« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

本に夢中。 2012/08/30

昨日は DP2 Merrill で少し写真を撮った。自宅で少し仕事もした。今日は午前中から午後3時過ぎまで大手町と稲荷町で仕事。それ以外は移動中も含めて、ず~~~~っと、本を読んでいる。

現在、「ダブルスター」と「メトセラの子ら」を読み終わって、「月は無慈悲な夜の女王」を半分ほど読み終わったところ。これが終わったら「愛に時間を」を読む予定。


明日で8月が終わる。DP1 Merrill の発売予定が今月中に発表になると予想していた私の読みは外れるかも知れない。が、噂情報が良く掲載されるデジカメinfoでは9月14日が DP1 Merrill の発売予定日となっている。

ここの噂情報はことシグマに関しては確度が高い。過去に何回も公式発表の数日前に正しい情報が掲載されていたことを覚えている。なので、今回もその通りになる可能性が高い。シグマに確認しても「公式発表をお待ちください。」と言われるだけなので、確認はしていないが、信憑性はあると思われる。このところ、シグマの発売予定日の発表は判で押したように発売のほぼ2週間前の金曜日なので、やはり明日かな・・・。

| | コメント (2)

8月が終わろうとしているのに・・・。 2012/08/29

まだ暑い日が続いている。このところ、毎年暑いような気がする。が一昨年ほどの暑さではないような気もする。午後から仕事になるかも知れないので、今のウチに・・・。

今日見た景色 24。朝焼け
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/30Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5

朝の5時前にヨメさんに「空が綺麗よ」と起こされた。せっかく起こしてくれたのに写真も撮らずに寝てしまっては申し訳ないので、朝焼けを撮ってみた。実際にはもう少し明るい感じである。


見上げる
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

順光で撮ってみた。明るいのでピントや手ブレにあまり気を遣わなくて良いから楽だ。ヨメさんに可愛いショコラを撮れと言われている。すなわち、もっとショコラの瞳孔が開いている写真を撮れと言うことなのだけど、見つめている先が余程暗くないと猫の瞳孔は開かない。今夜あたり、またストロボを使って撮ってみようとは思っている。


SD カードを取り出す時にわざとジャンプさせようとしてみたけど、どの DP も全てのカードで飛び出してこなかった。で、SD15 では相変わらず跳び出してくる。個体差かも知れない。ただ、私の SD15 は発売日に購入したものなので、かなり早い時期に作られたものである。

| | コメント (0)

SD カードがジャンプしなくなっていた。 2012/08/28

【本日2本目の記事】

先ほど、日が落ちた後の東の空に出ている月を撮った。DP2 Merrill から「カードが入っていません」攻撃に遭って、デスクトップコンピュータのカードリーダーに差しっぱなしになっているカードを取りに行くのが面倒だったので、いつも持ち歩いているウェストポーチに入れてある「緊急用カード」を使った。

撮影後、何気なく SD カードを指の先で押して、即、弾くように指をずらした。が、SD カードは跳び出さなかった。2年ほど前に、シグマの山木社長に SD15 の SD カードホルダーについて、「取り出す時に指で押し込んだ後、そのまま指を外すと、SD カードがジャンプして外に飛び出してしまいます。」とクレームを付けた。

それに対して、社長から「2度とその様なパーツは使いません。」と返事をもらった。私はそのこと自体は覚えていたけど、SD カードがジャンプするような外し方はしないように気をつけていたため、以前なら飛び出して来るような外し方をしても DP2 Merrill では SD カードは飛び出して来ないことに気がつかなかった。

オヤ?と思って、DP1x でも同じことをしてみたが、やはり SD カードは飛び出してこない。DP2x も確認したが、はやり飛び出してこない。今更だけど、社長はちゃんと約束を守ってくれていたことにやっと気がついた。

もしかすると今売っている SD15 も SD カードが飛び出して来ないタイプに変わっているのかも知れない。

そんなわけでもう一枚。

今日見た景色 23。月と雲と飛行機と
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/25Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,1.0、シャープネス -0.5

| | コメント (4)

家でお仕事。 2012/08/28

今日は自宅で仕事。たいした量の仕事ではなかったので、午前中は少し写真を撮った。と言っても例によってショコラを少し。昨晩は午前3時まで本を読んでいたので、チョット眠い。

何度も読み返す本が3冊あって、一冊は昨晩読んだ「勝利」。「アルジャーノンに花束を」は持っているけど、あと1冊大好きな本が無い。文庫本で出ているのだけど、どうせ買うならハードカバーと言うことで、また Amazon に注文してしまった。ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」である。

私が生きているウチにコンピュータと会話が出来る日は来ないかも知れない。が、コンピュータに携わるものにとって「マイク」や「ミネルバ(愛に時間を・ハインライン)」はいつか語り合ってみたい相手だろう。


と言うことで、作例にはアップ済みだけど、ショコラを1枚。

ごろ寝のアップ
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

| | コメント (0)

珍しく読書。 2012/08/27

コンピュータを仕事にするようになってから、私はあまり本を読まなくなった。仕事が忙しくて、本を読む時間的、精神的なゆとりが無かったのか、あるいは本の世界に浸る快楽を求める必要が無かったのか定かではない。

が、3日ほど前にある本がとても読みたくなって、Amazon で古本を探して手に入れた。その本が今日送られてきた。私が大学生時代に読んだ本でフィリップ・ワイリーというアメリカの作家が書いた「勝利」と言う SF である。今ではあまりその心配が無くなった第3次世界大戦、それも核ミサイルが飛び交う弩派手な戦争が起きた後、アメリカの大富豪が作ったシェルターに残された最後のアメリカ人達が過ごした2年間が描かれている。

なぜ急にこの本のことを思い出して、読みたくなったかは不明だけど、とにかく読みたくなったのだから仕方がない。

と言うことで、今日はブログはお休み。

でも、その本が届く前に撮った、今日の一枚。

今日見た景色 22
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/800Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,1.0、シャープネス -0.5

| | コメント (0)

のんびり留守番、でもなかった。 2012/08/26

昼前に友人からの SOS があって、12年前のノートブックの修理に行った。電源や電源スイッチ、HDD は生きているのに電源を入れてもブートアップシークエンスが始まらない。HDD に一瞬アクセスが起きるのだけど、そこから先が進まない。画面には何も写らない。HDD にアクセスがないので、画面が壊れたわけではない。マザーボードのチップセットあるいは CPU の故障以外には原因が考えられない。

仕方がないのでノートをばらし、HDD を抜き出して外付けにして、デスクトップマシンに必要と思われるデータを全てコピーした。外付けにするためのアダプターをそのまま友人宅に置いてきたので、これからは外付けディスクとして生き続けるだろう。その HDD は6年目くらい前に最初の HDD がクラッシュして、私が取り替えた HDD だったことを今思い出した。


昨日、いっぱい雲を撮ったのだけど、取り敢えず選んだ3枚以外にお見せしたいと思えるものがなくて、そのまま3枚だけを作例画像にアップした。3枚目は現像し直した。同じファイル名でアップしたので、事実上の差し替えとなっている。が、大騒ぎするほどの差ではない。

さて、ヨメさんと「はな」も帰ってきた。沖縄がとても心配。

| | コメント (0)

DP2 Merrill でいっぱい撮れた日。 2012/08/25

例によってヨメさんと「はな」がヨメさんの実家に遊びに行ってしまった。今夜はショコラとお留守番である。


昨日の記事に対してかずっちさんから「スケールバーの帯は赤ではなく緑じゃないですか?」とコメントを頂いた。誠に申し訳ない。その通りで、スケールバーに表示される被写界深度を示す帯の色は「普通は」緑である。

