« 大判と SD1 で比較撮影。 2011/11/05 | トップページ | 変に忙しかった日。 2011/11/07 »

イロイロあったことと再スキャン。 2011/11/06

今日の天気は小雨、時々曇り。遠くは霞んでほとんど見えない。昨日のうちに撮っておいて正解だったかも。

無限遠を撮って描写力を見るには靄の掛かっていない曇りが一番良い。が、晴れたときのハイエストライトに絡みつく色収差は見えにくい。なので、晴れたときにも撮った方が良い。なので、4x5 での次の撮影は「晴れ待ち」である。

昨日あったイロイロを書いておこう。

その1。雲台。さすがに 4x5 に 360mm を着けると半端な重さではない。Manfrotto 405 や 486MG、あるいは 808 が使えないわけではないが、風があったらダメかも知れない。400 を ken さんにお嫁に出したのを少し後悔。でも、あのときはまさかビューカメラを再び持ち出すとは夢にも思っていなかったので、仕方がない。

と言うわけで、360mm での撮影では、三脚の高さを調整してレールの端をベランダの外囲いの上に乗せている。つまり2点支持。ホースマン L45 のベース(基台部)がもう一個あれば三脚2本立てが出来るなぁ、などとアホなことを考えてしまった。


その2。現像所。昔は土日でも E-6 の現像はどこでもすぐにやってくれた。あ、E-6 と言うのはコダックのエクタクロームを現像処理するときの現像処法の名前、フジフイルムの処法 CR-56 は E-6 と完全な互換性がある。現像に掛かる時間は乾燥まで入れても1時間程度である。135 や 120 なら(135 は 35mm フィルム、120 はブローニ版ロールフイルムのこと、元はコダックの製品名)新宿のキタムラなど自動現像処理設備を持っているところで現像できるのだけど、4x5 はプロラボへ持ち込まないとダメだ。それでも、2時間程の時間が掛かった。

フジフイルムを現像するのに最も安心して任せられるのはクリエイトというラボなのだけど、銀座では土日は受付のみとのこと。どうしても昨日中に現像したかったので、昔通った新宿の堀内カラーへ持ち込んだ。なぜか午後1時までに持ち込まないと当日仕上げにはならないと言う。電車の中を走って、大急ぎで新宿御苑前まで出かけた。受け取り時に聞いたら、現像する数が少なくなったため、まとめて流さないと現像液が無駄になるためだそうだ。時代の流れを感じた。


その3は、スキャン。3回スキャンし直したのが昨日ご覧に入れたものなのだけど、まだ納得が行かない。なので、この記事をノートパソコンで書きながら、デスクトップマシンで再度スキャンし直している。昨日私が犯した最大の間違いは SD1 の画素数に合わせるために 2000dpi でスキャンしたことだ。EPSON GT-9700F の光学最高解像度は 2400dpi である。なのでこのスキャナで最良画像を得るためには 2400dpi でスキャンしなければならない。と言うことで、下に再度スキャンして、1200dpi に縮小、スマートシャープ1ピクセル 50% の処理をしたものをほぼノートリミングで掲載する。なお、昨日のもそうだけど、色調やレベル、コントラストは全て Photoshop で自動処理を行っている。ホコリ取りをやっていなくて申し訳ない。


FUJINON-W 360mm F6.3 @f:25.0 1/30Sec. ISO100


NIKKOR-W 180mm F5.6 @f:18.0 1/30Sec. ISO100


SUPER ANGULON 90mm F5.6 MC @f:16.0 1/30Sec. ISO100


昨日ご覧頂いたものより解像感が一つ上がって、スキャンした解像度が高いために細部まで描写されているのがお判りだろう。しかし、レンズの解像度が今ひとつなので、必ずしも 4x5 のが良いとは言えない。もちろん、高性能なレンズを使って撮影した場合には 4x5 のが SD1 より精緻な描写をすることは確かである。

今回はビューカメラを使ったが、普通の被写体を撮影するにはフィールドカメラのが良い。私の記事をご覧頂いて大判カメラに興味を持たれた方がいたら、とりあえずはフィールドカメラをお使いになる事をお勧めする。お金が余っている方は新品をお買いになっても良いけれど、フィルムカメラが使われなくなった現在、中古の大判カメラは信じられない程安い。

私が現在所有している大判カメラの機材は新品で買うと全部で 80 万円くらい掛かるけどオークションなどで中古を買うと、その 1/10、約8万円くらいで揃うはずだ。ただ、フィールドカメラはまだ人気があるため、とんでもなく安い価格では買えないと思う。

ビューカメラを使うことのメリットは3つ程ある。アオリの量が多いこと。超接写が出来ること。超望遠が使える事。フィールドカメラと比べた場合の唯一のデメリットは携帯性が悪い事である。車でカメラを運ぶことが出来て、十分な体力をお持ちの方にはビューカメラをお勧めする。

