« 妄想・・・EPSON R-D1 Merrill 2012/02/25 | トップページ | SD1 としばしの別れ。本日2本目の記事 2012/02/26 »

「はな」に挑戦 2012/02/26

今日は曇りではあったが、「はな」が行きたがっていた、ららぽ~とトウキョウベイの隣にある Vivit スクエアに出かけた。

アメイジングワールドと言う子ども向けのプレイランドで「はな」はたっぷり遊び、あこがれだったとても大きな綿アメを食べられてとても満足した様子であった。

とんでもなく暗い場所で、SD1 に 17-50mm を着けて一生懸命撮ったのだけど、100 枚ほど撮影して何とかお目にかけられるレベルのものは1枚だけ。まぁ、毎度のことなので、こちらも慣れっこになってきた。

SD1 でシャッターチャンスを狙いながらの動態撮影は私の腕では非常に難しい。今回も AF と MF で挑戦したのだけど、AF でピントが来ているものは一枚もなかった。MF でのピントも合わせにくく、非常にしんどい撮影だった。どれくらい暗いかというと ISO400 で絞り開放でも 1/13秒。しかも現像時に露出を +2.0。(^^;

大きな綿アメにかぶりつく「はな」
SD1 + 17-50mm F2.8 @50mm f:2.8 1/13Sec. ISO400

評価測光ではなく中央重点平均測光で撮ったのだけど、綿アメに露出が合って、とんでもないアンダーとなった。もちろん撮影時に露出補正を掛けなければいけないのだけど、そんなことをしている暇は全くない。事前にそれを予測しておかなければならないのだ。ただ、ここで +2.0 の露出補正を掛けるとシャッター速度は 1/3 秒となる。ブレブレになったはずだ。現像時に露出を +2.0 にしているので、実質的な ISO 感度は 1600 である。そんな場所で子供の写真を補助光なしで撮影する事が間違っていると言われてしまえばその通りだけど、何とも難しいカメラである。

10 年くらい待てば ISO3200 で撮れる様になるかも知れないが、「はな」は成長してしまう。(^^;

|

« 妄想・・・EPSON R-D1 Merrill 2012/02/25 | トップページ | SD1 としばしの別れ。本日2本目の記事 2012/02/26 »

コメント

丁寧な返信有難うございます!

センサやDPのAFが優れ過ぎているために、ついつい
過度に舞い上がりすぎていることをお許しください。
また測距点については個体差だと自分も思います。

>>被写界深度と言う概念が意味をなさなくなる可能性

薄いとは認識していましたが、そのくらいシビアと
思っていたほうが良いわけですね。
やはり可能ならこれまでどうりポトレではf2.8前後で使用し、
冒険したいときのみ開放近くを使うようにします。

そしてシグマの真摯な姿勢にもいつも感動しています。
まだSD1メリルさえ届いていませんが、もうSD後継機が楽しみで
しかたありません。

まずは70/2.8で精進しつつ夏のDP2Mを心待ちにします。
実は自分の腕と用途だと今の2種のDP(+中望遠DP3)で十二分です。(^^ゞ

投稿: あき | 2012.02.27 01:06

> あきさん

ディスプレイに画像を1:1で表示させた状態で画質(ピント)を評価することはとても意地悪なことです。が、ピクセル単位で正確な描写をする唯一のイメージセンサーを採用しているのためだと思いますが、センサーの性能が高すぎることを理由に AF の精度が出ないとシグマが言い訳したことは一度もありません。

いつか、きっと十分に完成された AF システムを実現してくれることを期待しています。現に DP では非常に素晴らしい AF が実現されています。

あ、「右中」の問題ですが、そのあたりは個体差のが大きいと思われますので、テストする個体によって異なった結果になると予想しておきます。

申しわけありませんが、私は各ポイントで AF の精度を測定することに意味があるとは思えません。

ついでにもう一つ。F1.4 の被写界深度を許容錯乱円径 1/30mm で求めているとしたら、それは A4 サイズ程度にプリントした時の被写界深度ですので、ディスプレイ上で1:1で表示した場合とは比較にならないほど「甘い」判定となる事をご承知おきください。

ディスプレイ上で SD1 の画像を1:1で表示した場合の許容錯乱円径はとんでもなく小さい数字になるはずで、被写界深度と言う概念が意味をなさなくなる可能性があります。

投稿: maro | 2012.02.26 22:46

すみません、書いている間に本日2本目の記事が!
忘れてくださいませ。

投稿: あき | 2012.02.26 21:46

よい写真です!
自分も子供相手にも奮戦する予定ですが、
良い機会なので質問させてください。

アサヒカメラのニューフェイス診断室の記事で、
50/1.4でのAFが右中での測距のみ全て正確でした。
(他の側距点は全滅・・・)
メリルが到着したら自分も試す予定ですが、
SD1ではそんな不思議な傾向なのでしょうか?

50/1.4はお持ちでなかったはずですが、ついでの時で結構ですので、
70/2.8や17-50/2.8で、右中で、2、3枚撮って頂けないでしょうか。
無理を言って申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。

追記

SD15のニューフェイス診断室は探しましたが、
SD14とDP1のみで無いようでした。
また、自分のSD15では中央以上に使える側距点はありませんでした。
残念ですが普通そうですよね。

投稿: あき | 2012.02.26 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妄想・・・EPSON R-D1 Merrill 2012/02/25 | トップページ | SD1 としばしの別れ。本日2本目の記事 2012/02/26 »