私はCダイヤルで露出補正を行いたいために、「ボタン機能入れ替え設定」を使って、絞り値の変更と露出補正の変更を操作するための設定をひっくり返している。普通は背面液晶に表示される絞り値は緑色で、露出補正値は赤色になっているが、その機能を交換すると、絞り値が赤色、露出補正が緑色で表示されるようになる。実は、かずっちさんに指摘されるまで気がつかなかった。要するに、Cダイヤルで変更できるものが緑色で表示されて、左右キーで変更できるものが赤色で表示されるということだ。う~~~n。芸が細かい。(^^;

そう言えば、もう一つ書き忘れていた。DP2 Merrill で MF を使う時に OK ボタンを押せばその時点でフォーカスエイドがポイントしている部分を背面液晶に拡大表示するけど、その時点でCダイヤルを回すと拡大率が変えられることも意外と知られていないかも知れない。使用説明書を隅から隅まで読むと色んなことが解って、とても面白い。


今朝はショコラを撮って、昼間は少し仕事、良い雲が出てきたので夕方まで夏の空を撮っていた。

今までバッテリーの持ちを気にして、DP2 Merrill ではあまり連写モードは使わなかったのだけど、やはり手ブレが多くなってしまった為、昨日から連写モードで撮影している。驚いたことに連写モードを多用してあまり撮影後の画像チェックを行わなくなったら、バッテリーの持ちが異常に良くなった。

DP2 Merrill の連写速度は4枚/秒となっているが、実際にはそれより少しだけ速そう。私のように鈍いユーザーがのんびりシャッターを押してしまうと、アッと言う間に4枚撮れてしまう。一回シャッターを押したら、3枚の連写をして、少し休んでくれるモードが欲しいと思った。フト気がついたら、オートブラケットがまさにその機能を持っていて、3枚連写すると一度止まってくれる。

露出の補正にはかなり気を遣っているので、オートブラケット自体はあまり必要ないのだけど、せっかくなので使わせてもらった。で、オートブラケットを多用して撮影したら、今日はバッテリーを3回取り替えたのだけど、そのいずれのバッテリーでも 200枚以上撮影できている。ただし、オートブラケット撮影なので、枚数は多くても撮影できているシーンはバッテリー1個あたり 85シーン程度である。だけど、とにかく DP2 Merrill は連写モードで使用した時に多くの枚数が撮れることがわかった。

バッテリー№12 のシグマ純正が 249枚、№8 の ROWA 互換バッテリーが 245枚、№9 の ROWA 互換バッテリーが 263枚も撮影できている。ただし、ROWA の互換バッテリーはどちらも最後の数枚が正しく記録されていない。互換バッテリーは目一杯まで連写モードで使うと、最後の数カットがバッテリー切れで記録されないことがある。互換バッテリーを使う時には、残量表示が赤枠になったら、即、取り替えるべきである。

今日だけで 1,000枚以上撮ったので、まだ全部チェックできていない。取り敢えず3枚ほどここにアップしておくけど、作例画像の方は明日、ちゃんと選んで、しっかり現像したものを掲載させていただく。


今日見た景色 19
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/640Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0



今日見た景色 20
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0



今日見た景色 21
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0、PL フィルター使用

| | コメント (0)

DP2 Merrill で気に入っている点。 2012/08/24

【本日2本目の記事】

旧 DP では MF と AF は連動していなかった。これは MF ダイヤルの回転角度が物理的に撮影距離と連動していたためで、致し方のないところである。もし、AF と連動させようと思ったら、MF ダイヤルに撮影距離を表示することはできなかったであろう。ところが、DP2 Merrill の距離環(ピントリング)には目盛りがない。MF を行った時の撮影距離は背面液晶モニタに表示されるだけである。であるが故に、DP2 Merrill では AF と MF の連動が可能になった。

DP2 Merrill の使用説明書にはスケールバーに表示される距離は「目安」と書いてあるが、私の個体では1mm 弱実際より左(より近い距離)に表示されることが判っているので、あまり問題ではない。撮影時に MF を使う場合には AF/MF モードにしておいて、一度 AF で合わせた後、距離環を少し回しただけで、自動的に MF モードになり、フォーカスエイドの位置が拡大されて背面液晶モニターに表示される。合わせた後、距離環を1秒間動かさなければ、拡大されていた画面は元に戻る。

DP2 Merrill の背面液晶は MF でピントを合わせるには十分な表示能力があり、被写体が動いていない場合には簡単にピントを合わせることが出来る。また、一度 AF でピントを合わせた後、FOCUS ボタンで MF に切り換えると、直前に AF で合わせた位置がスケールバー上に表示される。時としてこの機能がとても便利だ。

これでスケールバーに表示される合焦距離指標のズレを簡単に検知できる。つまり、AF で無限遠の被写体にピントを合わせておいて、そのまま FOCUS ボタンを押して MF に切り換えるとスケールバー上に合焦距離が白い点で表示されている。そこが実際にその個体で無限遠にピントが合う位置だ。私の個体の場合は左に1mm 弱ずれている。シグマの技術者さんとお話をさせていただいた時に、この表示位置をユーザーがキャリブレーション出来るように(あるいはオートマチックで調整出来るように)ならないかと相談してみたけど、意外と難しいらしい。

が、いずれにしても上記の方法でご自身がお持ちの DP2 Merrill で MF 時に無限遠にピントを合わせるためには、スケールバーのどの位置に白いマーク(合焦距離指標)を合わせれば良いかがすぐにわかる。忘れたら、また同じことをやれば良いだけだ。当たり前のようだけど、私はこの AF 時の合焦位置を MF に切り換えた時にも覚えていてくれる機能に拍手を送りたい。

また、これは使用説明書を読んでいない人は知らないことだけど、合焦距離指標の左右に赤い帯が表示されている。この赤い帯は絞りを絞ると長くなり、開くと短くなる。つまり、被写界深度を表している。スケールバー自体があまり長くないので実用的とは言いかねるけど、現在の絞り値において、無限遠までピントが来るようにするにはどの位置で合焦させれば良いかがすぐにわかる。

あまり知られていない DP2 Merrill のフォーカシング機能について書いてみた。

| | コメント (2)

まだ見ぬ DP1 Merrill で一つ気になる点。 2012/08/24

と言っても、全然たいしたことではない。DP1x と DP2x はグリップの色を変えることですぐに見分けが付くようにしていたのだけど、DP2 Merrill と DP1 Merrill には今のところグリップを着ける予定がない。そうなったときに2台を一瞬で見分けられるかどうか自信がない。だから、例えばシャッターボタンをピンクにするとか、電源スイッチをチタンカラーにするとか、C ダイヤルをカーキ色にするとか、モード選択ボタンをグレーにするとかで上から見た時に一目で DP1 Merrill であることが判る何らかの変化を付けて欲しいと思っている。

取り敢えず、私はレンズフードを着けっぱなしにしているのでフードの形を変えることで見分けられるようにしようと考えている。今 DP2 Merrill には SMC TAKMAR 35mm の角形メタルフードの外側をさらにラバーフードで囲った超変態フードを着けている。

DP1 Merrill には純正のフードを使うつもり。そうすれば一目でどちらがどちらであるかの区別は付くだろう。

レンズキャップに関して私は悩んだことがない。DP シリーズのカメラにレンズキャップを着けるのは二度と使わないだろうと思って防湿庫にしまう時だけだからだ。つまり、私はレンズキャップを使うことがない。フードを着けっぱなしにしてあるので、レンズに触れることはまず無いし、撮影開始前にブロアーブラシでホコリを吹き飛ばすだけである。万一レンズが汚れたらクリーナーで拭いてやればよい。保護フィルターも持ってはいるが着けたことはない。


今日も午前中は時間があったので、少し写真を撮った。ここには2枚だけアップさせていただく。

一番好きな遊び道具
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/25Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0