あ、もう一つ大判カメラの最大のデメリットを忘れていた。ランニングコストが高いことである。4x5 だとフィルムが1枚 4~500 円。ポジの現像料が 300 円程掛かる。1枚に付き 7~800 円の費用が発生するのはとんでもなく大きなデメリットである。ちなみに昨日は 10 カット撮っているが、正確に計算するとフィルム代が 3,586 円(ポイントを 10% 引いた値段)+現像料 3,118 円(堀内カラー、持ち込み、ノーマル、現金割引)なので 6,704 円(消費税込み)となり1枚あたりのコストは 670 円 40 銭である。たった 1,000 枚分のフィルム代と現像料で SD1 が買える。(^^;

4x5 と SD1、出来上がる写真は大きく違わないけど、その使用目的や使えるフィールドが全く異なるため、ご自身の目的に合ったものを使うべきである。ただ、今から大判フィルムで写真を撮ろうとお考えなら、初期投資が桁違いに安くなったので、よろしいのではないかと思う。1年に2~30枚しか撮らなくても、一台くらい大判カメラを持っていて損では無い。中判カメラも悪くはないが、6x7 くらいでは却って中途半端な様な気がする。ただし、ランニングコストはとても安い。一枚あたりの単価はフィルム代と現像料で 120 円くらいだ。


これから先も大判カメラに関する記事を書いてしまうかも知れない。全く興味の無い方には面白くない記事になると思うけど、FOVEON センサーが求める「素直で解像感の高い描写」に関しては共通していると思うので、お許しを願う。

|

« 大判と SD1 で比較撮影。 2011/11/05 | トップページ | 変に忙しかった日。 2011/11/07 »

コメント

> ひもブレーキさん

そうですね。室内での気軽なスナップに FOVEON はイマイチですね。

日常的な記録を主とした写真では、普通のデジカメで十分だと言うことに異論はありません。

投稿: maro | 2011.11.07 22:38

> Takaya さん

どうぞ、よろしくお願い致します。

投稿: maro | 2011.11.07 22:34

私も、4×5フィールドカメラを持って撮りまくっていた時期がありました。ここ3年ほどは触っていませんが、モノクロを中心に復活させたい気持ちもあります。ランニングコストは一日で2枚などと言う日もありましたので、あまり気にはなりませんでした。
今は、SD15とDP2sをメインにニコンのコンデジを使用してます。悔しいことにシグマではどうしても撮れない領域をカバーするためにコンデジが必要です。

投稿: ひもブレーキ | 2011.11.07 19:31

このご時世一般的にはどうか解りませんが、私的には大変興味深く拝見させて頂きました。

お願いしたき件があるのですが・・・後は、直接メ-ルにて

投稿: Takaya | 2011.11.07 05:14

> 青木成光さん

実際の光が柔らかかったことと私の好みが原因です。

彩度やコントラストを上げるのは簡単ですが、毒々しい、あるいは不自然と感じてしまうため、私の写真は基本的におとなしい仕上げになってしまいます。

見せるための写真としては失格かも知れません。

投稿: maro | 2011.11.06 18:11

大変興味深く拝見しました。曇りだったせいでしょうか。レンズのせいでしょうか。全体から受ける印象が柔らかく感じます。
デジタル化した画像を見ているわけですが、カメラ側でデジタル化するか、PC側でデジタル化するかで違うのでしょうね。
実際のフィルムをルーペで見たらさぞかし綺麗でしょうね。
ありがとうございました。

投稿: 青木成光 | 2011.11.06 17:53

> ken さん

予想通りのコメントありがとうございます。(^^;

ジナー御用達のローデンシュトックですね。生唾もの・・・。

甘い代表がベリートでカリカリの代表がアポグランタゴンやアポシロナー。

今回テストした 90、180、360 をそれぞれと比べたら面白そうだし、6x7 でも十分逝けそう。(2ちゃんねる書式)

投稿: maro | 2011.11.06 16:07

400 をお譲りいただいてしばらくは、「あーやっぱり使わないねー」と思っておりましたがP2を復活させて重宝しております。感謝の思いでいっぱい!
残念ながら、あまりの重さに外へ持ち出してはおりませんが・・・こんどリヤカーに乗せて、外でP2を使おうともくろんでおります。アポグランタゴンの35mmから360mmまでの焦点距離でお入用の物がありましたらお貸しできますが・・・38・55・58・65(カンボワイドなので×)・72・75辺りがさすがに売り払って抜けております。35・47・90・100・110・120・127・135・150・180・210・240・300・360あたりであればどうぞご用命ください。

投稿: ken | 2011.11.06 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大判と SD1 で比較撮影。 2011/11/05 | トップページ | 変に忙しかった日。 2011/11/07 »