« 今日も梅は撮れなかった。 2012/03/26 | トップページ | 明日も仕事になってしまった・・・ 2012/03/28 »

仕事優先だから仕方ないけど・・・ 2012/03/27

明日は梅を撮影することが出来ると思っていたのに、朝一で来て欲しいとのお客様からの要請。梅の写真を撮れなくても困らないけど、お客様の依頼を断ると困ったことになるかも知れない。ということで、明日も仕事となってしまった。

実は昨夜から今朝に掛けて、あまりよく寝ていない。仕事で必要以上に無理をしないよう心がけてはいるのだけど、処理すべきデータがやたら多いとプログラミング以上にデータ処理に時間が掛かる。


皆さんご存じのように私はカメラのアクセサリーシューに水準器を乗せている。フラッシュを使うとき以外は必ず水平や垂直を確認しながら撮影するのがクセになっている。もちろん全ての写真で水平や垂直がきっちり出ていなければならないと思っているわけではない。が、意図的にカメラを傾ける時以外は、やはり水平や垂直はちゃんと出したい。


話はいきなり変わって、またまたニコン D800 である。さすがはニコン、とても素晴らしい画質オタク向けのガイドブックを作ってくれた。

ニコン D800/D800E テクニカルガイド

これを読んで、つくづく D800 のユーザーがうらやましくなった。きっちり写真を撮りたいときに必要と思われる機能を D800 は全て持っている。ライブビューで画面の任意の場所を大きく拡大してのマニュアルフォーカシング。PC に接続してプレビューしながらの撮影。電子水準器。アイピースシャッター。倍率色収差低減。そして性能的な面でも ISO1600 が実用となる高感度センサーや25コマ連続撮影。全く持って凄いカメラである。

カメラの機能は比較にならないけど、ニコン D800/D800E テクニカルガイドには高い解像感を得るためのノウハウが網羅されている SD1 ユーザーにも是非ご一読を勧める。


堀内カラーの水準器を加工して SD1 に着けてみた。なかなか良い感じ。

SD1 by SD1 Merrill

SD1 Merrill + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @50mm f:7.1 1Sec. ISO100 EV-2.0
カラーモードはスタンダード。絞り優先AE、AWB、MF。
Photoshop で被写体のホコリ取りと色調をレタッチ。

|

« 今日も梅は撮れなかった。 2012/03/26 | トップページ | 明日も仕事になってしまった・・・ 2012/03/28 »

コメント

> KAZUA さん

電子水準器は両方とも試しましたが、私にはイマイチでした。

水準器の内蔵は忘年会と CP+ で社長にはお願いしてあるのですが・・・。

> へるまんさん

要するに解像力が高いカメラの宿命で、それを生かそうとするのであれば、ブレを防ぐこととピントをしっかり合わせることがとても重要であることを明確にアナウンスしておくことが必要とニコンが判断したからだと思います。

> 梅里さん

露骨な偽色やモアレは案外少ないと思いますが、1~2ピクセルで表現される部分の色再現性には問題が出ると思います。

それ以上に上のへるまんさんへのレスにも書きました通り、大判カメラで撮影する様な方法で撮影しないと期待した通りの解像力は得られませんよ!と言うことをニコンが公式に表明したと考えるべきでしょう。

難しさは SD1 と同じと考えれば間違いないと思います。ただ、高い ISO 感度を設定できますので、シャッター速度や絞り込みに関しては D800 のがはるかに使い易いと思われます。

投稿: maro | 2012.03.28 23:43

さすがニコンさんらしく、丁寧なテクニカルガイドです。
内容的には、なれたフォビオンユーザーならば、「当然なこと」と感じると思います。
ただ、
「高解像のD800/D800Eではモアレや偽色は出にくくなっていますが、まれに発生する場合があります。その場合、D800EはD800比べてモアレや偽色が目立つことがあります。」
その対処法として、
「わざと絞り込み量を多くして回折を利用し、ややピントを甘くする。」
ということは、ベイヤー素子の性質であるモアレや偽色を軽減するためにローバスを用いることと同じなので、ローバスレス風をうたってEを出す意味が低減している感じがします。
フルサイスをサイズの上限として、画素ピッチを細かくし、高画素化しても結局1ピクセル単位では解像しないのに、解像感を求めるベイヤー素子の限界を垣間見た思いです。

投稿: 梅里 | 2012.03.28 22:28

> maroさん
ニコン D800/D800E テクニカルガイドは良くできています。
もちろんシグマユーザーも一読すべきですね。

でも何故Nikonがこれを出したのでしょう?

きっと高画素化・ローパスフィルターを甘くした結果
手ぶれ、回折、ピンの甘さによって”思ったほど解像感を感じられない”
と思ったからではないでしょうか?

それはSD1ユーザーも同じ事が言えるので、
このテクニカルガイドは我々にも有効なのです。

計らずともD800とSD1のピクセルピッチは同じですし・・・

そして他社がそういうことを言い出すことは、
違った意味で我々に刺激を与えてくれます。

投稿: へるまん | 2012.03.28 13:02

>maroさん
私も撮影に水準器は必須と考え、SD1には野外撮影用に
電子水準器「アクションレベルクロス」、物撮り用には
自作のホットシューブラケットに市販のデジタル角度計を
マグネット装着しています。
※アクションレベルクロスは縦位置の使用がイマイチ。

DP2Merrillには電子水準器を内蔵して欲しかったです。

投稿: KAZUA | 2012.03.28 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日も梅は撮れなかった。 2012/03/26 | トップページ | 明日も仕事になってしまった・・・ 2012/03/28 »