« 初代 SD1 ユーザーとして 2012/02/24 | トップページ | 「はな」に挑戦 2012/02/26 »

妄想・・・EPSON R-D1 Merrill 2012/02/25

今日は新宿へ出た。目的は今井智己氏の写真展を見ることと、ヨドバシのA氏とおしゃべりをして、せっかく SD1 サポートポイントがあるのに、SD1 用の PG-31 を衝動買いすること。そして、なくならないうちに SD1 Merrill 用の液晶プロテクターも入手しておくこと。

今井智己氏のトークショーを楽しみにして行ったのだけど、事前の申し込みが必要である事を知らなかったため、門前払いとなった。トークショーが終わった後の4時からなら見られますと言われたけど、新宿で3時間も時間を潰すのは難しい。今回はあきらめた。

会場が EPSON のショールームであったため、EPSON の最新型インクジェットプリンタの高品位モデルである PX-5V と PX-7V をじっくり見てきた。でかい。しかし無線 LAN が内蔵されているのでどこにでも置ける。キヤノンの新型 PRO-1 も気になるけど、次のプリンタは EPSON PX-5V で決まり。夏までには導入しよう。

そして、話の本題はここから始まる。

私は EPSON が未だに R-D1 を作っていることを知らなかった。モデル名こそ R-D1xG となっているが、8年ほど前にデビューしたこのカメラに FOVEON センサーを積んで、LEICA M マウントレンズを着けたら素敵だろうと考えていたことを思い出した。シグマは LEICA M マウントのレンズなんか絶対に作らないだろうけど、本気で作ったら面白いのではないかと思う。

EPSON のショールームに置いてあったカタログに出ていたため、「これ見せてください。」と言ったら、「申し訳ありませんが展示していないのです。」と言われた。「それは残念」と言ったら、「少々お待ちください。」と言われ、男性の方とヒソヒソ話。奥の方から持ってきてくれた。

ボディはコシナ製のベッサにそっくり。ファインダーの出来は悪くない。シャッター音が縦走り金属膜フォーカルプレーンシャッターの音で、ライカのシャッター音とは比較にならない安っぽさ。ただ、私自身はシャッター音とかデザインはあまり気にしない。良く写ればそれで良いのだ。

価格は 30 万円と決して安くはないが、レンジファインダー機は一眼レフとは異なった写真が撮れるカメラである事を私は知っている。「はな」が生まれたばかりの頃、M4 で撮った母子の写真はいまでもお気に入りである。他のカメラメーカーが FOVEON センサーを内蔵したカメラを作ることは多分ないだろう。が、EPSON が間に入ってコシナ製レンジファインダーカメラに FOVEON が搭載されたら、面白いことになるかも知れない。


その後でヨドバシのカメラ館に寄って PG-31 を買おうと思ったのだけど、A氏がいない。多分、昼食だろうと思い、私も地下のラーメン屋さん「新高揚」でワンタンメンの大盛りを食べた。このラーメン屋さんをご存じの方なら、私がいかに大食いであるかがわかるだろう。あそこの「大盛り」を完食出来るのである。

パンパンになったおなかを抱えて、再びカメラ館の二階へ。A氏がいたので、「PG-31 を計画的に衝動買いしに来ました。」と言って購入。「展示してある液晶プロテクターの中に SD1 用が無いのですが・・・。」と聞いたら、目の前のシグマ専用陳列棚の中からヒョイと出してくれた。付いている値段を見て驚いた。¥300。「え゛?こんなに安くなったの?」と聞いたら「はい。何故か最近安くなりました。」とのこと。考えてみたら2枚ほど買っておけば良かった。

そんなこんなで、だらだらと過ごした一日であった。2~3日中に今井智己氏の写真展を見に行こうと思っている。

SD1 + PG-31 を DP2x で撮影。


【追加】

通りすがりさんから SD1 に乗せてある水準器に関してお尋ねがありました。水準器そのものは「ハマ 5411」です。最近のものはアクセサリーシュー取り付け部が長くなっていますので、このタイプの様にアクセサリーシュー取り付け部が短いものを探してください。買ってきたままですと角が立っていますので、紙やすりに当てて面取りをします。そのまま取り付けますとプリズム部の山にぶつかってしまいますので、下の写真の様に紙やすりで先端の下面を斜めに削ります。その後アクリル磨きで角と削った部分を磨いてあります。

【さらに追加】

えーと、後に出っ張るのが許せるのであれば、アクセサリーシュー取り付け部が長いものでも大丈夫である事に気が付きました。ただ、外れやすいかも知れません。

|

« 初代 SD1 ユーザーとして 2012/02/24 | トップページ | 「はな」に挑戦 2012/02/26 »

コメント

> 通りすがりさん

記事を追加しておきましたので、ご参照願います。

投稿: maro | 2012.02.25 22:47

SD1に乗っている水準器はどこのものですか?普通の奴だとぶつかってしまいます。

投稿: 通りすがり | 2012.02.25 21:48

> KAZUA さん

情報、ありがとうございます。

でも、私は充電池のパラレルは信じないので、バッテリーは1個しか入れない人なのです。

つまり、PG はあくまでも縦位置レリーズアクセサリとしてしか使いません。

投稿: maro | 2012.02.25 20:54

>maroさん
PG-31を装着したSD1はOS付きレンズで電源を2時間ONのまま
200枚ほど撮影しても電池切れしません。

以前のPG-21は2本のバッテリーを効率良く使えなかった記憶が
あったのですが、PG-31は素晴らしいです。

投稿: KAZUA | 2012.02.25 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初代 SD1 ユーザーとして 2012/02/24 | トップページ | 「はな」に挑戦 2012/02/26 »