今日見た景色 14
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/40Sec. ISO100 EV+1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,1.00、シャープネス -0.5

| | コメント (0)

FOVEON でモノクローム。 2012/08/23

【本日2本目の記事】

今日の記事で田中希美男氏の記事を引き合いに出した。その次の彼の記事は「モノクロ写真がいいね」と題して、FOVEON センサーで撮影された画像をモノクロ化したものを低感度では「諧調描写がすばらしい。」とし、高感度では「ぞくっとした質感が出てくる。」と評価している。

ただ、田中氏が低感度で述べている「まるでプラスXフィルムを使ってフェニドン単液の現像液で丁寧に現像したように仕上がる。」と言うのは少々問題。フェニドン単液と言うのはいわゆる POTA 現像液で、超軟調現像をするための処方である。モノクロ2階調用のコピーフィルムを普通の調子に仕上げる為の現像液なので、プラスXに使ったりしたらグレーだらけの写真になってしまうのではないだろうか。「メトール単液(D23)」と勘違いしたのかも知れない。でも、私は POTA 現像液で普通のフィルムを現像したことはないので、彼の勘違いと断定することは出来ない。

そして、次に「ISO800~1600の高感度でモノクロ撮影すると、トライXフィルムをD-72希釈現像液で現像したように、ぞくっとした質感が出てくる。」と続くのだけど、これは明らかにおかしい。D-72 は普通印画紙の現像に使う処方であって、希釈であっても、これでフィルムを現像したら、カチンコチンのハイコントラストなものになってしまうはずである。これはおそらく D-76 と勘違いしたのだろう。しかし、私は D-72 でフィルムを現像したことはないので、彼の間違いと断定することは出来ない。(^^;


私がこのブログやウェブサイトでモノクローム(白黒)写真について書いたことはない。なぜなら、全然自信がないからである。私は写真を始めて8年間(23歳くらいまでのアマチュア時代)はモノクロだけで写真を撮っていたのだけど、とうとう最後まで自分で納得の行くプリントを作ることが出来なかった。

実は、私にとってモノクローム写真は出来たら触れたくない領域なのである。難しいと言うよりはわからないと言うのが正しいと思うのだけど、とにかく、私はモノクロが大の苦手である。写真表現としてのモノクロが素晴らしいものであることに全く異存はない。が、私には自分自身で納得の行くモノクローム写真を制作する能力が無い。だから、多分これから先も技術的な部分でモノクロ写真を話題にすることは(多分)ないと思う。

数少ない日本人写真作家の一人である清家冨夫氏は今年「OVERLOOK」でカラーの作品を見せてくれたが、それまではモノクロームのみだった。9月3日から Island Gallery で始まる桐島ローランド氏の写真展も SD1 Merrill で撮影されたモノクロ写真だと言う。必ず見に行く。が、きっともの凄く感動し、そして打ちのめされて帰って来るのだろう。そう言えば、この前ガレリア銀座で見せていただいた増田雄彦氏の写真展「根岸」でもモノクロが良かったなぁ。素敵な写真を撮れる方々を心からうらやましいと思う。

| | コメント (2)

DP2 Merrill のカメラ内 JPEG。 2012/08/23

私は DP2 Merrill を使い始めて 10 日ほどで RAW 専用でしか撮らなくなってしまった。理由は簡単で、SPP で RAW ファイルから抽出できる画像が FINE で撮影したものと全く同じだからだ。つまり SPP で現像する前に非常に短時間で終了する JPEG データの抽出を行えば、撮影時にわざわざ JPEG を SD カードに記録しておく必要は無いと言うことである。現像前に JPEG データの抽出を行うことが面倒だという方がおられるかも知れないが、私は RAW のみでの撮影を強くお勧めする。

田中希美男氏が彼のブログで「JPEGで撮るな、がまんしてRAWで撮れ」と書いている。実際に RAW + JPEG で撮ってみて、カメラ内 JPEG と RAW から現像したものを比較するとその意見はもっともだと思う。

最も違いが大きいのはシャープネスの掛かり方と白飛びである。カメラ内 JPEG(=RAW ファイルに内包されている JPEGデータ)の画像を子細に観察すると、ノイズリダクションがたっぷり掛かっていて、それによって生じた甘さをカバーするためにアンシャープマスクが使われている様な感じであることがわかる。つまり、グレーの中にある黒い部分に少し明るめの縁取りが付くイメージと言えば理解していただけるだろう。

露出オーバーになった部分が JPEG ではあっさりと白飛びする。SPP はそのあたりを実に上手く処理していて、白飛びにはめっぽう強い。RAW で撮影することのメリットを十分に感じることができる。つまり、カメラ内での処理は DP2 Merrill が本来持っている実力を十分に発揮させることが出来ていないと言うべきだろう。

実際にご覧頂くのが一番良いだろう。カラーモードは「ニュートラル」、ホワイトバランスは「晴れ」で露出補正も掛けずデフォルトで写してみた。撮影時のパラメータは全て 0 である。

RAW + JPEG で撮影したカメラ内 JPEG

RAW ファイルから抽出した JPEG データ

RAW ファイルで全パラメータをデフォルトで現像した画像

RAW ファイルからの現像では敢えて何も手を加えていないので、どれほど描写に差があるかをご確認いただけるだろう。ついでに私の好みに現像したものも掲載させていただく。

SPP デフォルトから変更した現像パラメータは、露出 -0.3、シャープネス -1.0、FillLight +0.3、CC 2C+3M
カラーモード「スタンダード」、輝度ノイズリダクション +0.75

ただ、解像感の違いに関してはディスプレイ上に1:1で表示してわかるだけで、A4 サイズ程度のプリントではわからないかも知れない。が、RAW から現像することで、カメラ内 JPEG より豊かな階調が得られることは誰の目にも明らかだろう。

| | コメント (0)

DP2 Merrill でイロイロ撮ってみた。 2012/08/22

今日は午前11時から、午後3時まで仕事。その前とその途中とその後で DP2 Merrill を肩から下げて、イロイロ撮影。例によって下手くそで面白くも何ともない写真ばかりである。が、一応ピントは来ている。数があればそれなりの存在感はあるかも知れないと言うことで、いっぱいアップする予定。

と言うことで、ここにはショコラともう一枚をアップしておく。

洗濯ばさみで遊ぶショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/40Sec. ISO100 EV+1.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0


今日見た景色 8
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/40Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0


8月も下旬となってきた。DP2 Merrill がとても高い評価を受けているせいか、かなり売れているらしい。会津では目一杯頑張って作っていることだろう。そうなると DP1 Merrill を製造するためのリソースが不足して、発売が遅れる可能性が高い。チョット心配である。

| | コメント (0)

そして夕方。 2012/08/21

【本日2本目の記事】

夕暮れてかなり涼しくなってきた。太陽が地平線に掛かる時間。夕暮れの空を撮りたくてシャッターを押した。

夏の夕暮れ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

何と言うこともない写真である。が、そこに写されている景色のリアリティーは今まで目にすることが出来なかった生々しさを持っている。

| | コメント (8)

暑いよぉ。 2012/08/21

本日は自宅でお客さんと電話とメールのやりとりで仕事。予定の分は午後2時で終了。幸い風があるので窓を開けた室内にいる状態ならさほど暑さは感じない。が、外の景色を見るとそれだけで暑さが伝わってくる。

現在の東京電力の電気使用量見通しは90%。「やや厳しい」となっている。これだけ暑いとエアコンの使用が増えるのは仕方ないのだろう。せめて我が家は省エネモードである。

これだけ暑いと、な~~~んにも考えずに撮った写真でも暑さが写ってくれるのではないかと期待して、1枚だけ撮ってみた。

熱気
SIGMA DP2 Merrill @f:5.6 1/640Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「晴れ」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

