« ザ・レンズクリエーター 2012/09/18 | トップページ | 仕事が一段落。昨日の続き。 2012/09/19 »

フォトキナで発表された新製品たち 2012/09/18

昔、まだ私が若かった頃、具体的には 1970年頃から、コンテンポラリーフォトグラフ(コンポラ調写真)と呼ばれる写真のジャンルが生まれた。それまでのアーティスティックな写真ではなく、さりとて写実主義的なものでもなく、報道的なものでもなかった。敢えて説明的な表現をするのであれば「日常的な心象風景写真」と言うべきだろうか。日本では「コンポラ調」でひとくくりにされてしまうけど、当時、写真はキッチリ撮るものとされていたことに真っ向から疑問を投げかけ、ピンぼけやブレを否定することなく、目の前にある景色を感性で切り取ることをその目的とした類の写真である。

ただ、一口にコンポラ調と言っても非常に多くのバリエーションがある。そういった写真を撮影した人々が特定の枠にはめ込まれること、あるいは他の人と同じと思われることを良しとしない傾向が強かったため、コンポラ調と呼ばれてひとくくりにされることを嫌がる人もいたようだ。

あまり若くなくて、写真に興味のある人は contemporary と聞くと上に書いたようなことを思い浮かべるだろう。もちろん私もそうだ。長いこと私は contemporary を「日常的な」という意味だと思っていた。しかし、私が愛用するリーダーズ英和辞典には「日常的な」という訳は出ていない。contemporary の正しい日本語訳は「現代の」「最新の」である。

シグマが今日発表した「新コンセプトに基づくプロダクトライン」の一つは Contemporary である。どうやら「最新の」と言う意味らしい。その他が Art と Spots なので何となくこれだけしっくり来ない。しかし、私の英語力なんかは社長の足下にも及ばないし、グローバル企業であるシグマのことだ、ちゃんとネイティブスピーカーに確認を取っての命名であるはずだから、私の心配はいらぬお世話以外の何物でもないだろう。


私がフォビオン掲示板に超無責任モードで予想した新製品のウチ、一つだけは実現するようだ。今日以降発売される製品名から EX は無くなってしまうようなので、SIGMA 35mm F1.4 EX DG HSM ではなく、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM となる。非球面レンズ2枚、FLG ガラス製レンズ1枚、SLD ガラス製レンズ4枚を含む 11群13枚の単焦点。色収差を徹底的に除去するためのレンズ構成と見た。さぞかしアーティスティックな描写をしてくれることだろう。11月が楽しみだ。


これまた余計な心配かも知れないが新しい 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM と現在販売されている 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM は製品名が全く同じである。最初か最後に C を付けるのかしら。これは来年まで待たされるようだ。

120-300mm F2.8 はデザインが変わるだけのような気もしないではない。今でも十分に良いレンズである。これも来年が発売予定らしい。

USB Dock は実に面白いアイディアである。シグマは 2005年くらいから全てのレンズに内蔵されている ROM を順次フラッシュ化して、現在では全てのレンズがフラッシュ ROM を搭載しているはずだ。その AF コントロール部のファームウェアのさじ加減をユーザーに開放するとは・・・。S レンズはフォーカスリミッターのカスタマイズまで出来るという。う~~~~n。

そして、ユーザーには直接の関係はないが新しい MTF 測定装置 A1。受光部に新 FOVOEN センサーを使った MTF 測定装置である。私は A1 と聞くと昔サブ機として愛用していたキヤノン A1 を思い出す。Analyzer 1 の意味だろうと思ったら、Aizu 1 だそうだ。いかにもシグマらしい。チョット興味があるのは A1 に使われている FOVEON センサーの枚数だ。1枚だけでは APS-C(ハーフサイズ)の面積しか測定できないので、最低でも2枚。もしかしたら3枚使われている様な気がする。

おっと、忘れていた。今日の一枚。

今日見た景色 39 朝の雲
DP1 Merrill @f:7.1 1/1250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「風景」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス 0

|

« ザ・レンズクリエーター 2012/09/18 | トップページ | 仕事が一段落。昨日の続き。 2012/09/19 »

コメント

> po さん

情報ありがとうございます。

取り敢えずシグマの公式発表と digitalCamera.jp のフォトキナ速報からの情報を元にしました。

まぁ、その内詳細が判るでしょう。

投稿: maro | 2012.09.18 21:43

maroさんこんばんわ。
impressやdpreviewの記事だと、120-300mmは、フォーカスリミッターが付き、
防塵防滴仕様になった、とあります。SIGMA社のページにはそのような記載は今のところありませんが・・・
また、USB DOCKは、新レンズからの対応になるとも書いてあります。
(impressの写真では現在のレンズでデモをしている写真のようですが)

投稿: po | 2012.09.18 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ザ・レンズクリエーター 2012/09/18 | トップページ | 仕事が一段落。昨日の続き。 2012/09/19 »