« SD1 のノイズ対策。 2012/06/28 | トップページ | DP2 Merrill に足りないもの。 2012/06/30 »

シグマにお邪魔、そして DP2 Merrill。 2012/06/29

前回がいつだったか覚えていない。2008年の4月30日に行っていることは確かなのだけど、その後1回くらいは行っているはず。だけど、確かではない。

今日が DP2 Merrill の発売日発表である事は予想していたのだけど、偶然である。たまたま栗平まで仕事で出向いたついでに寄っただけである。お土産に DP2 Merrill のカタログをもらってきた。今日あたりから、各販売店でも配布しているとのこと。既に入手された方もいるだろう。

しかし、この A4 サイズのカタログの中に1枚だけ見開き全面を使った写真があるのだけど、そのとんでもない描写力には圧倒される。まぁ、ご覧あれ

サンプル画像を見ても、とんでもなく凄い。SD1 で撮影したものから極薄いベールをそっと剥がした様な画像と表現させて頂く。圧巻。言葉が出ない。


今日の発表で気になったこと、驚いたことを挙げておく。

1.SPP 5.3.1 に「倍率色収差補正」が装備されること。

これは「超」が付くくらいのビッグニュースである。レンズのテストをしていて、倍率色収差さえなければ、完璧と言えるレンズが何本かある。8-16mm、50-500mm、50mm F1.4。また、倍率色収差が少なくなれば、もっとスッキリした描写をすると思われるレンズがいっぱいある。それらの画像から倍率色収差が低減される。今までは他のソフトウェアを起動して行わなければならなかった重要なレタッチが SPP のみで可能になる。しかもメーカー純正である。おそらくオートマチックに色収差を補正するモードも持っているはず。素晴らしい!

2.DP2x が販売終了する。

これは「超」が付くくらい残念なことである。今日も使ったけど、これほど手軽に FOVEON 画質が楽しめるカメラはない。値上がりすると思うけど、欲しい方は是非、今のうちに入手しておかれることをお勧めする。


なお、シグマのユーザーサポートにお使いになっているレンズが私のテスト撮影ほどの描写をしないとの問い合わせがあったとのこと。ご自身のお持ちになっているレンズの最良と思われる描写を引き出すためのポイントを3つ上げさせて頂く。

1.三脚を使い、ミラーアップをして撮影する事。三脚座は決して使わないこと。
2.マニュアルでピント調整を行い、合焦していると思われる位置から、0.2mm ステップで前後に5枚ほどずらして計 10 カットほど撮影するシーケンスを最低でも2回行って撮影する事。
3.ノイズリダクションを一切行わず、シャープネス 0 で現像する事。

SD1 で撮影するとどのレンズにも微妙に像面湾曲がある事が判ってしまう。最良点を見つけるには何枚も撮ってみるしか方法がない。


と言うことで本日の1枚。

SIGMA DP1x @f:8.0 1/320Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ニュートラル」

黒川駅 シグマまで 30m ではない。戻る方向に歩いて、30m 先を右に曲がるという意味。曲がってからさらに 50m ほど歩いて左折。坂を登って、下って、信号を渡って、渡った信号をもう一度右に渡って、ファミマの所を右折。すぐの道を左折。そば屋さんを左に見ながら2つめの角を右折。30m ほど行った左側がシグマ本社。黒川駅から約8分。


おまけにもう一枚。

SIGMA DP1x @f:8.0 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ニュートラル」

シグマ本社

しつっこくもう一枚。

DP2x in SIGMA

SIGMA DP1x @f:5.6 1/8Sec. ISO400 EV+1.3
絞り優先AE、ホワイトバランスは「オート」、カラーモードは「ニュートラル」

撮影した順番は下から上です。

|

« SD1 のノイズ対策。 2012/06/28 | トップページ | DP2 Merrill に足りないもの。 2012/06/30 »

コメント

> itto さん

良いと思います。シグマがそれをやってくれるかどうかは別ですが・・・。

投稿: maro | 2012.07.04 07:57

Ricoh GXRのように ユニット交換式を作れないでしょうか。
各レンズに合わせて、最適な設計及びマイクロレンズ配列。

ユニット交換式カメラはFoveon センサーに最適と思います。

投稿: itoo | 2012.07.04 00:31

> ゆうちゃん

私もいつだか銀座で、ばったりお目にかかったことがあります。道案内をしてしまった。(^^;

> オンさん

入れ違いですね。惜しかったです。

投稿: maro | 2012.07.02 08:45

惜しかったです。私も今日午後シグマ本社へ行ってきました、丁度2時ごろ帰りましたが、maroさんにお目にかかれませんでしたね、残念~

投稿: オン | 2012.06.30 01:37

今日は朝からしゃちょうに偶然あってしまいましたw。

投稿: ゆうちゃん | 2012.06.29 23:02

> 名無しさん

ご指摘、ありがとうございます。直しておきます。

投稿: maro | 2012.06.29 22:19

Xはディスコンですか、残念ですね。
今気づきましたが、ブログの日付けが2010年になってますね。

投稿: 名無し | 2012.06.29 21:33

> 佐藤丹さん

ははは。社長やシグマの方々に機会ある毎に「フードはこうしてくれ」と見て頂いた成果でしょうか。

本当はもっと大きくて、一番前にマスクがある方が良いのですが・・・。とにかく余分な光がレンズに当たらないことはハレーションやフレアを防ぐためにはとても重要な事です。

シグマの社内で DP2x を写した DP1x のレンズに左から光が当たってしまい、グリーンのハレーションが出てしまいました。

投稿: maro | 2012.06.29 21:03

DP2Merillのバヨネット式専用フードはmaro式ですね。

投稿: 佐藤丹 | 2012.06.29 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1 のノイズ対策。 2012/06/28 | トップページ | DP2 Merrill に足りないもの。 2012/06/30 »