う~~~n。やっぱり無理か。(^^;

それにしても DP2 Merrill は素晴らしいカメラだ。ただ被写体に向けてシャッターを押すだけでこれだけの写真が撮れてしまう。私のような写真下手には、描写力だけで楽しめる写真を撮らせてくれるとてもありがたいカメラである。

| | コメント (0)

今日の銀座は人人人・・・。 2012/08/20

オリンピックメダリスト達の凱旋パレードがあることを知らずに、仕事がらみで銀座へ。日本橋から乗った銀座線のアナウンスは「銀座駅が混雑しているので、京橋で降りてください。」とのこと。迷わず京橋で降りた。裏道へ抜けるにも、銀座一丁目の交差点を越えなければならない。この暑い中、人混みの中で押されながらの移動となった。

パレードが終わった後も人だらけで、銀座中のレストランや喫茶店、カフェはどこへ行っても行列が出来ていた。さっさと逃げ帰ってきたけど、とても疲れた。

体調はだいぶ良くなって来て、あと一息と言った感じ。暑さに負けぬよう、頑張るしかない。

で、今日の一枚。

お昼寝中
SIGMA DP2 Merrill @f:3.5 1/15Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5

| | コメント (0)

どうしてこんなに暑いの? 2012/08/19

あまりの暑さに外へ出て写真を撮る気にもなれない。体調も完璧という状態にはなっていない。

DP2 Merrill でイロイロ撮っているのだけど、つまらない写真ばかりを量産しているだけで、少々落ち込んでいる。SD カードは一番安い EverGreen(上海問屋)の SDXC 64G を使っていて、何の問題も無い。普通に写している分には、7枚のバッファで足りているので、特に書き込みが遅いと感じる事もない。ただ、SD カードから HDD にデータをコピーする時の速度が SanDisk Extreme Pro 95MB/s の4倍くらい遅いのが、不満と言えば不満。でも、64G で送料込み 3,210 円は十分に安いので許す。

SanDisk Extreme Pro 95MB/s の価格は EverGreen(上海問屋)の4倍である。読み出し速度は確かに4倍速いけど、肝心な書き込み速度は7連写して2秒しか違わない。ただ、これは DP2 Merrill で比較した場合の話なので、他のカメラでは異なった結果になると思う。

まだ夜も更けたという時間ではないけど、明日からの仕事に備えて、少々早めに寝ることにする。おやすみなさい。

| | コメント (0)

バックアップをバックアップ。 2012/08/18

フォーマットされていないとされたバックアップ用ディスクを外付けにしてフォーマット。OS からは見えるようになったけど、S.M.A.R.T を見たら代替処理保留中のセクタが 25 個もあるとなっていた。CHKDSK を掛けたら 17 個に減った。とりあえずこの状態でバックアップのバックアップをしてみた。約1Tのデータをコピーするのに要した時間は3時間37分。このまま使っていて代替処理保留中のセクタが増えるようなら、このディスクも交換しなければならないが、とりあえず様子を見よう。

昨日、交換してもらった HDD を受け取りに秋葉原に出たついでに、マンフロットのLブラケットを買ってきた。カメラを三脚に乗せた時に縦位置と横位置を素早く切り替えるためのものだけど、何が何でも必要と言う類いのアクセサリーではない。ただ、カメラを縦位置にセットしても横位置と同じ様に扱えるのが何かと便利。

体調は相変わらずで、何となくだるい。今日もたっぷり昼寝をしてしまった。が、処方された薬の中に眠くなる成分が入っているせいか、少々眠い。こうして記事を書いていても、何となくだるい。と言うことで、おやすみなさい。

| | コメント (0)

バックアップディスクがまた死んだ。 2012/08/17

一週間ほど前に、データディスクをバックアップしているディスクのウチの1台が死んだため、新品と交換してもらうために販売店に持って行った。今日、メーカーから新品が届いたと連絡をもらったため、取りに行った。

そして、パソコンに取り付けて、もう一台のバックアップディスクも繋いで電源を入れたら、起動しない。そんな馬鹿な!と言うことで、正常だったもう一台のバックアップディスクを外して起動させたら、ちゃんと起動した。

1週間の間にディスクが2台ともいかれるとは前代未聞である。が、間違いなく、先週まではちゃんとバックアップできていた事は間違いない。もう一台のパソコンに繋いでも認識されない(正確にはフォーマットされていないと言ってくる)様なら、これも交換である。

現在、データディスクの全データ約1Tバイトを、新しいバックアップディスクにコピー中。おそらく2時間くらい掛かるだろう。

と言う訳で本日はこれまで。おやすみなさい。

| | コメント (4)

まだ少し変。 2012/08/16

病院へ行ってお医者さんから処方された薬をちゃんと飲んでいるのだけど、今ひとつシャッキリしない。何となくだるいのだ。でも、仕事はしなければいけないので、今日はちゃんと仕事をしてきた。

昨日買ってきたアジャンタのチキンカレーが残っていたので、平らげた。私が知る限りでは最も辛くて、最もおいしいカレーである。しかし、2食で食べてしまったと言うことは1食分 630 円になるので、かなり高い。でも、めちゃくちゃおいしいので許す。

薬の中に眠くなる成分が入っていると説明書きに書いてあるのだけど、確かにそうらしく、薬を飲んでしばらくすると眠くなる。今日はこれと言ったネタも無いし、さっさと寝てしまうのが良さそうだ。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

暑さでヘロヘロ。 2012/08/15

今日は昼寝三昧。夕方に緊急の SOS 電話が入って九段下まで行ってきた。ついでに麹町まで脚を伸ばして、アジャンタ(インド料理屋さん)に寄ってチキンカレーと挽肉カレーをテイクアウト。久しぶりに口の中が燃えるようなおいしいカレーが夕食となった。

薬のおかげで症状は緩和されているのだけど、だるさが残っている。明日は何が何でも仕事に行かなければならないので、今日は早めに寝ることにする。

で、今日の一枚。

桔梗
SIGMA DP2 Merrill @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

| | コメント (0)

金星食は雲の中。 2012/08/14

千葉県船橋市の本日未明の天気は晴れ。確かに天頂にはごく薄い雲が掛かっているだけ。しかし、東の空はしっかりと厚い雲で覆われていた。午前4時まで起きていたが、月を見ることは出来なかった。これで、国内にいる限りは、生きているウチに金星食を撮影する事は出来ないようだ。


夏風邪と思われる症状があまりに長引くので、さすがの私も病院に行って来た。5日分の薬をもらって帰って来たが、お医者さんからはタバコを止めるようにきつく申し渡された。頑張ってみようかしら・・・。


夏休みもあと2日で終わる。私が病院へ行っている間、ヨメさんと「はな」はららぽ~とへ遊びに行った。現在、午後1時45分。彼らはららポ~トで食事中。私は病院内にあるコンビニで買ったパンとコーヒー牛乳で昼食は済ませた。

外は曇り、時々雨の天気であったが、ここへ来て薄日も差してきた。今日の午後はのんびり過ごそう。

| | コメント (0)

今年も★は流れなかった。 2012/08/13

実は、過去5年間、毎年この時期には流れ星を撮ろうと頑張っている。今年は DP2 Merrill のインターバルタイマーと SD1 のキャプチャープロを活用して 500 枚以上撮影したが、流れ星は写ってくれなかった。もちろん、今まで一度も撮影できていない。

流れ星は写っていないけど一枚ずつアップしておく。

昇ってくる昴(すばる)
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @38mm f:3.5 10Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0


昴(すばる)と月
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 6Sec. ISO100 インターバル撮影。
マニュアル露出、MF、ホワイトバランスは「曇り」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0

| | コメント (0)

