« 五月晴れ。 2012/05/11 | トップページ | アップデートして AF をチェック。 2012/05/12 »

SD1/SD1 Merrill ファームウェアアップデート。 本日2本目の記事 2012/05/11

仕事から帰って来たら、SD1 のファームウェアアップデートが公開されていた。SD1 は Ver.1.06 で SD1 Merrill が Ver.1.01 である。

SD1 Merrill が発売されたときに「同じかどうかはファームウエアを比較してみれば判る。」と大見得を切っているので、SD1 のアップデートを行う前に両方をダウンロードした。

私の予想が正しければ、カメラ名のデータに " Merrill" と言う文字列が入っているかいないかの違いしかないはずである。ただ、その文字列がデータ用の領域に格納されていない場合には、絶対番地へのジャンプ命令があった場合、そのジャンプ先のアドレスが変わって来るので、4バイト分のデータに違いが出てくる可能性はある。

ファームウェアに使われているコマンド体系は TRUE II 独特のものであるはずなので、逆アセンブルしても全く意味がない。つまり TRUE II をプログラムするための特別なプログラミング言語(多分アセンブラに近いもの)を持っていない限りは、コマンドに対してニーモニックを当てはめることも出来ない。

専門的な話は置いておいて、単純にバイナリデータを比較してみた。が、途中からバイトズレが起きているために私の持っているバイナリエディタではそのズレを考慮しての比較が出来ない。残念ながらファームウェアが同じかどうかは「不明」となった。


SD1 のファームウェアのバイト数は 17,596,672 バイト。プログラマーから見ると何とも中途半端な数値である。256 x 256 x 256 = 16,777,216(16MB)ならばとてもスッキリするのだけど、それよりほんのわずかだけ多い。メガバイトで表記すると約 16.78M バイトである。う~~~n。不可思議。


とにかくシグマからのアナウンスでは、

・AF精度の改善を図りました
・フラッシュの調光精度の向上を図りました
・各種バグを修正し、動作安定性の向上を図りました

となっている。私が散々文句を言っている AF の精度がどれほど上がったかが楽しみである。が、今夜はファームウェアのアップデートはしない。明日、明るくなってからとりあえず古いファームウェアで AF 撮影をして、アップデート後にまた同じ事をして見る。良くなっていたら合格である。

おっと、他社製レンズを着けた時にカメラ内 JPEG がグチャグチャになるのと、レンズ情報を持たないレンズを着けた時に、直前に着いていたレンズの情報を引きずってしまうのは直っているはずなので、アップデートした方はチェックしてみて欲しい。

とりあえず、今夜はこれまで。

|

« 五月晴れ。 2012/05/11 | トップページ | アップデートして AF をチェック。 2012/05/12 »

コメント

> 梅里さん

JPEG がグチョグチョになるのは単純なプログラムミスによるバグですので、すぐに直るとは思っていました。

が、緑被りそのものは全く変わっていないはずです。

投稿: maro | 2012.05.11 21:52

アップデートしました。
明日青空がどのようになるか(多分変わっていない?)楽しみです。
ふと気になってニコンの14-24mm、F2.8をつけて写してみました。緑かぶりやハチャメチャな彩りがだいぶ改善されているようです。

投稿: 梅里 | 2012.05.11 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月晴れ。 2012/05/11 | トップページ | アップデートして AF をチェック。 2012/05/12 »