« 4x5 VS SD1 その2。 2011/11/08 | トップページ | 特に何も無かった一日。 2011/11/10 »

4x5 ポジのクオリティーは・・・ 2011/11/09

私が中判や大判のポジフィルムをスキャンしてウェブサイト用の画像を作っていたのは、今から9年程前の話だ。画像のスキャンした後のサイズはせいぜい 2500 x 2000 ピクセル、つまり 500 万画素くらいだった。その頃のデジタルカメラはやはり 5~600 万画素くらいだから、その当時、中判や大判のポジフィルムをスキャンして得た画像とデジタル一眼から出力された画像を比較して、デジタルカメラからの出力に失望していた。

4x5 のポジを 600 万画素でスキャンするとどのようなものになるかをご覧頂く。下の画像は一昨日 4x5 で撮影した写真を 600dpi でスキャンしたものを少しトリミング。ぴったり 605 万画素にしてある。これが私が9年程前に日常的に目にしていたデジタル画像のクオリティーである。DP2x が逆立ちしても敵わない。

ちなみにその頃の 600 万画素機と言えばキヤノンの D60(60D ではない。)である。見るに堪えない画像を作る全く持って酷いカメラであった。なので、私は中判や大判のポジフィルムをスキャンしたものと同等、あるいはそれ以上の絵が出てきたときに、初めてデジタルは銀塩の代わりになり得ると考えていた。

当時のデジタル一眼に失望し、まだまだ使えねぇやと思っていた秋に SD9 が出た。画素数こそ少な目であったが、中判や大判のポジフィルムをスキャンした画像と比較しても遜色のない解像感と素直な画質に惚れ込んでしまった。


SD1 が発表されたとき、このカメラで撮影されたものは、恐らく 4x5 をスキャンしたものと肩を並べるだろうと思った。しかし、それを確認するまでにこれほど長い時間が掛かってしまった。一番の理由は、今更 4x5 でポジフィルムを使って撮影する事がとても面倒だったから。そして 4x5 のポジのクオリティーをそのままデジタル化するためにはとんでもないお金が掛かるからだ。

にもかかわらず、なぜやってみたのかと言うと、4x5 で撮影された写真に対して多くの方が多大な期待を抱いているような気がしていたからだ。我々アマチュアが可能なレベルで 4x5 を使って撮影し、スキャンしたらどの程度のデジタル画像を得ることが出来るのかを私自身が確認したかった事も確かだ。


さて、昨日ご覧頂いた 4x5 をスキャンして縮小した画像の解像度は 1200dpi である。これを普通のディスプレイを使って 1:1 で見ると言うことが、実際にどれくらいの大きさに拡大して見ているのかご存じだろうか?

昨日の画像のサイズは 5572 x 4440 ピクセルつまり 2,540 万画素である。これを一般的な 96dpi のディスプレイで見ると横幅は 5572÷96×2.54=147.4cm で、縦は 4440÷96×2.54=117.5cm である。紙のサイズで言えばほぼ B0 である。恐らく実感が湧かないと思うので、手近にメジャーがある方は 147cm を実感して欲しい。もの凄く大きいのだ。つまり、それほど拡大して眺めているのだから 4x5 と言えども多少ボケるのは当然と言うことである。

それでは SD1 の画像はどうだろう? 4704÷96×2.54=124.5cm。すなわち A0 サイズより大きく拡大して見ているのである。いずれにしても 4x5 よりはほんのわずか小さいのだけど、解像感は 4x5 のポジを凌駕していることはご覧頂いた通りだ。

昨日もお知らせしたけど、現在 Takaya さんにお願いしてヨーロッパのプロラボでは主流となっているバーチャルドラムスキャナであるハッセルブラッドの flextight(但し旧モデル)を使って、私が撮影した 4x5 のポジをスキャンして頂く計画が進行中である。1枚だけは 3200dpi でスキャンしたものをそのままご覧頂いても良いのだけど、SD1 より少し小さい 800dpi で掲載しようと思っている。さて、4x5 は SD1 に勝てるだろうか?


SD1 w/17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f:10 1/5Sec. ISO100 AE EV-0.7 AWB MF

ホースマン L45 スーパーアンギュロン 90mm F5.6 と蛇腹レンズフード、シフトノブリングを装着。

|

« 4x5 VS SD1 その2。 2011/11/08 | トップページ | 特に何も無かった一日。 2011/11/10 »

コメント

やはり、補間処理された像では無い、ってことは、
とても重要なことなんでしょうね。。

投稿: しおん | 2011.11.10 21:36

> ブドワールさん

はい。実は私も 4x5 で撮影され、スキャンされた画像をネット上で探したのですが、これと言ったものを見つけることが出来ませんでした。

自分でやるっきゃなかったと言うことです。

私が「大判あるいは中判のポジをスキャンしたものを見慣れていたので FOVEON 以外の選択肢は考えられなかった」と大昔から書いてきたことを皆さんに理解して頂けたでしょうか?

また、SD1 の描写が如何に大型ポジをスキャンしたものに似ているかと言うこともお解り頂いたのではないかと思います。

投稿: maro | 2011.11.10 18:38

実は、maroさんがよく言っていたフィルムをスキャンした画像を、ちゃんと観るのは今回が初めてです。
すごく上品な色で、精緻ですね!特に605 万画素は素晴らしいです。
そしてDPシリーズは利便性やコストパフォーマンスを考えたら、とんでもないクオリティの高さなのだと改めて考えさせられました。

投稿: ブドワール | 2011.11.10 18:11

> Fumi さん

ははは・・・。(^^;

ゴミ取りをしなければならない類いの画像ではありませんので、お許しください。スキャンをするときにソフト的に取り除く方法はあるのですが、解像感が落ちる場合があるのでやっておりません。

投稿: maro | 2011.11.10 00:41

いつも楽しく、また参考にさせていただいております。
4x5 のポジの 600 万画素スキャン画像、シビレるほどすばらしいですが、所々にゴミとホコリがぁ!
こうしたことから、画像の生産性からすると、デジタルのありがたさを、そしてフォビオンのポテンシャルの高さを改めて認識する次第ですね。

投稿: Fumi | 2011.11.09 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4x5 VS SD1 その2。 2011/11/08 | トップページ | 特に何も無かった一日。 2011/11/10 »