« SD1 の被写界深度 2012/02/29 | トップページ | SD15 のファームウェアアップデート 2012/03/02 »

春です。 2012/03/01

今日は昨日ほど寒くはなく、暦の上の春を少しだけ実感した。

ka_tate さんに送った eSATA 接続の CF カードリーダーが CF を認識しないと言うことで、戻ってくる。私のマシンでは一応働くけど異常に遅い転送速度しか出ない。どうやらインターフェイスボードの問題だけではないようだ。送り返されてきたらじっくり調べて見よう。しかし、どうやって調べたものか・・・。


先月の 26 日に SD1 ポイントサポートプログラムの為に SD1 とついでに 17-50mm を送ったのだけど、良く考えてみたら2週間ほど掛かると言うことなので、購入申し込みは郵政メールで行うため、SD1 Merrill の申し込みが発売日以降になってしまうかも知れない。まぁ、慌てる必要はないので、のんびり構えるとしよう。

タイミング的にはギリギリなので、ひょっとすると3月 10 日にテスト撮影が可能かも知れない。しかし、メーカーが「同じです」と言っているものをわざわざテスト撮影しようとする私もイヤな奴だと感じる今日この頃・・・。(^^;

|

« SD1 の被写界深度 2012/02/29 | トップページ | SD15 のファームウェアアップデート 2012/03/02 »

コメント

> ichiro_tw さん

詳細な動作環境を教えて頂きまして、ありがとうございます。

私の方はかなり一般的な環境なので詳細は省きますが、eSATA インターフェイスボードを加えた後、パソコンが起動しない(電源は入るけどディスクアクセスすらしない)状態が起き、PCI Express x1 スロットから eSATA インターフェイスボードを抜いて、別の PCI Express x8 スロットに差し替えました。

それで3日ほど何の問題もなく起動していたのですが、先ほど同様の症状が出て、現在 eSATA インターフェイスボードを外してあります。

まもなく ka_tate さんが送り返してくれた DeLock のカードリーダーが届くはずなので、再度テストして見ますが、Intel Z86 Express チップセットと eSATA は相性が悪いのかも知れません。

投稿: maro | 2012.03.02 13:34

すみません。
問題なく動作している、と書いておいて、こちらの環境を明らかにしていませんでした。
動作に関係ある部分だけ調べました。

OS は Momonga Linux trunk head(開発版最先端) Linux kernel 3.1.10-2m.mo8.i686.PAE(32bit PAE) です。
DeLOCK カードリーダの接続ポートは ASUS SABERTOOTH 990FX オンボードの eSATAp です。
このポートのコントロールチップは JMicron JMB362 controller でドライバは kernel の ahci です。
データ転送先のハードディスクは WD Caviar Black WD1002FAEX で上記マザーの SATA メインポートに繋がれています。
こちらは AMD SB950 controller(チップセット内蔵) でドライバは同じく kernel の ahci です。

Extreme Pro を挿した時の log は

ata7: SATA link up 1.5 Gbps (SStatus 113 SControl 300)
ata7.00: CFA: SanDisk SDCFXP-032G, HDX 6.02, max UDMA/133
ata7.00: 62500864 sectors, multi 0: LBA48
ata7.00: applying bridge limits
ata7.00: configured for UDMA/100

なので、1.5Gbps でリンクして UDMA/133 と認識され、UDMA/100 で動作しているようです。
勿論、問題なく CF のホットスワップが可能です。

転送先ハードディスクは

ata2: SATA link up 6.0 Gbps (SStatus 133 SControl 300)

6Gbps でリンクアップしています。

先ほど書き忘れましたが、カードリーダ自体を認識しない典型的な例では BIOS で eSATA ポートが無効にされている場合がありますね。

追加情報でした。
私の SD1 とオーダーシートは「配達店へ輸送中」となっています ;)

投稿: ichiro_tw | 2012.03.01 22:35

> KAZUA さん

オーダーシートを今日送っているのなら、間違いないと思います。

私の方はオーダーシートが届くのが、最悪だと SD1 Merrill の発売日になりそうです。

ポイント表とオーダーシートはカメラ本体のチェックとは別に、本体の確認が取れ次第送ってもらえるだろうと考えていた私がバカでした。

投稿: maro | 2012.03.01 20:48

> ichiro_tw さん

わざわざの書き込み、ありがとうございます。

1. については二人とも Power eSATA ではないので、付属の USB 電源を使いました。これは ka_tate さんにも確認済みです。

2. については、私の方は大丈夫です。

PIO になっていないかどうかはカードリーダーが戻って来たら確認してみます。

投稿: maro | 2012.03.01 20:42

>maroさん
私は気休めですがオーダーシートを速達で送りました(^^;
商品発送は追ってサポートとは別の部署から連絡が来るとのこと。
SD1Merrillが発売日当日に来たら嬉しいなぁ。

投稿: KAZUA | 2012.03.01 20:29

こんばんは。

CF の認識で問題が出るとしたら、

1. Power eSATA(eSATAp) と eSATA で接続方法が異なる点を把握していない。

2. CF の仕様上 SanDisk 以外の製品はリムーバブルではなく固定ディスクとして認識されるので差し込み時の動作が異なる。

これくらいしか考えられません。

速度の点では DMA が有効になっていなくて PIO 転送だということはないでしょうか。

まぁ、私も maro さんと同じく、USB 3.0 で速度を確保できる環境での eSATA の使用はお勧めしませんが。
取り敢えず、全く問題なく動作している環境もあるということで。

では。

投稿: ichiro_tw | 2012.03.01 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1 の被写界深度 2012/02/29 | トップページ | SD15 のファームウェアアップデート 2012/03/02 »