« 結局今日もお仕事。 2011/11/25 | トップページ | 少しだけ働いた日。 2011/11/28 »

昨日は銀座、今日はテスト撮影。 2011/11/27

昨日は午前中から 6x9 判での撮影を行った。のんびり撮影していて気がついたら午後1時。大慌てで EIZO のガレリア銀座に向かい、増田雄彦氏のセミナーにギリギリ間に合った。

来場した方々の中にはシグマユーザーが意外と少なかった。2番目のシルキーピックスのセミナーが目的で来られて方が多かったのかも知れない。

増田氏のセミナーはシグマの桑山氏と交互に FOVEON センサーについて語るものであったため、FOVOEN センサーのことを良く知らない方にはかなり面白かったのではないかと思う。

来場者の方々にシグマユーザーが比較的少なかったために、あまり露骨な話が無かったのが少々物足りなかったが、増田氏の FOVEON に対する熱意が心地よかった。


第2部のシルキーピックス5のセミナーはとても面白かった。開発している方が FOVEON を大好きで、その特性を良く理解していることに驚いた。特にノイズリダクションを掛ける前にシャープネスを0にしてくださいという部分には大いに共感を覚えた。

SD1 用のシルキーピックスは現在開発中とのこと。現像エンジンはシグマからの提供を受けるのでは無く、独自に作るとのこと。とっても楽しみ。

食事をして、家へ帰ってきたら睡魔に襲われ、そのまま寝てしまった。だから、昨日は久しぶりに「記事無し」となってしまった。


今日は薄曇りの天気だったので朝からお借りしているレンズを SD15 に着けて撮影。結果をご覧頂く。とりあえず今日は 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM。

18mm 絞り開放。中心部は非常に良い。が、周辺部は SD15 でも甘さを感じる。まぁ、高倍率ズームの最広角端で絞り開放なので仕方が無いところ。

18mm f:8.0。f:5.6 は飛ばして、f:8.0 である。中心部は完璧と言って良い。が、周辺部には流れと色収差が認められる。許容範囲かどうかは人によって判断が分かれそう。


24mm f:4.0 絞り開放。絞り開放でも中心部はかなり良い。周辺部には甘さがあるが、あまり流れていないので悪くはない。絞り開放に免じて許したい感じ。


24mm f:8.0。周辺部にわずかな甘さを感じるが十分に許容範囲だ。


35mm f:4.5 絞り開放。絞り開放から十分に良い描写。四隅の端っこだけが甘い。


35mm f:8.0。ほとんど問題の無い描写。非常に良い。糸巻き型の歪曲を感じる。


50mm f:5.0 絞り開放。全体的に少し甘い。

50mm f:8.0。実用的には全く問題なし。十分に良い描写。糸巻き型の歪曲が惜しい。


100mm f:5.6 絞り開放。わずかに甘い描写。周辺部もかなり良い。ギリギリの許容範囲か。


100mm f:8.0。わずかな甘さを感じるが、実用上は十分。


200mm f:6.3 絞り開放。全体的に甘い。高倍率ズームの望遠端の典型。


200mm f:9.0。解放と比べるとかなり良い。SD1 ではもっと甘い描写になるが SD15 でなら許容範囲だろう。

SD15 で使う分には高倍率ズームである事を考慮すれば、十分に良いレンズである。旧タイプの 18-200mm OS もそうであったけど、50mm 前後の描写は非常に良い。

明日はお借りしている Nikkor を SD15 に着けて撮影したものをご覧頂く。

|

« 結局今日もお仕事。 2011/11/25 | トップページ | 少しだけ働いた日。 2011/11/28 »

コメント

> KAZUA さん

はい。高倍率ズームレンズとしてはかなり良いと感じました。持っていて悪くはないレンズです。

今週中にお返し致します。

投稿: maro | 2011.11.28 17:14

>maro様
引き続いてSD15でのテスト、有難う御座いました。

このレンズ、私的には多分「これ一本しか持って行かない」
と割り切った旅行などでしか出番はないかと思いますが、
その時のために防湿庫に眠らせておきます。

投稿: KAZUA | 2011.11.28 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局今日もお仕事。 2011/11/25 | トップページ | 少しだけ働いた日。 2011/11/28 »