である、青色LED の発色が紫色になる現象が、フォトショップのCamera RAWでの「白飛び軽減」で押さえられたので、同じ要因なのかなと思った次第です。

この現象もカメラ内JPG では起こらないんですよね。。。

投稿: かっす | 2011.07.14 13:38

 こんにちは。
 SD1について、さまざまな検証作業、ご苦労様です。私はF1.4のレンズは30ミリしか持ってないし、そもそも開放付近で撮ることは希なので、この問題はあんまり関係ないのですが、やはりSPP5.0の完成度の低さにはがっかりですね。
 いじっていると、いきなり縦縞がびっしり出てきたりすることもあったりして、バグがかなりあるようです。基本的には、SPPでは最小限の現像だけにとどめて、他のソフトで改めて作業する必要がありますね。

投稿: ろたら | 2011.07.14 12:53

SD1には興味が有って時々このブログも拝見させてもらっています

他のベイヤー配列のカメラでも、特に明るいレンズの開放近くで反射のある被写体を撮影するとパープルフリンジって普通に出るものですよ

ただ、仕事で使うにはフリーズするようなカメラは問題外だし....
デザー撮影も出来ないし.... 残念に思っています

投稿: ロックマン | 2011.07.14 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョット休憩。 2011/07/12 | トップページ | SD1 の謎 その2 オートブラケット 2011/07/14 »