風邪は少し良くなったかも。 2012/08/12

ヨメさんから写真のプリントを依頼されている。明日の朝までに30枚程度プリントしなければならない。が、ハガキサイズなので、大騒ぎするほどではない。大変なのは私が撮った写真ではないため、色出しが面倒な点である。しかも、普通の方々が見るので、派手な仕上げでなければならない。1枚プリントするのに用紙を6~7枚使ってしまう。


昨日テスト撮影を行った 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM の画像選択と現像が終了。午後1時までにはレンズテストにアップできるだろう。ここにも5枚ほどアップしておく。絞り開放の描写はレンズテストをご覧頂きたい。


SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @18mm f:8.0
倍率色収差と樽型の歪曲が気になる。f:8.0 なので周辺部はさほど悪くない。倍率色収差を SPP で低減すれば、実用上はほぼ問題ない描写。



SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @31mm f:8.0
糸巻き型の歪曲が気になる。倍率色収差を SPP で低減すれば、かなり良い描写と言える。が、DP2 Merrill と比較してはいけない。こちらは マクロ付きの約14倍ズームである。



SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @51mm f:8.0
糸巻き型の歪曲以外は問題なし。かなり良い描写。



SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @106mm f:8.0
高倍率ズームである事が信じられない描写。マクロ並みとは言えないが、驚くほど良い。



SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @250mm f:9.0
高倍率ズームの望遠端でまともな描写は見たことがない。このレンズも周辺部の描写はかなり甘い。倍率色収差が補正出来るようになったので、少しは良くなるかも。

なお、焦点距離は Exif に記録されているものを表示。現像時に倍率色収差補正は行っていない。100mm からいきなり 250mm は間を飛ばしすぎと反省。近いうちに 150mm をテストする予定。



我が家の DP シリーズ用バッテリー。

| | コメント (2)

まだ不調。ゴホンゴホン。 2012/08/11

幸いなことに 15 日までお休みである。が、体調が優れないのは損をしている気分。どこかへ出かける気にもなれない。ヨメさんと「はな」は原宿まで遊びに行ってつい先ほど帰ってきた。現在午後3時15分。天気予報は曇りで、確かに雲が出てはいるが薄曇りの状態で、気温が高く、昨日とほぼ同じで、遠くは陽炎が立っている。

ついポチッとしてしまった Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1 が来たので、DP2 Merrill で RAW Hi マニュアル7連写をやって、最初の撮影時刻から最後のファイルのタイムスタンプまでを調べた。44 秒。Extreme Pro 95MB/s と同じであった。

カード 速度@32G の価格
SanDisk Extreme SDHC 32G Class10 45MB/s x300 UHS-1 44 秒¥2,780
SanDisk Extreme Pro SDHC 32G Class10 95MB/s UHS-1 44 秒¥6,800
Transcend SDHC 32G Class10  45 秒¥1,941
Transcend SDXC 64G Class10  45 秒¥2,413
EverGreen(上海問屋) SDXC 64G Class10  46 秒¥1,605


我が家の全 SD カード。


夕方から、しっかり曇ってくれたので、18-250mm のテスト撮影を行った。が、えらくピントが合わせにくいレンズで、各焦点距離、各絞り値でほぼ 30 枚ずつ撮影。色収差が多いレンズなので、描写力を JPEG のファイルサイズで比較すると判断を誤る可能性があるため、最良画像を実際に1:1で表示させて、目視で比較しなければならない。

つまり、最良画像の選択にものすご~~~~く時間が掛かるため、本日、ここに掲載することが出来ない。明日中には終わらせるので、しばしお待ち頂きたい。

| | コメント (0)

夏風邪で、不調。 2012/08/10

熱はないのだけど、咳と鼻水に少々苦しめられている。せっかくお盆休みに突入したのに、家で安静にしているのが良い様だ。

今朝方、18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM をテストしたのだけど、望遠側がもの凄い陽炎状態。明日は曇りそうなので再度挑戦。とりあえず1枚だけご覧頂くが、これは作例画像のレンズテストには掲載しない。

SD1 + 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM @250mm f:9.0
陽炎のサンプル画像。(^^;


18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM を 250mm まで伸ばすとこんな感じ。

SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/250Sec. ISO400 EV+1.3
色ノイズ 0.5、輝度ノイズ 0.75、シャープネス -1.0

| | コメント (0)

ヨドバシ Akiba 最後の BP-41 2012/08/09

【本日2本目の記事】

今日は会社一つと個人のお客さんお一人を掛け持ち。ついさっき帰って来た。

移動の途中で秋葉原に寄ってヨドバシ Akiba でシグマの DP2 Merrill 用純正バッテリー BP-41 を1個購入。これで当初の予定通り、12個となった。ヨドバシのおねぇさんが、「いっぱい入って来たのにこれで最後です。」と言っていた。またしばらく在庫切れが続きそう。

DP2 Merrill の売れ行きが好調なようだ。と言うことは DP1 Merrill の発売が遅れると言うことだ。もちろん根拠は無い。が、私は DP2 Merrill が売れれば売れるほど作らなくてはならず、DP1 Merrill の製造に人手を割けないと推測しているからだ。もしかすると DP1 Merrill の発売は10月にずれ込むかも知れない。

あ、充電器もあと一台買っておこうと思っていたのに忘れてしまった。とりあえず充電済みが6本あるので、大丈夫だろう。今日買ってきた純正も充電しておこう。


死んでしまった2Tの HDD。メーカーのボックス品なので3年間の保証付き。交換してもらおうと思って販売店に
持って行ったら、さすがに修理品扱い。メーカーの保証書には「交換する」と明記されているのだけど、販売店で
は交換してくれなかった。結局 HITACHI が交換品を送って来るまで待たされるようだ。コンピュータの世界でも
修理とか交換に販売店を経由するのは無駄な手間と時間を増やすだけと言うことがわかった。


18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM をテストしたいので貸してくださいと、大分前にお願いしておいたが、今日、家に帰ったら着いていた。今週末からお盆休みに掛けてテストをする予定。シグマのサンプルギャラリーにアップされているのは全て SD15 による作例である。確かに SD1 で使うのに適したレンズであるとは思わないけど、SD1 で写したら、どの程度写ってくれるのか、皆さんも興味があるだろう。

シグマをイジメル事が生き甲斐の私としては、やはり SD1 で撮らないわけには行かない。当然、あまり良い結果が出るとは思えないけど、おそらく A4 サイズ程度のプリントであれば問題の無いレベルではないかと予想している。どうなりますやら・・・。

| | コメント (0)

DP2 Merrill の互換バッテリー 2012/08/09

フォビオン掲示板にも書いたけど、私は DP2 Merrill に互換バッテリーを使っている。ROWA DMW-BCC12-T と言う、元々は Panasonic 用の互換バッテリーである。1個¥550 であるが、2個セットで¥1,000 で売られている。本来 DMW-BCC12 はキリカキが異なるため使えないはずなのだけど、リコーの DB-60 が DB-65 になった際に、互換バッテリーは全てキリカキを DB-65 に合わせたようだ。DB-60 用としても売られているのだけど、DP2 Merrill に使うことが出来た。

上記バッテリーの仕様が変わったようで、現時点では切り欠きが異なって、DP2 Merrill には使えないそうです。お買いにならないでください

先月の終わりにシグマの純正バッテリーがどこを探しても無いので、仕方なくこのバッテリーを2個買った。そして、使ってみて驚いた。バッテリーの持ちが凄く良いのだ。現時点で2個目の枚数チェックが終わったばかりだけど、1回目の充電で初めの1個は 184 枚撮れた。2個目は 106 枚を越えたところで、おそらく一番バッテリーを消耗すると思われるインターバルタイマーを使って、バッテリーが上がるまで強制的に連写。それでも 158 枚撮れた。他にはシグマとペンタックスのバッテリーを持っているけど、今のところ 95 枚以上撮れたバッテリーは無い。

