« なんとも不可思議 2012/04/10 | トップページ | オオソレミオ 2012/04/12 »

ND フィルターの濃度表示 2012/04/11

ND フィルターの濃度を表す時に ND4 は露出倍数4倍(絞り2段)である事は皆さんご存じの通り。しかし、ND フィルターの濃度を表すにはもう一つの表記法がある。

ND の次の数字に小数点があったら、それは濃度を 10 を底とする対数で表したもので、デンシティレンジを表す時に使われる「濃度」である。1D は 10、2D は 100、3D は 1000、4D は 10000 であり露出倍数と等しい。つまり、1D は透過する光の量が 1/10 になり、2D は 1/100 と言った具合である。

例えば最近私が話題にしている富士フイルムの ND4.0 であるが、これは露出倍数が 10000 倍である。普通の ND4 は ND0.6 で ND8 は ND0.9 である。今回 ken さんと私が共同購入しようとしているアストロソーラーフィルムの目視用は ND5.0 なので光量が 1/100000 になるフィルターで、写真撮影用は ND3.8 だから 1/6310 になるフィルターである。

今日、我が家にも来たアストロソーラーフィルム。丸い黒いものはケンコーのマルチホルダー、四角い枠は手製のフィルターフレームである。

ほぼ A4 サイズ。これをカッターで 10cm x 10cm にカットする。

手製のフィルターフレームに挟んで、貼り付けたものをマルチフレームにセットするとこうなる。


しかし、このフィルターは目視用なので、少々暗くなりすぎることが判っている。ken さんが写真用を注文してくれた。まだ 25cm x 20cm が2枚余っている。ご希望の方は画像掲示板に書き込んで頂きたい。

|

« なんとも不可思議 2012/04/10 | トップページ | オオソレミオ 2012/04/12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとも不可思議 2012/04/10 | トップページ | オオソレミオ 2012/04/12 »