« エイプリルフール 2012/04/01 | トップページ | SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I Card 2012/04/03 »

シグマ製デジタルカメラ 2012/04/02

イメージセンサーが、他社のデジタルカメラに採用されている単層センサーにモザイク状のフィルターを乗せて1画素に付き3原色の内の1つだけを測定し、他の2色の値は周囲の画素によって測定された値から演繹し、それをそのピクセル位置の値と見なして RGB 値を得る方式ではない、と言う意味ではシグマ製のデジタルカメラは全て特別なカメラであると言える。

シグマ製デジタルカメラが採用している三層式のイメージセンサーは1画素で RGB 全ての値を直接測定する。三層の感度は光が透過するシリコン層の厚みによる色分解を行うため、微妙なバランスで形成されている。シグマ製デジタルカメラに採用されているセンサーが保存するファイルに記録される色の彩度はかなり低いらしい。その低い彩度を各感光層の感度や非直線性を勘案した演算により実際の色に戻す。ただ、他社が採用しているイメージセンサーの演繹演算とは異なり、透過による色分解の物理特性が決まってしまえば、複雑なデジタルデコードではあるが、無い色を周囲の情報から予測するわけではないので、理想的に製造されたセンサーであればかなり正確なデータが得られると考えて良いだろう。

光が十分に与えられなかったピクセルではセンサーに発生する電荷は少なくなる。透過による光量の減衰もリニア(直線的)ではないのかも知れない。スレッショルド値(電荷が存在すると認識できる最低の値)の問題もあるかも知れない。一般的に小さい値をデジタル化するには非常に高い読み出し精度が要求される。多分、低照度な部分ではセンサーの個体差による各層の感度ムラや AD 変換精度の問題などが原因となって、画像に輝度ノイズや色ノイズを発生させるのだろう。ただ、暗部に乗ってくる色ノイズはシグマ製デジタルカメラだけに見られる現象ではない。他社の単層センサーで撮影された画像でも、同じ様なまだら模様を経験した事がある。

ノイズの発生原因が明らかになれば、ハードウェアやソフトウェアの改良により、それらを低減することが出来るはずだ。が、新 FOVEON センサーは既に出来上がっている。つまり、ハードウェア的な改良はそう簡単では無さそうだ。

となるとセンサーからデータを読み出す際、あるいは読み出した直後に可能な限りのノイズ対策を施す必要がある。シグマが現在のファームウェアで満足しているとは思えないので、そのあたりは日夜改善の努力がなされているはずだ。

SPP のノイズリダクションも可能な限り改良して欲しい。解像感を残しつつノイズを低減することが至難の業で有ることは承知している。しかし、技術というのはそれまで出来なかったことを出来るようにすることなのだから、頑張って欲しいと思う。


私が「作例」ではなく「作品」を目的として写真を公開することに主点を置いているのであれば、ノイズやノイズリダクションによる解像感の低下はあまり気にしない。イザとなればレタッチしてしまえば良いからである。さらに、解像感や少ないノイズが「作品」にとってさほど重要な要素でない写真もあるし、逆にノイズ感やソフト感が欲しい写真も存在する。FOVEON センサーから出力された画像を撮影者自身が納得できる写真に仕上げるための素材として考えるのであれば、非常に良い素材を提供してくれるカメラであることは皆さんご存じの通りである。

|

« エイプリルフール 2012/04/01 | トップページ | SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I Card 2012/04/03 »

コメント

> じゅんさん

カメラが異なった場合、色調が似ていると言えるのは同じメーカーの同じクラスのカメラを比較した場合だと思います。

つまり、例え同じメーカーでも機種が異なれば異なった色調となります。同じニコンのデジカメでも機種により、あるいは設定によりかなり違った色で上がります。

ただ、それ以上に異なるのが実際の光源の色で、同じ太陽でも季節や時間、天候により大きく異なります。

ニコン製のカメラが出してくる色調がじゅんさんにとって心地よいものであった場合、シグマのデジタルカメラはキヤノンに近い色作りをしているため、今ひとつかも知れません。

撮影時のピクチャーコントロールとカラーモードを設定し、ホワイトバランスを適宜選択することでシグマの色調もかなり変化します。

私の場合は RAW ファイルを現像しての出力が原則ですので、カラーバランスに関してはその時点で調整してしまいます。

なお、レタッチに使用しているソフトウェアは Photoshop ですが、写真のレタッチだけを考えるのであれば、LightRoom でも十分だと思います。

投稿: maro | 2012.04.03 10:22

この前は、丁寧なご返事ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。今まではニコンのカメラを使用しておりました。昨年の12月に全てを売り払ってシグマのユーザーになりました。ニコンを使用していたときは余りレタッチ(色調を補正)の必要性を感じていなかったものですからあのようなコメントになりました。確かに色調はどうにでもなるのかもしれませんが、できるだけいじりたくないというのも本音です。ただレタッチする前の色調はベイヤーtypeのカメラと比べると特にSD1は違うように思いますがどうでしょうか。何分初心者なもので見当違いな事を言っていたらすいません。それとマロさんはレタッチはやはりphotoshopでされているのでしょうか。

投稿: じゅん | 2012.04.03 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エイプリルフール 2012/04/01 | トップページ | SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I Card 2012/04/03 »