« お留守番。 2012/05/04 | トップページ | ら~ら・ポ~ト。 2012/05/05 »

SDHC カードを新調。 本日二本目の記事。 2012/05/04

実は昨日の夜、フト思いついて、Amazon で SanDisk の Extreme Pro SDHC UHS-I カード 95MB/s 32GB を2枚ポチッとしてしまった。英語パッケージ版なので @¥8,680 と現時点では比較的安く買えたと思う。Transcend なら¥2,700 で買えることは分かっているけど、SDHC カードに関してはこの SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I 95MB/s がダントツで速いことも分かっている。

これで SD15 と DP1x、DP2x の SDHC カードが全て最高速のものになった。今まで使っていた Extreme III の 8GB と Extreme 30MB/s の 8GB はオークション行きとなった。国内正規パッケージなので、¥1,000 なら売れるだろう。英語版だと新品でも¥1,000 を切っているけど、国内での永久保証は付かない。

もちろん今回購入した Extreme Pro SDHC UHS-I 95MB/s も英語パッケージなので国内での永久保証は付いていない。が、初期不良なら販売店が面倒見てくれるだろうから、新品を購入するのなら、英語版のがはるかに安い。到着後すぐに CrystalDiskMark で調べて見たが、読み込み約 90MB/s、書き込み約 80MB/s であった。SanDisk Extreme Pro の CF 90MB/s を凌駕する速度である。とりあえず DP1x と DP2x に入れたけど、本当は DP Merrill の為の先行購入である。


ヨメさんと「はな」が居ないのを幸いに、SD10 の写真を撮った後、ハスキーの雲台をバラして、グリス抜きをし、前後のティルトとパン(水平回転)を調整。ほぼ思う通りの力加減で操作できる様になった。が、左右にカメラを傾ける(横ティルト)いわゆる水平出しをするためのパン棒を完全に緩めても、望むほどには軽くならない。仕方がないので上下のティルトに短いパン棒をセットして、横ティルトは長いパン棒のお尻にもう1本長いパン棒をねじ込んで、超長いパン棒にしてみた。プロ用ビデオ用三脚のパン棒みたいである。おかげで、非常にデリケートな水平出しもわずかな力で出来る様になった。が、あまりの格好の悪さに写真を撮る気にもならない。

連休が明けたら、トヨ商事に送り返して、もう少し柔らかくしてもらおうかと思案中。しかし、良く考えてみたら、それほど微妙な操作を必要とするのなら 405 が着いている MT057C3-G を使えば良いだけの話なのだ。3D雲台は水平を固定しておいてのパノラマ撮影や、パンを固定しておいての評価測光のテスト(方向を変えずに天から地まで撮影する様なケース)等に使用する事が目的だから、あまりこだわりすぎるのは止めよう。また余計なお金と時間を使ってしまいそうだ。

ハスキーの脚をユーザーが分解できて、メンテナンスがし易いと絶賛している方が多い様だけど、ユーザーが簡単に分解できない脚にはお目にかかったことがない。マンフロットもジッツォもスリックも私が今まで使ったことがある脚は全て簡単に分解できた。

また、どのメーカーも特定のパーツだけを売って欲しいと頼めば、売ってくれた。私はハスキーの三脚は好きだけれど、脚だけを考えた場合には、さほど良い脚だとは思わない。もちろん悪くはないのだけど、えらく簡単な構造のワリには高すぎると思っている。雲台は自信を持ってお薦めするけど、脚はコストパフォーマンスの点であまりお薦めではない。もちろんハスキーのウリは耐久性と発売当初から変わっていないパーツによる高いメンテナンス性にある事は確かで、2~30年使える事は間違いない。しかし、今の私はプロではないので、もっと使い易い三脚により多くの魅力を感じる。


私がタラタラ文句を言いながらも FOVEON センサーが内蔵されているデジタルカメラしか使わないのも、やはりプロではないからだろう。使い易さや確実性よりも、自分が納得する画質を提供してくれる唯一のカメラがシグマ製のデジタルカメラであるからだ。

|

« お留守番。 2012/05/04 | トップページ | ら~ら・ポ~ト。 2012/05/05 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お留守番。 2012/05/04 | トップページ | ら~ら・ポ~ト。 2012/05/05 »