« SD1 Merrill をテスト その1 2012/03/10 | トップページ | SD1 と SD1 Merrill 本日2本目の記事 2012/03/11 »

SD1 Merrill をテスト その2 2012/03/11

朝方、ファームウェアをアップデートしていない無印 SD1 と SD1 Merrill で AE の評価測光を撮り比べた。

左が SD1 Merrill で右がアップデート前の無印 SD1 である。カメラ内 JPEG。

ほとんどが空の写真と全体の 2/3 くらいが空の写真はどちらも今ひとつの明るさが欲しい。が、空がほとんど入っていないものと空が 1/3 程度のものは、露出がオーバーになっていない SD1 Merrill の方が好ましい。

次に、無印 SD1 のファームウェアアップデート前とアップデート後を比べた。


最後は、SD1 Merrill と無印 SD1 のファームウェアアップデート後を比べた。

SD1 Merrill は SD1 ファームウェア Ver.1.05 と AE に関しては全く同じ
一番上のシャッター速度が 1/640秒でないのが残念。


今回の SD1 ファームウェアアップデートは

・ ファームウェアの仕様変更により、レンズ情報ファイルの更新を廃止しました
・ AF精度の改善を図りました
・ 逆光時や低照度の環境における評価測光の精度の改善を図りました
・ 各種バグを修正し、動作安定性の向上を図りました

とアナウンスされている。テスト撮影した被写体が「逆光時や低照度の環境」であるかどうかは難しいところだけど、雲を写した時にもう少し明るく写って欲しいと思うのは贅沢なのだろうか?

アップデート後のメニューから「レンズ情報の更新」が消えると思ったけど、まだ残っている。おそらくレンズ情報の更新はファームウェアのアップデートとして一緒に行われるようになったと言うことだと思うので、次のアップデートではメニューから消えるかも知れない。

私の場合、AF の精度はアップデート前の無印 SD1 のが良かった。しかし、これは MACRO 70mm を装着して、距離 1.31m で、中心の AF ポイントを使って比較した場合の結果からそう判定しているだけなので、他のレンズや距離によっては変わってくる可能性はある。

アップデート後の無印 SD1 と SD1 Merrill に 17-50mm F2.8 を着けて無限遠の被写体で比べてみた。ただ、実際に撮影はしていない。カメラを空に向けてピントを外した後、無限遠の普通にコントラストがある被写体に向けてシャッターボタンを半押し、その時点で距離環の指標が最良の位置にあるかを確認。それぞれ20回ほど試したが、両方とも全てが許容範囲に入っていた。

AF に関しても SD1 Merrill と SD1 Ver.1.05 は同じと見て良いだろう。


さて、SD1 のファームウェアはこれで一段落なのだろうか?

SD1 に付いて欲しい機能でライブビューを挙げる方は多い。私もその一人。しかし、単なるライブビューなら要らない。DP1x や DP2x に付いている「小さい範囲を拡大して背面液晶でマニュアルフォーカスできる機能」が付いていなければ意味がない。年寄りにはフォーカシングスクリーンでのピント合わせは結構しんどいのである。そして、その際にファインダーに取り付けることが出来るルーペ付きフォーカシングフードが発売されれば完璧である。


次の SD1 ファームウェアアップデートで実現して欲しい機能が3つある。

一つは露出補正値を即ダイヤルで変更出来る機能。絞り優先 AE の時は S ダイヤルが露出補正ダイヤルとなり、シャッター速度優先 AE の時は A ダイヤルが露出補正となり、プログラムオートの時はどちらかをシフトに指定して、別のダイヤルを露出補正値変更ダイヤルとなるようにして欲しい。

もう一つは FUNC ボタンを押さなくても、十字キーの押下で即フォーカシングポイントを移動できるようにして欲しい。撮影モードでは十字キーには何の機能も割り当てられていないのだから、それほど難しいとは思えないのだけど、いかがだろうか?

最後は QS メニューを表示した時に、二つのダイヤルはどちらも QS メニューの切り替えダイヤルとして働くが、これをボタンを押した後、押された項目の値を変更するためのダイヤルにして欲しい。DP Merrill ではそうなっているので、これも実現は難しくないと思う。


まもなく、3月11日午後2時46分になる。1年前の東日本大震災で犠牲になられた方々に対して、哀悼の意を捧げる。

|

« SD1 Merrill をテスト その1 2012/03/10 | トップページ | SD1 と SD1 Merrill 本日2本目の記事 2012/03/11 »

コメント

maroさん、そうなんです。
ですから、PEN E-P3ではマニュアルレンズを使うのが楽しかったりします。
是非、次のSDやDPにのせてほしいです。

投稿: だびょん | 2012.03.12 13:18

SD1非ユーザーですが、撮影精度を上げるのにライブビューはとても有効だと思います。
それもAndroidからライブビューが使えたら言うことありません。つまり、ブラウザベースのアプリケーションで操作できるようにすると言うことです。ニコンはワイヤレスでできるようですが、高価なワイヤレストランスミッタが必要です。当面はUSBで十分です。
雨や雪からカメラをシーリングすることができますし、強い日光下でも、カメラと画面が分離できたら操作性は高まります。
いずれスマホを外部モニタ付きの多機能レリーズとして使う時代が来るような気がします。
CANONあたりがやれば、やたらと高価な専用機器を売り出すかもしれませんが、SIGMAさんが先陣を付けて、オープンな環境を切り開いて頂きたいと思います。

投稿: betuzan | 2012.03.12 12:01

> だびょんさん

PEN にはそんな機能があるのですか。凄いですね。ミラーレスならではの機能だとは思いますが・・・。

DP Merrill で実装してほしいなぁ。

投稿: maro | 2012.03.12 07:57

いつも有益な情報ありがとうございます。
ファームウェアアップデートで実現してほしい3つの機能、どれも同感です。
特にライブビューですが、これが出来ると風景写真ではとても助かります。
出来れば、拡大位置を十時キーで選択できるようになっていればいいのですが、CP+で展示されていたDP2merrillでは拡大できるのは中央だけでしたので、無理でしょうか?

一番便利なのは、オリンパスのPENのようにタッチパネルで触ったところが拡大できるものですが、もちろんSD1では無理でしょうから、将来的に・・・。

投稿: だびょん | 2012.03.11 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1 Merrill をテスト その1 2012/03/10 | トップページ | SD1 と SD1 Merrill 本日2本目の記事 2012/03/11 »