« 父の日の次の日 2012/06/18 | トップページ | 色を楽しむ その10 2012/06/20 »

パソコンのトラブル2件 2012/06/19

会社その3の千葉営業所でパソコン起動時に必ず変な画面が出て、何だか勝手にスキャンをやった後、「修正する」を指定するとソフトを買えと言う画面になる。何とかして欲しい。とのこと。おそらく FaceBook 等でいっぱい宣伝をしている可愛いおねぇちゃんがお腹の上にパソコンを乗せて横たわっている「最近パソコンの動作が重くないですか?」のサイトにでも行ってしまったのだろう。

行って見て、大当たりだったので思わず苦笑してしまった。

Uniblue RegistryBooster があまりにも悪名を轟かせてしまったために、同じ事を行うたちの悪いソフトウェアを Uniblue SpeedUpMyPC と名前を変えて Windows 初心者の方々を騙そうとしている様だ。

現時点ではどのようになっているかを確認するために Uniblue が Facebook に出している広告をクリックして uniblue.com に行って見た。ウェブサイトブラウザが Firefox だと speedupmypc.exe のボタンをクリックしても「実行」の選択肢は出ないけど、IE8 だと「実行」の選択肢が出る。

ただ、使用している OS が Windows 7 だとインストールしても起動時にプログラムを動作させるかどうかを聞いてくるので

ここで「いいえ」を選べば良い。ただし、アンインストールしないと、マシンを起動するたびに聞いてくるので非常に煩わしい。Windows 7 の場合はここで「いいえ」を選んでおいて、普通にアンインストールすれば良い。


Windows XP では Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC を起動させると始めに表示される画面の [スキャン]ボタンをクリックしなくても、アッと言う間に勝手にスキャンが始まって、

このような画面が表示される。一つ一つ詳細を読めばわかるけど、ほとんどが提案だったり、全くでたらめなレジストリのエラーである事が解る。つまり、虚偽の情報を表示して、ユーザーに誤った認識を与え、精神的に動揺させて、右下にある [問題を修正する]ボタンをクリックさせることがこのプログラムの唯一の目的である。

[問題を修正する]ボタンをクリックすると

この画面が表示され、哀れなユーザーはこのソフトウェアを購入させられる羽目になる。こんなでたらめを平気でやる会社のソフトウェアがまともなはずはない。もちろん購入して実行すれば、フラグが立って上から2番目の画面は異なった表示となるだろう。また、購入すれば起動時にいちいちスキャンをしなくなるのかも知れない。

何も知らないユーザーは良いソフトを購入したと喜ぶのかも知れない。全く持って許しがたい詐欺である。

Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC は詐欺と断言できる悪質なソフトなので、皆さんも気を付けて欲しい。FaceBook があの極悪会社の広告を載せていると言うことは Facebook 自体も無責任な会社である事が良くわかる。もし Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC をまともなソフトウェアだと思ってインストールしてしまった方のために、アンインストールの方法を詳細に解説する。

Windows XP では Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC はパソコンが起動するときに自動的にメモリに読み込まれるため、アンインストールをしても上手く消えてくれない。まず、パソコン起動時に読み込まれることを停止しなければならない。

1.[スタート] → [ファイル名を指定して実行] で msconfig と入力して Enter
2.「システム構成ユーティリティー」が起動するので、上のタブの [スタートアップ] をクリック。
3.一番左の[スタートアップ項目]欄に Uniblue Launcher あるいは単に Launcher になっていて、[コマンド]欄の中程に ¥Uniblue¥ と表示されている行の一番左のチェックボックスをクリックして、チェックを外す。
4.画面右下の [ 適用 ] をクリックして、[ OK ] で終了。
5.コンピュータを再起動。
6.再起同時に「システム構成ユーティリティー」が下の様なダイアログを表示するので、一番下の
   □ Windows の開始時にこのメッセージを表示しない。
の □ をクリックしてチェックを入れ、[ OK ] をクリック。


これで起動時に Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC が起動しなくなる。次に、[スタート] → [コントロールパネル] → [プログラムの追加と削除] で Uniblue RegistryBooster あるいは Uniblue SpeedUpMyPC を選択して[削除]。「無料版をインストール」とか言ってくるけど、無視して、[のアンインストール] をクリック。