もう少し使って見ないと何とも言えないけど、あまりにも違うので、取り敢えずご報告。ただし、このバッテリーを使って、何らかのバッテリーに起因する事故が起きた場合にはシグマの保証を受けることは出来ない。しかし、ROWA のバッテリーは SD でも使用しているが、今までに問題が起きたことはない。万に一つが気にならない方にはお薦めする。

明日あたり、あと4個届くはずである。これで DP2 Merrill 用のバッテリーは 11 個。あと1個で目標値である。が、いざというときに充電器が足りなくなる可能性がある。あと1個、買っておいた方が良いかも。


デスクトップパソコンに入れてある HDD の一つが死んだ。BIOS レベルではちゃんと認識されているのだけど、このディスクを接続すると(カセット式なので、「ON にすると」が正しい。)、コンピュータが起動しない。2台目のバックアップ用ディスクなので、特に問題は無いが、バックアップが1台しかない状態は気に入らない。HITACHI のボックス品(OS03191)なので、保証は3年ある。購入時のレシートも外箱の中に入れてある。今日は夕方から九段まで出なければいけないのだけど、その前に秋葉原に寄って交換してもらおう。

現在、データディスクはほぼ1Tバイト使用済み。1Tのデータをコピーするのにどれくらいの時間が掛かるのだろう?


昨晩、SanDisk の SDHC 45MB/s 32G をポチってしまった。週末には来るようだ。


さて、ユーザーさんが OS を Windows 7 に変えたら、私の作った商品発注用エクセルシート作成プログラムの動作が1ヶ所だけおかしくなったと言ってきた。Vista でもそうだったのだけど、MS Access の SendKeys 命令が正しく実行されないバグである。SendKeys 命令を使わない様に修正して、メールで送った。

| | コメント (6)

DP2 Merrill の SD カード その2 2012/08/08

Transcend の SDXC 64G が届いたので、DP2 Merrill での速度を調べた。

カード 速度@32G の価格
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 32G  44 秒¥6,800
Transcend Class10 SDHC 32G  45 秒¥1,941
Transcend Class10 SDXC 64G  45 秒¥2,413
EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G  46 秒¥1,605

Transcend Class10、64G と 32G で速度は変わらないので 64G 1枚にするか、32G 2枚にするか悩むところ。普通、カードを交換出来ない状態で 500 枚以上続けて撮影しなければならない事態はまず考えられないので、32G 2枚が合理的だと思う。ひたすら価格を追求すれば、上海問屋でも良いと思う。ただし、バーゲン価格で売り出されるのを待つ必要がある。

Transcend の高速版や SanDisk の 45MB/s、あるいはその他のメーカーの SD カードだとどの程度の速度が出るのか、チョット気になる。どなたかにチェックして頂けると嬉しい。テスト方法は昨日書いた通りで、とても簡単である。と言うことで、フォビオン掲示板でお願いのスレッドを立てた。DP2 Merrill 用の安くて速い SD カードは何か?数日のウチに判明するだろう。


ついでに現在私が所有していて、すぐに見つけることが出来た SD カードのベンチマークを取ってみた。CrystalDiskMark 3.0.1 64ビット版、USB3.0 接続のカードリーダーを使って、50M バイトのシーケンシャル3回。書き込みが遅い順に並べてある。単位は メガバイト/秒。

カード読み込み書き込み
EverGreen(上海問屋) Class6 SDHC 8G  22.53 13.77
Transcend Class10 SDXC 64G  21.44 15.23
GreenHouse SDHC Class10 8G  23.26 17.04
Transcend Class10 SDHC 32G  23.26 17.47
EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G  23.50 18.23
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 32G  92.42 78.40
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 16G  91.97 79.63

SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC はブッチギリで速い。が、DP2 Merrill ではあまりその恩恵に浴することが出来ない。ただし、撮影後 SD カードから HDD にデータを転送する際の読み出し速度はとても速い。高価ではあるが、非常に多くの枚数を撮影する方にはお薦め。

| | コメント (0)

DP2 Merrill に使う SD カード 2012/08/07

カメラ内 JPEG がかなり使えることはわかっているのだけど、仕上がり具合を調整したいとなると、どうしても RAW で撮影しておきたい。そして JPEG でも記録しておけば、すぐに画像のチェックが出来る。と言うことで、始めのうちは RAW + JPEG で撮影していた。不思議なことに書き込みに要する時間は RAW だけと RAW + JPEG を比較してもほとんど変わらない。もっと不思議なことに DP2 Merrill では SD カードの種類によって異なるが、RAW + JPEG のが速く書き込みが終わることもある。

しかし、SPP で RAW ファイルに含まれている JPEG 画像を抽出するのに必要な時間は現像前の一瞬で済む。画像のチェックはその抽出した画像で十分である。それを考えると、RAW + JPEG で撮影することにあまり大きなメリットはない。

そんなわけで、いつしか RAW オンリーで撮影するようになってしまった。単に、そこに何があったか、そこで何が起きたかと言った、画質を考慮しなくて良い写真を多量に撮影する場合には、逆に JPEG のみでの撮影で良いとも思うけど、そのような類の写真を撮らなければならない状況には、一度も遭遇していない。

へるまんさんとお話しさせて頂いたときにも、彼は RAW オンリーだと言っていた。撮影時には、ほんの一瞬でも書き込みは速い方が良いと言っていた。SD1/SD1 Merrill では確かにその通りだ。反対する理由は何もない。

基本的にはその写真をどのような目的で撮影するのかに合わせて選択するので、何が何でも RAW と言うことではないのだけど、私の場合は上手く撮れた写真は作例画像としてウェブサイトに掲載する目的があるため、どうしても RAW で撮影しておくことになる。が、画質にこだわる必要がない写真の場合は、JPEG、それも BASIC 画質で良いとは思う。


さて、DP2 Merrill に使う SD カードで、コストパフォーマンスを考慮した場合にどんなカードが良いのかを調べてみた。DP2 Merrill は SDXC に対応しているので、64G の SDXC カードが使える。そこで、取り敢えず安いカードを2枚買ってみた。EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G と Transcend SDHC Class10 32G である。上海問屋の 64G SDXC カードは普通は 3,999円で売られているが、時々 2,999円で販売される。送料を入れても 3,209円なので、かなりの割安感がある。Transcend SDHC Class10 32G は 1,941円でいつでも買える。

で、書き込み速度を調べてみた。その際に書き込み速度を測定する非常に簡単な方法を思いついたので、その方法を書いておく。

1.カメラの露出モードはマニュアル露出。絞り適当、シャッター速度 1/160 より速い速度、MF、ホワイトバランスは「晴れ」、レンズキャップをする。
2.ドライブは連写モード。
3.シャッターを押して、バッファフル(7枚)まで連写。
4.1枚目の撮影時刻から7枚目の RAW ファイルのタイムスタンプまでの秒数を調べる。

これだけである。撮影後、SPP でファイルの撮影情報を見れば、1枚目が撮影された時刻はわかる。そして7枚目のファイルのプロパティを見れば、そのファイルが記録された時刻(タイムスタンプ)がわかる。7枚目のファイルのタイムスタンプから1枚目が撮影された時刻を引けば、7枚を連写して、書き込みが終了するまでの時間(秒数)を知ることが出来る。ストップウォッチや腕時計とにらめっこする必要はない。

で、上記の方法で測定した DP2 Merrill での RAW のみの書き込み時間は以下の通り。

カード 速度@32G の価格
SanDisk Extreme Pro 95MB/s SDHC 32G  44 秒¥6,800
Transcend Class10 SDHC 32G  45 秒¥1,941
EverGreen(上海問屋) Class10 SDXC 64G  46 秒¥1,605

