« 多忙につき・・・。 2011/10/31 | トップページ | 午前様。 2011/11/02 »

ビューカメラが帰って来た。 2011/11/01

我が家にビューカメラがあるのは30年ぶり。久しぶりの大判カメラで少し興奮気味。

DP2x で撮影。@f:13 10 Sec. ISO100 EV+0.7 AWB MF


国産のビューカメラとしては TOYO VIEW とこの HORSEMAN L45 が最もポピュラーなカメラだろう。普通のアマチュアカメラマンなら 4x5 サイズのカメラであってもこの手のカメラはあまり買わない。いわゆるフィールドカメラ、トヨフィールド、ホースマン、ウィスタ、タチハラあたりが普通である。ビューカメラはあくまでもスタジオ専用のカメラなのだ。

なぜ、普通の撮影には使えないカメラを私が持っているのかと言うと、大昔(30年前)はスタジオで写真を撮っていたことがあるからだ。

このカメラは満 30 歳を過ぎて、そろそろ 33 歳くらいになるはずだ。当時、ジナーPやカルダン TL の様な一風変わったビューカメラが欲しかったけど、もの凄く高くて、とても手が出なかった。トヨビューが手頃だったのだけど、みんな持っていたので今ひとつ。スーパーカンボやカルメットビューは外国製であるにもかかわらずかなり安かったので、そのあたりに落ち着きそうになった。

しかし、少し大きな仕事が入ったため、かなり無理して出たばかりのこのビューカメラを買った。モノレールはあとから延長可能なものに変更。レンズボードもリンホフボードが使えるものに交換。90mm を使うために袋蛇腹も持っている。

ホコリを被らないようにしまってあったため、かなり綺麗。使用頻度が低かったせいもある。が、さすがに 30 年も経っているので、標準蛇腹はボロボロである。早速オークションで新型用の新しいタイプの蛇腹を落札しておいた。2~3日すれば届くだろうから、週末には 35mm サイズ換算でほぼ 50mm に相当する、上の写真に写っているニッコール W 180mm F5.6 とほぼ 105mm に相当するフジノン W 360mm F6.3(重量 1.4kg の化け物)でいつもの風景を写してみよう。

明日から4日まではかなり忙しくて、写真を撮っている暇はなさそう。明日はフジノン 360mm F6.3 を取り付けた写真をご覧頂こう。

|

« 多忙につき・・・。 2011/10/31 | トップページ | 午前様。 2011/11/02 »

コメント

最近のSD15の価格下落は何か意味があるんでしょうか?
Maroさんに聞いても仕方ないのかもしれませんが。
ボディーで45,000くらいです。こんな話題、過去に
何度もあったと思いますが、しかし安すぎると思います。

投稿: SY | 2011.11.02 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多忙につき・・・。 2011/10/31 | トップページ | 午前様。 2011/11/02 »