« SD1 としばしの別れ。本日2本目の記事 2012/02/26 | トップページ | DeLock eSATA CF カードリーダーをテスト 2012/02/28 »

ローパスレスベイヤー型イメージセンサー 2012/02/27

ニコンが D800E でローパスフィルターの効果を無効にし、フジフイルムがお得意の変則的パターンによるローパス不要センサーを採用した。ライカやリコーも「ローパスレス」を売り物にする時代が来たようだ。

9年前にベイヤー型イメージセンサーを見限った画質オタク(私)に言わせれば、「今更」である。しかも、ド素人の私にさえ、シングルレイヤーセンサーであるかぎり、本当のフルカラーピクセルを生成することは不可能であることが解っている。

他社の悪口を書くのはなるべく控えているのだけど、ローパスレスが話題になっていることで、少々憤慨しているので書いてしまおう。

確かにローパスフィルターを使わないことで解像感は上がる。何せ偽色を減らすためにイメージセンサーの直前でぼかしていたイメージをぼかさなくなるのだから当たり前である。しかも、画素数が増えたことで例えわずかな偽色が発生してもそれがあまり目立たなくなったことも大きな理由の一つだろう。

しかし、解像感が上がっても、シングルレイヤーセンサー上でカラーフィルターによる色分解をしている限り、全てのピクセルは偽色にまみれている。そこに存在しない他の2原色の量を周囲のピクセルに含まれるものから計算で求めていると言うことは本当の色に近いと思われる色を類推しているに過ぎない。つまり、偽の色である。

早い話、私が SD1 を購入してすぐにテスト撮影した1ピクセルの市松模様を正しく描写できるベイヤー型センサーは存在しない。

SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:7.1 シャープネス 0

この事実をデジタルカメラを開発しているメーカーの人々は知っている。写真関係のマスメディアも知っている。にもかかわらずそれに対して大きな声で「ノー」を発信し続けているのは早川先生をはじめとする電塾の方々とシグマ製デジタルカメラのユーザーだけだろう。

写真関連のマスメディアにとって、とても重要な広告収入源である(シグマ以外の)カメラメーカーが採用しているイメージセンサー方式の欠陥を明確な形で読者に指摘するのは愚行である。だから、彼らは決して私の様な書き方はしない。

また「プロが使っているのだから今のままで良いのだ」と言う判断もあるだろう。その評価は間違ってはいない。ただ、プロにとって重要なのは画質よりも操作性と信頼性である。本当に画質が重要と考えている文化遺産をデジタル画像で残すためのプロジェクトを展開している早川先生の様な方々は少数派なのだ。

もちろん、私はただの画質オタクであるに過ぎない。だから、私がここで何を書いても、一般大衆や写真を趣味とする方々に訴える力は無いに等しい。が、せめてシグマ製デジタルカメラユーザーの方々には、今使っているカメラは唯一の本当のピクセルを生成してくれる可能性を持ったイメージセンサーを内蔵したカメラである事を知って頂きたい。

|

« SD1 としばしの別れ。本日2本目の記事 2012/02/26 | トップページ | DeLock eSATA CF カードリーダーをテスト 2012/02/28 »

コメント

SD1 欲しいですが、すぐには買えそうもありません。暫くはSD15とDP2sでいきます。それにしてもSD1にふさわしいフルサイズで50mm相当のレンズがないと買いたいという気持ちが高まりません。先にDP2marrillに食指が動きそうです。撮影した白黒写真ブログにアップしますのでご覧下さい。

投稿: ひもブレーキ | 2012.03.06 12:52

> ひもブレーキさん

SD1 で SL をモノクロで撮って見ませんか?

ISO1600 で撮ると昔の TRI-X の様な高い鮮鋭度をもった素晴らしい写真になります。

投稿: maro | 2012.03.06 00:35

フォビオンセンサーの良さはフィルムの描写ににているところだど思います。高感度の弱さなど正にリバーサルフィルム的。しかし、ほかのデジタルカメラがフィルムカメラと比べるとパッと目には綺麗にしかも簡単に撮れてしまいます。このレベルでプロを含めてほとんどの人が満足?しているのが現状でしょう。でも、それは本当の写りではない様に感じます。最近は、フォビオンセンサーで撮ったモノクロが素晴らしいことに関心しています。しかもフィルム的描写です。

投稿: ひもブレーキ | 2012.03.05 23:53

> ろたらさん

写真の目的によっては FOVEON センサーを選択しないことが正しいこともあるとは思いますが、アマチュアの特権で、お気に入りのカメラだけにこだわって写真を撮り続けるものアリだと思っております。

> juzu さん

もしパソコン上に撮影前の画像を大きく映し出してシャッターを切ることが出来るようになれば SD1 をスタジオで積極的に使ってもらえるかも知れません。

現時点では山岳写真を撮るプロが使っているくらいですね。(^^;

投稿: maro | 2012.02.27 21:21

どこの業界でもそのメジャー企業やその関連会社のスポンサーを得る為には、
その企業に関わる事柄への否定とか非難とかは出来ないもんですよね。。。

それはそれで受け止めつつ、
私は写真のプロじゃないから言えるのかもしれないけど、
個人的にはシグマという選択肢を得られるという事を幸せに思ってます☆

まぁ、プロでもスタジオや室内での撮影ではシグマという選択は
SD1の登場によって広がるでしょうし、そうあってほしいですね。

いや、私が思っている以上にプロでもSD1やSD15を使ってる人多いのかな?!

投稿: juzu | 2012.02.27 17:13

 その通りですね(^^)
 フィルムをやっていると、ベイヤーセンサーで撮られた画像の嘘くささが鼻について仕方がないのですが、デジタルから入った人には、その違いが分からないのではないでしょうか。
 ベイヤーでいくら画素数を上げても、結局のところ、根本的な嘘臭さは決してなくなりません。ベイヤー各社とも、滑らかなところを過度につるつるにし、緑色は一色のみという特徴では一致しています。
 いずれ、各社からもフルカラーセンサー素子を搭載したデジカメが登場すると思いますが、その時には、ベイヤーがいかに画質的に劣るかが、盛んに喧伝されることでしょうね(^^;)
 商売のために、当たり前の事実に目をつぶる今のやり方はおかしいと思います。少なくとも、私はそんな嘘に与したくないですね(^^)/

投稿: ろたら | 2012.02.27 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1 としばしの別れ。本日2本目の記事 2012/02/26 | トップページ | DeLock eSATA CF カードリーダーをテスト 2012/02/28 »