« まだ見ぬ DP1 Merrill で一つ気になる点。 2012/08/24 | トップページ | DP2 Merrill でいっぱい撮れた日。 2012/08/25 »

DP2 Merrill で気に入っている点。 2012/08/24

【本日2本目の記事】

旧 DP では MF と AF は連動していなかった。これは MF ダイヤルの回転角度が物理的に撮影距離と連動していたためで、致し方のないところである。もし、AF と連動させようと思ったら、MF ダイヤルに撮影距離を表示することはできなかったであろう。ところが、DP2 Merrill の距離環(ピントリング)には目盛りがない。MF を行った時の撮影距離は背面液晶モニタに表示されるだけである。であるが故に、DP2 Merrill では AF と MF の連動が可能になった。

DP2 Merrill の使用説明書にはスケールバーに表示される距離は「目安」と書いてあるが、私の個体では1mm 弱実際より左(より近い距離)に表示されることが判っているので、あまり問題ではない。撮影時に MF を使う場合には AF/MF モードにしておいて、一度 AF で合わせた後、距離環を少し回しただけで、自動的に MF モードになり、フォーカスエイドの位置が拡大されて背面液晶モニターに表示される。合わせた後、距離環を1秒間動かさなければ、拡大されていた画面は元に戻る。

DP2 Merrill の背面液晶は MF でピントを合わせるには十分な表示能力があり、被写体が動いていない場合には簡単にピントを合わせることが出来る。また、一度 AF でピントを合わせた後、FOCUS ボタンで MF に切り換えると、直前に AF で合わせた位置がスケールバー上に表示される。時としてこの機能がとても便利だ。

これでスケールバーに表示される合焦距離指標のズレを簡単に検知できる。つまり、AF で無限遠の被写体にピントを合わせておいて、そのまま FOCUS ボタンを押して MF に切り換えるとスケールバー上に合焦距離が白い点で表示されている。そこが実際にその個体で無限遠にピントが合う位置だ。私の個体の場合は左に1mm 弱ずれている。シグマの技術者さんとお話をさせていただいた時に、この表示位置をユーザーがキャリブレーション出来るように(あるいはオートマチックで調整出来るように)ならないかと相談してみたけど、意外と難しいらしい。

が、いずれにしても上記の方法でご自身がお持ちの DP2 Merrill で MF 時に無限遠にピントを合わせるためには、スケールバーのどの位置に白いマーク(合焦距離指標)を合わせれば良いかがすぐにわかる。忘れたら、また同じことをやれば良いだけだ。当たり前のようだけど、私はこの AF 時の合焦位置を MF に切り換えた時にも覚えていてくれる機能に拍手を送りたい。

また、これは使用説明書を読んでいない人は知らないことだけど、合焦距離指標の左右に赤い帯が表示されている。この赤い帯は絞りを絞ると長くなり、開くと短くなる。つまり、被写界深度を表している。スケールバー自体があまり長くないので実用的とは言いかねるけど、現在の絞り値において、無限遠までピントが来るようにするにはどの位置で合焦させれば良いかがすぐにわかる。

あまり知られていない DP2 Merrill のフォーカシング機能について書いてみた。

|

« まだ見ぬ DP1 Merrill で一つ気になる点。 2012/08/24 | トップページ | DP2 Merrill でいっぱい撮れた日。 2012/08/25 »

コメント

> かずっちさん

スケールバーの帯の色は普通は緑ですね。スミマセン。私のように Cダイヤルに露出補正を割り当てて、左右ボタンを絞り値の変更にしている場合にのみ「赤」になります。

画面に絞り値が表示される色も普通は緑ですが、左右ボタンに絞り値の変更を割り当てている場合には赤になります。

使用説明書にはフォーカシングエリア内に距離の異なるものが同居している場合には AF は正しく働かないと書いてありますので、AF で撮影する時にはそうならない場所にフォーカスエイドを持って行って、シャッターを半押しし、合焦させた後フレーミングを直して撮影しています。

合焦率100%。全く問題ないというのが私の感想です。

投稿: maro | 2012.08.24 23:48

瑣末なことで申し訳ないのですが、スケールバーの帯は赤ではなく緑じゃないですか?私の固体も、説明書も緑なのですが・・。


それはさておき、フォーカスのシステムそのものは、私もすばらしいと思います。
でも、贅沢な要求なのかもしれませんが、フォーカスリングの反応がもう少しリニアにならないかと感じてます。せめてx程度に。


それと、フォーカスフレームの中で、前方にあるものより後方にピントが合う場合が多い気がします。

たとえば、少々遠くに人物が居て、顔がフォーカスフレームの2/3ぐらいの面積の場合、顔にピントを合わせたつもりが背景に合っている・・みたいなことが多い気がします。実験してませんが、経験からそのような失敗が多いです。

これはピンポイントの小さいフレームでも同様です。マクロ撮影のときに狙い通りにならないことが多いです。

三脚でじっくり撮る場合にはマニュアルで追い込めるので何の問題もないですが、手持ちで撮影する場合には気を使います。

これはやはり、カメラの問題ではなく、手振れで背景のほうにカメラが向いたときに半押ししてるってことなんでしょうかね?

投稿: かずっち | 2012.08.24 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ見ぬ DP1 Merrill で一つ気になる点。 2012/08/24 | トップページ | DP2 Merrill でいっぱい撮れた日。 2012/08/25 »