« SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート。 本日2本目の記事 2012/05/11 | トップページ | 私が見たい写真 2012/05/13 »

アップデートして AF をチェック。 2012/05/12

ゴールデンウィークの最中は少し忙しかったけど、今週末は特にやらなければいけないことも無くて、気持ちはのんびり。SD1 のファームウェアアップデート後のチェックが本日の課題。

とりあえずファームウェアアップデートで良くなったはずの AF をチェック。

まず、フルチャージしたバッテリーに交換。絞り優先 AE にして、絞り値は f:6.3 固定。SD1 を三脚に据えて、普通にコントラストがあり、しかも明るすぎない被写体(電信柱)を中心に置いた。手をレンズの前にかざして、ピントを合わせ、次に手をどけて、無限遠に合焦させる、ミラーアップして、1枚撮影。事前に計画したレンズと焦点距離の組み合わせをチェックしながら、計 21 枚撮影。最後に SMC TAKUMAR 35mm F3.5 で撮影。あらかじめ CF にコピーしておいたファームウェアでアップデート。その直後に SMC TAKUMAR 35mm F3.5 で撮影。そして上記を繰り返した。

結果は「少しだけ良くなったようだ」と言った感じ。A3 サイズくらいで見る分には十分であるが、1:1で見てしまうと合焦率は 42% 程度。ファームウェアアップデート前は 38% だったので、少しだけ良くなったと感じた。AF が合い易いレンズと合いにくいレンズがある様で、個体差ではないかと感じる部分もある。ただ、私の SD1 は既に2度もシグマで AF 精度の点検を行っているので、これ以上は合わないと言うことなのだろう。

他社レンズを着けた時にカメラ内 JPEG や X3F から抽出した JPEG に異常な模様が着く現象は無くなった。が、周辺部の緑被りに関しては大きく変わってはいない。

ここにファームウェアアップデート前と後の写真を並べておく。

アップデート前 SD1+ SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 1/100Sec. ISO100

アップデート後 SD1+ SMC TAKUMAR 35mm F3.5 @f:8.0 1/100Sec. ISO100


今日は「はな」が比較的近所に出来たイオンモールに行きたいと言うので、行ってきた。SD1 に 17-50mm を着けて、30 枚程度 AF で撮影したのだけど、1:1で見た場合に何とかピントが合っていたのは半分程度、何故か「はな」を撮るとボケる。(^^;

やはり SD1 の AF をアテにしてはいけない。

日食観察用メガネ

SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @31mm f:7.1 ISO100
絞り優先AE、AWB、AF、カラーモードはスタンダード。

|

« SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート。 本日2本目の記事 2012/05/11 | トップページ | 私が見たい写真 2012/05/13 »

コメント

> 梅里さん

ニコンの AF は定評がありますからねぇ。でもピント重視だったらライブビューでコントラスト検知方式の AF が使えるはずだから、あまり問題ないと思います。

SD1 もコントラスト検知方式の AF システムを搭載して欲しいなぁ・・・。

投稿: maro | 2012.05.13 17:43

maroさん、検証ありがとうございます。
緑かぶりが結局変わっていないことを確認できました。
AFが合わないことが多いのは、はやはりこのクラスの画素ピッチになるとカメラ任せではピントが合わないことが多い、ということで納得しています。
nikonさんでさえ、D800だとAFが合わないといわれているようですし。

投稿: 梅里 | 2012.05.12 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート。 本日2本目の記事 2012/05/11 | トップページ | 私が見たい写真 2012/05/13 »