とにかく、このプログラムの最も悪質な点はありもしないレジストリのエラーを報告してそのエラーを削除するためには同社のソフトウェアを購入しなければいけない様にし向けることである。詐欺と呼ぶ事に何の抵抗も感じない悪質な商法で、義憤を覚える。

ご質問があれば、遠慮なくコメントして欲しい。


2件目のトラブルは会社その1で発生。大阪の営業所で使われているノートパソコンが起動しなくなったとのこと。非常に重要なデータが入っているために何としても起動するようにして欲しい、最悪の場合でもデータを救済して欲しいとのこと。当然、バックアップは取っていない。

自分が作業しているコンピュータに自分が記録したデータはその人にとって最も重要な情報のはずである。そして、パソコンはいつ壊れるのか誰にも判らない。だから特に重要なデータは必ずバックアップを取っておかなければならない。と言う当たり前のことをなぜ皆さん実行しないのだろう。

もっともそのマシンを使っていた人は C: ドライブに入っているほとんどのデータをちゃんと D: ドライブにバックアップしてあった。しかし、もし HDD 自体がクラッシュしてしまったら、あるいはマシンが起動しなくなったら、物理的には同じ HDD 上にある仮想ドライブなので、どちらも読み出せなくなることまでは気が回らなかったようだ。

私のように2~3日に一度、2台の外部接続ディスクそれぞれバックアップを取るのは異常かもしれない。が、そのおかげで救われたことが2回ある。HDD が読み出し不能になることは誰のマシンにも起こりうることなのに、そうなったときのことを考えずにコンピュータを使う人が多すぎる。

幸い HDD のクラッシュではなかったが、Windows のインストール CD から立ち上げようとしてもエラーになったため、BIOS の設定で AHCI を使用しないに設定し、無事 Windows XP を上書きインストールすることが出来た。

おそらく AHCI のドライバがおかしくなったのだろう。ディスク関連のドライバがおかしくなってしまうと、OS は起動できない。BIOS で HDD が認識されない場合は、不幸にも HDD 自体のハードウェアクラッシュである可能性が高いが、そうで無い場合には上記のように OS の再インストールで助かることがある。

もちろん中身のデータなどが綺麗さっぱり消えてしまっても良い場合にはリカバリディスクを使って、購入時の状態に戻してしまうのが一番良い。

そんなわけで、本日の写真談義は「無し」。あしからず。

|

« 父の日の次の日 2012/06/18 | トップページ | 色を楽しむ その10 2012/06/20 »

コメント

> 滝沢さん

一番簡単な方法は、パソコンのソフトウェアを uniblue がインストールされる前の状態に戻してしまうことです。

1.[スタート](画面左最下部のWindowsのマーク)をクリック
2.すぐ上の[すべてのプログラム]をクリック
3.スクロールさせて[アクセサリ]をクリック
4.スクロールさせて[システムツール]をクリック
5.[システムの復元]をクリック
6.「システムファイルと設定の復元」と言う画面が表示されるので、右下の[次へ]をクリック
7.リストの中から uniblue が現れた以前の日付を選択して[次へ]をクリック
(もしリストに uniblue が現れた以前の日付が無ければ下の ロ他の復元ポイントを表示するをクリックしてください)
8.「復元ポイントの確認」画面で[完了]をクリック。
9。コンピュータが自動的にシステムを復元しますので画面の指示に従ってください。

投稿: maro | 2013.04.14 20:27

質問させてください。
windows7を使っています。
この、uniblueがある日突然起動時に現れ、
スキャンし、公式なものに見えたので、修正するを選択しました。
すると、パソコンのドキュメントが開けなくなりました。
エクセルファイルなど、outlookから添付しようとしても、
ドキュメントが起動できないとエラーになります。
これは治るのでしょうか?
また、書かれているような、起動時に表示しないという質問画面がでません。
毎回でるのもなんとかなりますか?
助けてください(T ^ T)
滝沢

投稿: 滝沢 | 2013.04.14 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の日の次の日 2012/06/18 | トップページ | 色を楽しむ その10 2012/06/20 »