« スキャナと格闘したのだけど・・・ 2011/11/14 | トップページ | 疲れちゃいました。 2011/11/16 »

まともにスキャン 2011/11/15

本日納品しなければならないプログラムを終わらせるために今朝3時30分くらいまで起きていて、4時間ほど寝ただけで朝から仕事。何とか約束の1時30分に間に合った。

納品後、家へ帰ってきて昼寝。Takaya さんから flextight でスキャンしたデータが届いた。スキャナの解像度を生かすために 1600dpi でスキャンしてもらった。参考データとして1枚だけ 3200dpi でもスキャンしてもらっている。

さすがに 3200dpi となると 15462 x 12461 ピクセル、つまり1億9千2百万画素である。これを一般的な 96dpi のディスプレイで表示すると横幅 4m である。私のディスプレイはぴったり 100dpi で左右 40cm であるが左端から右端までジャンプスクロールさせて10回分。ファイルサイズは各色 8Bit であるにもかかわらず TIFF で 550M バイトある。拡大率は 32 倍(パーセントだと 3200%)。35mm フルサイズ画像の横幅を 115cm に拡大して見ているのに等しい。

とりあえず、そのバカでかい画像をご覧頂く。JPEG でも 23M バイトほどあるので、ダウンロードに時間がかかるだろう。

NIKKOR-W 180mm F5.6 @f:18 プロビアF100 スキャンして頂いたまま。JPEG はレベル8

で、上の画像はあくまでも参考。下に 1600dpi でスキャンして SD1 と同じサイズに縮小して、Photoshop でトリミング後、全自動調整をしたものと SD1 の画像を並べる。当然、スキャンした画像のが不利である。が・・・。

FUJINON-W 360mm F6.3 @f:25.0 1/30Sec. ISO100

SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 1/200Sec. ISO100 AWB MF


NIKKOR-W 180mm F5.6 @f:18.0 1/30Sec. ISO100

SD1 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @35mm f:7.1 1/100Sec. ISO100 AWB MF


SUPER ANGULON 90mm F5.6 MC @f:16.0 1/30Sec. ISO100

SD1 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM @18mm f:8.0 1/80Sec. ISO100 AWB MF

4x5 に不利な条件で比較しているにもかかわらずこれである。SD1 が 4x5 の豊かな階調や自然な描写に追いつくためには今ひとつの何かが必要である。SD1 の画像は全て輝度ノイズリダクション 0、シャープネス -0.5 で現像しているのだけど、やはり、シャープネスは -1.0 に設定した方が良さそうだ。

明日はもう一組をご覧頂く。が、それに際して比較方法でのご要望があれば承りたい。

|

« スキャナと格闘したのだけど・・・ 2011/11/14 | トップページ | 疲れちゃいました。 2011/11/16 »

コメント

> 青木成光さん

今夜もアップしますが、昨日と同じではゲイがないので、現在思考中です。

> ゆきひろさん

そうでしょうか? (^^;

> しおんさん

大判用レンズの話を始めると長~~~~くなるので、またの機会に致しますが、要するに拡大率の問題です。

4x5 から 8x10 に伸ばすのは拡大率2倍です。100 本の解像をするレンズなら 50 本の解像になります。

35mm から 8x10 に伸ばすのは約 8.5 倍です。100 本の解像度を持ったレンズでも 12 本の解像しかしなくなりますので理想と言われている 350dpi =約 14 本には足りません。

大判用のレンズは 35mm 用のレンズほど解像力は必要ありません。逆にとても大きなイメージサークルが必要です。

そして、大判用レンズの良いところは DP に着いているレンズと同じでフランジバックの心配をしなくて良いためにわずかな枚数で非常に収差の少ないレンズが出来ます。

大昔、4x5 のネガの中心部だけを 10 倍くらいに拡大して引き伸ばししたことがありますが、35mm フィルム用のレンズほど解像はしませんでした。

まぁ、このあたりは実際に 4x5 のレンズで大きく引き伸ばさなければならなくなった最近のデジタルバックを使っているプロの方にお尋ねになるのが一番良いと思います。

投稿: maro | 2011.11.16 20:55

必要にして充分過ぎるほどの解像度がSD1にはある、
ということには間違いないのですが、
銀塩の解像とSD1の解像とを比べる、となると
細部においてはやはり太刀打ちは難しいのかな、
と思います。
銀塩がアナログだとは言えないにせよ、アナログ
同等の階調性や解像性が銀塩にはあるのかなと。

ただ気になるのは、レンズの違い。
ダメなレンズでも大判で撮れば解像していたり、
とかってあり得るのでしょうか。
レンズ性能がボトルネックになる場合であれば
当然に大判でもダメ、となるはずですが、
maroさんが「大判のレンズはガッカリ」と書かれて
いたのが気になります。
にも関わらず、大判の方が何故良くなるのか。
やはりSD1でも解像不足なのか、です。
フィルムよりもレンズの方がアナログですしね。。
無論、何処まで必要とするのかによりますが。

フィルムにおいて単一面積あたりの性能は同じ、
とすれば、大判でなくとも、
シグマのレンズを銀塩フルサイズ(135)で撮影し、
SD1のセンサーサイズにトリミングした上で比較し、
どちらがどのくらい優れ劣るのかを数値化すると、
大判にすればこのくらいの性能差となる、とか
計算上で出ませんでしょうかね。

どうもレンズを揃えたい気がしてしまいます(^^;
そうしないとレンズ性能(ボトルネック)が評価を
曖昧にしてしまいそうで。

投稿: しおん | 2011.11.16 12:18

どんなにデジタルカメラがよくなってもフィルムの諧調性には勝てないですね。重くしっとりとした色のりが心を落ち着かせてくれます。SD1も解像度だけなら全く問題ないですけどね。

投稿: ゆきひろ | 2011.11.16 00:21

いつもありがとうございます。
フィルム階調いいですね。
それにしても、シグマのレンズも素晴らしいですね。
次回も楽しみにしています。

投稿: 青木成光 | 2011.11.15 22:52

> Scott

Hi! Long time no see you.

I agree with you. But resolution of SD1 is not as natural as large format.

Recently, I have a different thought about "the sharpness".

投稿: maro | 2011.11.15 21:48

Impressive that the SD1 holds up so well with the view camera. The film seems to win in terms of contrast and color range, but the SD1 seems to hold its own in terms of resolution. The colors can always be fixed in post. ;-)

投稿: Scott Greiff | 2011.11.15 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スキャナと格闘したのだけど・・・ 2011/11/14 | トップページ | 疲れちゃいました。 2011/11/16 »