DP2 Merrill の場合はあまり高価な SD カードは必要なさそうだ。もう一枚 Transcend Class10 SDXC 64G が来る予定なので、来たときに速度を調べてみよう。


SDXC カードについてご注意。

DP2 Merrill は SDXC カードに対応しているが、現在使用中のパソコンで SDXC カードが使えるかどうかを確認して購入しなければいけない。

私の場合、デスクトップマシンは Windows7 で USB3.0 のカードリーダーは SDXC に対応しているので、問題はない。が、ノートブックは Windows XP なので、SDXC に対応したカードリーダーを購入し、OS に exFAT ファイルシステムサポートプログラムをインストールする必要があった。

| | コメント (7)

荒天 2012/08/06

照りつけたかと思ったら急に雲ってドカッと雨が降り。アッと言う間に止んで穏やかな天気。でも東京では土砂降りの所があるらしい。

オリンピックを見たかった訳ではないけど、朝早く目が覚めてしまった。日の出前の東の空が綺麗だったので DP2 Merrill で写真を撮った。まだ薄暗い状態だったけど、朝焼けや夕焼けはかなり暗いウチのが綺麗に写ることを経験から知っている。

夜明け前
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/6Sec. ISO100 EV-2.0
絞り優先AE、AWB、MF。カラーモードはスタンダード。
ノイズリダクションは共に真ん中。シャープネス 0。

DP2 Merrill のカラーモードをスタンダードにするとやや派手目になる。この手の写真では普通、彩度を上げるのだけど、私は少し下げた。

ショコラはワクチン接種後のかったるい状態を脱したようだ。少し元気になった。

体調がイマイチ。チョット無理して仕事に出たけど、明日は自宅で仕事の予定。オリンピック中は、つい寝不足になる。暑い中、体に気をつけて、過ごしましょう。

| | コメント (2)

@Nifty での FTP 接続復旧 2012/08/05

【本日2本目の記事】

と言っても、@Nifty が措置をして直ったのではなく、私が FTP パスワードを新たに発行してもらい、それをさらに変更することで原因を突き止め、その原因を回避することで FTP ソフトによる接続が出来るようになっただけである。

@Nifty のホームページサービスへファイルをアップロードするために私は NextFTP を使用している。もう、10 年以上このソフトだ。そしてこの2年ほど FTP ログインのパスワードは変更していなかった。それが、突然「パスワードが間違っています」エラーになった。

@Nifty からの指示で FTP パスワードを再発行させて、そのパスワードでログインしたら、問題なくログインが出来た。そして、そのパスワードを今まで使っていたものに変更したら、再びログインが出来なくなった。

なぜか @Nifty の FTP サーバーがログイン用のパスワードを8文字分しか認識しなくなってしまったようだ。こちらがログインパスワードを8文字にすることで、現在では問題なく接続出来ている。本来、@Nifty の FTP パスワードは8文字以内だった様で、私がついこの前までログインできていたのは、ログイン時に FTP サーバーがパスワードの文字数の制限をしていなかったか、先頭の8文字だけを比較していたからなのだろう。

いずれにしても、悩み事が一つ減った。


なんか、夏風邪を引いてしまったようで、体調がイマイチ。女子マラソンを見たら寝るとしよう。

| | コメント (0)

やっぱり凄い DP2 Merrill 2012/08/05

DP2 Merrill の凄まじい解像力に少々違和感を感じつつも、現像で少し甘くすることで自然な感じを出せるようになったと思う。

私の場合、被写体の種類やその写真で表現したいものによって多少の違いはあるけど、色ノイズリダクション真ん中(0.5)、輝度ノイズリダクション 0.75、シャープネス -1.0 で不自然さをあまり感じない気がする。


今日は DP2 Merrill で無限遠の風景を撮った時に最良の描写をする絞り値を調べて見た。ディスプレイに1:1で表示させて、肉眼で確認する限り、f:3.2 から f:7.1 までの描写にはほとんど差が無い。かなり面倒ではあったけど、短時間の間に絞り値を変えて撮影したいつもの風景をほとんど同じ条件で現像して、JPEG ファイルをレベル 12 で保存して、そのファイルサイズを比較した。

f: 2.8 13,963,937
f: 3.2 14,175,624
f: 3.5 14,237,986
f: 4.0 14,504,751
f: 4.5 14,602,523
f: 5.0 14,626,544
f: 5.6 14,466,005
f: 6.3 14,393,492
f: 7.1 14,173,734
f: 8.0 13,926,387
f: 9.0 13,564,021
f:10.0 13,264,854
f:11.0 12,815,265
f:13.0 12,355,749
f:14.0 11,806,212
f:16.0 11,446,414

何度もこの JPEG のファイルサイズによる描写力の比較に関して注意点を書いているが、今回も同様の注意を払って撮影し、現像したものを比較してあるので、ファイルサイズが大きいほど緻密な描写になっていると判断して良いと思う。

JPEG のファイルサイズによる描写力の比較を行う場合には・・・

1.カメラ及びレンズが同じである事。
2.被写体が同一である事。
3.平らな被写体を撮影する事。(画面全体が被写界深度内であればOK)
4.同じ条件で撮影する事。
5.現像のパラメータは全て同じにして、露出のみを変更して、明るさを揃えること。(これが面倒)
6.ノイズの影響を避けるためノイズリダクションを掛けること。

以上の条件を守らないと JPEG のファイルサイズによる比較では判断を誤ることになる。

例えば、f:2.8 のファイルを「オート」で現像するとノイズリダクションは共に 0.5 となり、シャープネスが 0 となるため、ファイルサイズは 15,120,703 となり、他のどのファイルよりも大きなサイズとなる。また、ノイズリダクションを共に 0 にした場合には、シャープネスを -1.0 にしても 16,946,449 になる。ノイズがどれほど JPEG のファイルサイズに影響してくるかが良くわかる。なので、レンズの描写をファイルサイズで比較する場合には、極力ノイズを抑えなければならない。しかし、ノイズリダクションを最大まで上げてしまうと、細部の描写が明らかに甘くなってしまうため、今回の現像は全て上記の条件(色ノイズリダクション 0.5、輝度ノイズリダクション 0.75)で現像し、シャープネスは -1.0 にしてある。

実際の画像をご覧頂こう。


@f:2.8(絞り開放)13,963,937 バイト


@f:4.0 14,504,751 バイト


@f:5.0(JPEG ファイルサイズ最大)14,626,544 バイト


@f:5.6 14,466,005 バイト


@f:8.0 13,926,387 バイト


@f:11.0 12,815,265 バイト

おまけ


@f:2.8 を「オート」で現像(シャープネス 0、ノイズリダクション共に 0.5)15,120,703 バイト

ご覧頂いてお判りの通り、f:2.8 から f:8.0 まで、十分に良い描写をしている。その差を肉眼で確認するにはディスプレイ上に2枚の画像を1:1で表示しておいて、画像を瞬時に切り替えて比較しないと違いを見つけることは難しい。

それにしても暑い。暑さにやられぬよう、気を付けましょう。

| | コメント (4)

暑さはほどほど。眠い。 2012/08/04

昨晩は遅くまでオリンピックを見てしまい、少々眠い。ナデシコジャパンの美しいサッカーは感動ものだった。今夜は男子サッカー、幸い午後8時からだ。

今日はショコラに3種混合ワクチンを接種してもらうために動物病院へ連れて行った。尿に結晶が出ているのだけど、ワクチンとは関係ないとのことで、第1回のワクチン接種。2回目は1ヶ月後である。

