« ローパスレスベイヤー型イメージセンサー 2012/02/27 | トップページ | SD1 の被写界深度 2012/02/29 »

DeLock eSATA CF カードリーダーをテスト 2012/02/28

夕べ Twitter で ichiro_tw さんが

これ、なかなか良いです。手元の Linux 環境だと USB 3.0 の三倍程度、転送速度が出ています。 #SD1 で最初に困ったのが PC へのデータ転送の遅さでしたが、これで解決しました。

と Tweet したのを受けて

ka_tate さんが

@ichiro_tw さんがオススメしてたeSATAのCFリーダー #SD1 ユーザーの皆さんが「一回の撮影で30GBいった」とか書いてて怖いので導入を検討中

と Tweet

しかし、その後 ichiro_tw さんが

@ka_tate @shinzofukui Linux の usb_storage ドライバが遅いだけかも知れません。よってこの情報は保証できません.... ;)]

と Tweet

理論的に考えると eSATA の転送速度は 3Gbps つまり 300MBs で、USB3.0 は 5Gbps だから理論上の最高速が出た場合には USB3.0 のが早いはず。以前 SATA に直接 CF を接続して転送速度を調べた時でも、USB3.0 のが早かった。

CF の速度を調べる その3 2011/02/21

ウジウジ悩んでいても仕方ないので、夕べ ka_tate さんが紹介してくれていた Amazon のページへ行って「ポチ!」

DeLock 91689 CF to eSATA 変換カードリーダー

先ほど実測のテストが終わったのでご報告する。まずは例によって CrystalDiskMark で 50M Byte のシーケンシャルを3回やった時の最高速度。上から読み込みが速い順に並べてある。使用した CF は SaiDisk Extreme Pro 90 MB/s と私が常用している Transcend 400x である。

ご覧の通り、全然勝負にならない。

CrystalDiskMark の結果と実際にディスクにファイルをコピーする時の速度はほぼ比例する。しかし、安心は出来ないので、両方の CF に SD1 で撮影した X3F ファイル 25 本(合計 1,262MByte)をコピーしておいて、その CF からデータを 2T の高速ドライブ(書き込みは SSD より速い)にコピーするのに要した時間を計測した。



CFUSB3.0eSATA
Transcend 400x13 秒84 秒
SanDisk Extreme Pro 90MB/s28 秒90 秒

ichiro_tw さんがご指摘の通り、Linux の USB3.0 のドライバはもの凄く遅いのだろう。

【追加情報】

ichiro_tw さんからもっと速いはずとのご指摘を受けた。 私が使っているセンチュリーの eSATA インターフェイスボードが原因である可能性は否定できない。インターフェイスボードを取り替えるのも何だから、どなたかに送ってテストしてもらおうと思う。

|

« ローパスレスベイヤー型イメージセンサー 2012/02/27 | トップページ | SD1 の被写界深度 2012/02/29 »

コメント

> ichiro_tw さん

わざわざの追試、ありがとうございます。

私はキャッシュを使わない様にするために、コピー前にマシンを再起動させて計測しました。

いずれにしても私のは遅すぎですね。ka_tate さんにテストしてもらいます。

投稿: maro | 2012.02.29 01:15

似た条件で追試しました。

1TB 7200rpm のハードディスクから SD1 の X3F ファイル 25 枚を DeLOCK eSATA に挿した Extreme Pro 32GB にコピー。

$ ls | wc -l
25 (25 枚の X3F です)

$ du .
1270476 .(約 1.3GB です)

$ time cp *.X3F /media/SIGMA\ SD1/DCIM/
real 0m29.280s
user 0m1.655s
sys 0m11.244s

CF への書き込みが約 29 秒です。

DeLOCK に挿した Extreme Pro から同内容のファイルを 1TB ハードディスクにコピー。

$ time cp *.X3F ~/workspace4/

real 0m14.591s
user 0m0.003s
sys 0m2.144s

CF からハードディスクへの転送は 15 秒弱です。
これは三回計測した中で最速のデータなので、
ディスクキャッシュが使われた可能性もあります。
多少、割り引いて見てください。

参考になりますでしょうか。

投稿: ichiro_tw | 2012.02.29 01:02

いいですよ。ツイッターの方にDM送ったので確認お願いします。

投稿: ka_tate | 2012.02.29 00:45

> ka_tate さん

よろしかったら、DeLock のカードリーダー送ります。テストして見てくれませんか?

投稿: maro | 2012.02.29 00:44

わざわざ調べていただきありがとうございます。とても参考になりました。

今使ってるノートパソコンにはUSB2.0しかなく、カードバスの代わりにeSATAがあるのでeSATAのリーダーを検討してたのですが、環境によってはあまり速くないかもしれないのですね。とりあえずUSB2.0よりは快適だと思うので、メリル発売までもう少し悩んでみます。

投稿: ka_tate | 2012.02.29 00:28

> ichiro_tw さん

うゎ!ご本人様。(^^;

わざわざのコメント、ありがとうございます。

私の勘違いのようで、記事を訂正しておきます。

ご指摘の通り、私が以前テストした時には SATA 直結で SanDisk Extreme Pro は 67M Byte を記録しています。

eSATA インターフェイスカードの問題かも知れません。

投稿: maro | 2012.02.29 00:23

初めまして。
環境依存に近い情報でご迷惑をおかけしました。
Linux のドライバが遅いかも、と付け加えたのは私で、
sinzofukui さんではありません。
その後、確認できたのでツイートでも補足しました。
ただ、その eSATA のベンチ結果も少し変です。
今、手元の Linux マシンでは SanDisk Extreme Pro 32GB で
シーケンシャルリード: 60MB/sec ほど出ています。
以前はもっと速かった記憶があるんですが、詳細を忘れました ;)

投稿: ichiro_tw | 2012.02.28 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローパスレスベイヤー型イメージセンサー 2012/02/27 | トップページ | SD1 の被写界深度 2012/02/29 »