友人が行きつけのダイニングバーのオーナーが飼っている同じキジトラのペレ(サッカーのペレではなく、ハワイの火の女神だそうだ)の通い夫になる話が浮上しているので、去勢手術はペンディングである。チョット気になるのはペレちゃんが健康診断を受けていないこと。お医者さんに相談したら、出来たら伝染性の病気を持っていないことは確認してもらった方が良いとのことだった。


あまり意味はないのだけど、DP2 Merrill と DP1x で同じ景色を撮ってみた。DP1x の画角を DP2 Merrill の画質で撮影したものが DP1 Merrill の写真になるはずである。想像して欲しい。

SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AWB、AF。カラーモードは「ニュートラル」
露出 -0.2。FillLight +0.3。シャープネス 0。CC 5C+6M。ノイズリダクションは真ん中。

SIGMA DP1x @f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AWB、AF。カラーモードは「ニュートラル」。
露出 0。FillLight +0.3。シャープネス 0。CC 7C+6M。ノイズリダクションは使用不可。

| | コメント (3)

いやはや暑い。 2012/08/03

昨夜発生した @Nifty の FTP トラブルは相変わらずで、IE の FTP でもダメ。仕方がないので Nifty のウェブサイトのホームページ管理画面からのアップロードを行った。昨晩送ったメールでの問い合わせに対して返事がなかったため、生まれて初めて @Nifty のユーザーサポートへ電話した。@Nifty でもこのトラブルは認識しておらず、間違いなく障害が発生していることを確認して貰った。至急調査の上、トラブルの解消に努めるとのこと。全然アップロードできないわけではないので良しとしよう。


今日は自宅で仕事。仕事の合間にショコラを撮影。ストロボの直射はしていないのだけど、やはりあまり好きではなさそうだ。今日のショコラは SD1 + MACRO 70mm である。

この3枚も例によって作例画像の [SD1/SD1 M/DP2 M] に上げてあるので、撮影データなどはそちらをご参照いただきたい。

| | コメント (5)

maroのウェブサイト更新不能。 2012/08/02

【本日2本目の記事】

本日午後8時に @Nifty のサービスを使用している私のウェブサイトにファイルをアップしようと FTP で接続する際に ID とパスワードが正しいにもかかわらず、530 Login incorrect (ログインが不正)エラーでサーバーに接続できない状態になっていることがわかった。

作例画像のサーバーには問題なく繋がるし、その他の5箇所の異なる FTP サーバーには全く問題なく繋がる。また、所有している3台パソコン全てで同じ状態なので、@Nifty の FTP サーバーでの認証に不具合が出ている可能性が非常に高い。過去にもこの様なことが1度あったが、短時間のウチに復旧した。

今回の不具合は午後8時30分に @Nifty には報告済みなので、2時間以上が経過している。幸い大きな実害はない。この雑記帳の HTML 版がアップデートできないだけだ。

閲覧するのには何の問題もないので、訪問者の方々に迷惑は掛かっていない。私にとっては大騒ぎしなければならない問題ではないけれど、緊急性のある方には困った状態であろう。

この障害が広範囲のユーザーに対して起きていないことを祈る。

| | コメント (0)

今日も暑かった。 2012/08/02

梅里さんに長いことお借りしていた NIKON D800 とレンズいっぱいをお返しした。しばらくこの夏の上天気が続くはずで、これ以上お借りしている訳には行かない。最低限の目標は達成したと思うので、7月9日以降の記事をご覧頂ければ、D800 および D800E の描写性能はお解り頂けると思う。

NIKON D800 はとても良いカメラである。敢えて悪口を書けば SD1 と全く同じで、非常に高い描写性能を持っているため、ピントが甘かったり、わずかでもブレたりするとその実力を発揮できない点であろう。SD1 が NIKON D800 の持っている機能、性能を身につけるまでは、かなりの時間が掛かるだろう。カメラメーカーとしての歴史やノウハウの積み重ねを考えれば、致し方のないところだ。


フォビオン掲示板に書いてしまったけど、私は DP2 Merrill の書き込み速度を SD1/SD1 Merrill が獲得すると予想している。まぁ、これは誰でも考えつくことで、同じセンサー、同じ画像処理チップを搭載し、より長持ちするバッテリーを使う SD1/SD1 Merrill が DP2 Merrill に出来ることを出来ないわけがない。

また、DP2 Merrill の QS メニューの操作方法やカスタマイズ機能はなるべくしてなった完成形で、これもまた SD1/SD1 Merrill に搭載されない理由が見あたらない。

SD1/SD1 Merill はダイヤルを2つ持っていて、絞り優先 AE やシャッター優先 AE、プログラムAE でのパラメータ変更をどちらのダイヤルでも出来るようになっている。信じられないアホな仕様で、任意のダイヤルに露出補正値の変更を割り振れる様にすべきである。

SD1/SD1 Merill のライブビューに関しては現時点でペンディングになっているか、諦めたかのどちらかである。非公式なシグマ技術者さんとの会話でそう感じた。


さて、ボチボチ DP1 Merrill の発売日が発表になってもおかしくない。早ければ今月中、遅くても来月には発売になるような感触を得ている。プロトタイプを使った某カメラマンさんから「凄い」との情報を得た。大いに楽しみである。

しかし、DP1 Merrill の発売時期に関しては意外な問題がある。DP2 Merrill の売れ行きである。DP2 Merrill が売れれば売れるほど DP1 Merrill の発売が遅れる。理由は簡単、シグマにはそれほどの製造能力がないからだ。また、DP2 Merrill と同時に発売できなかったのも、同様の理由。供給が追いつかなくなる可能性が高かったからである。もちろんこれは私の邪推である。確証は何にもない。が、そう考えると DP Merrill が同時に発売されなかった事がスッキリと理解できるのである。

| | コメント (0)

お天気不安定。 2012/08/01

スカッと晴れたかと思えば、急に雲が出てきて雨がパラリ。その後、すぐまた晴れ。地平線には雲がモクモク。テスト撮影者泣かせの天気である。


ショコラの健康診断が一通り済み、血液検査でチョット気になる値が出たので、尿検査をした方が良いですと言われて、今朝、仕事に行く前にショコラのおしっこを採取して、病院へ持って行った。

仕事をしていたら、ケータイに電話。尿に結晶が出ていますと言うことで、仕事が終わってから病院に行った。顕微鏡で拡大した画像を見せられて「ストルバイトですので、体質改善食を1ヶ月ほど与えてください。」と言われた。膀胱炎になっているといけないのでと言うことで抗生物質と鎮痛剤もらう。尿検査とそれらの薬剤で5千円ばかり掛かった。尻尾の傷の治療に始まって、虫下し薬、ノミ駆除薬、血液検査、ウィルス検査、ウンチの検査、尿検査、そして薬剤。何だかんだで2万5千円ほど掛かっている。これから先、体質改善食だけでも1ヶ月で6千円ほど掛かる。猫をちゃんと飼うのは意外とお金が掛かると言うことがわかった。モデル代だと思えば安いのかしら・・・。(^^;

ウィルスとか白血病、猫エイズなどの重篤な病気や寄生虫などもなくて健康優良児だと思っていたが、病気というレベルではないのだけど、このまま放置すると結石になって、最悪の場合「尿閉」つまりおしっこが出なくなるとのこと。

インターネットで調べたら、ストルバイトは尿がアルカリ性である続けることが最大の原因だそうで、運動を良くさせることが最大の予防になるらしい。ただ、いわゆる家猫の場合は満足に十分な運動をさせることが難しい。跳び上がりや跳び降りを一日に何度もさせるにはどうしたら良いのか?しばし悩んでみよう。

と言うことで、本日はこれまで。

えらそうなショコラ
SIGMA DP2 Merrill @f:5.0 1/500Sec. ISO200。マニュアル露出、天井にストロボ一発。

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »