« 本に夢中。 2012/08/30 | トップページ | 「はな」満 10歳。 2012/09/01 »

DP1 Merrill。 2012/08/31

今日、DP1 Merrill の発売日が発表になった。2週間後の9月14日である。価格は DP2 Merrill と同じくらいらしい。19mm F2.8 なのだから、もう少し高くても仕方ないと思っていたが、良い意味で予想が外れた。

新宿へ出る用事があって、ヨドバシの2階へ行き、シグマのA氏に DP1 Merrill のカタログを見せてもらった。A4 見開きの写真(DP1M-06)があったけど、十分に美しい写真だった。

機能的には DP2 Merrill とはレンズが異なるだけだと思っていたら、ISO 感度が 1/3 ステップで設定可能になっていたり、ISO Auto の変動値をユーザーが設定できるようになっていた。

カタログには載っていないのだけど、速度優先 AF モードも選べるようになるらしい。で、これらの追加機能は当然 DP2 Merrill でも追加可能で、ファームウェアのアップデートで対応されるようだ。

DP2 Merrill とはレンズが異なるので、それに対応した SPP が必要になるはずなので、SPP もバージョンアップされるはずである。DP1 Merrill のスペシャルサイトへ行ってみたけど、さすがに SPP はまだアップデートされていなかった。SPP もついでに少し機能を追加して欲しいけど、単に DP1 Merrill に対応しただけのバージョンらしい。

いずれにしても、あと2週間で発売である。当初は8月中に発売になるだろうと思っていたのだけど、(多分)DP2 Merrill が売れすぎたせいで、製造が間に合わず9月の発売になったと推測している。2月の段階でレンズの開発は終わっているという話を聞いていたので、製造に向けるためのリソースが不足してしまったこと以外、これほどの時間が掛かった理由が思いつかない。


昨日と今日、少し撮っているのでアップ!

今日見た景色 29。ツタ
SIGMA DP2 Merrill @f4.5 1/80Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「日陰」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.0

おすまし顔
SIGMA DP2 Merrill @f:4.0 1/4Sec. ISO200
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「蛍光灯」。カラーモードは「ニュートラル」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -1.0

カメラ目線
SIGMA SD1 + 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM @45mm f4.5 1/125Sec. ISO100 ストロボをバウンス。
マニュアル露出、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -1.0

|

« 本に夢中。 2012/08/30 | トップページ | 「はな」満 10歳。 2012/09/01 »

コメント

解説ありがとうございました。

確かに、メリルを使いこなしているであろう方であればあるほどピントが合っているかいないかの判断はシビアでしょうね。

自分なりの被写界深度早見表をつくるなり、マニュアルフォーカス時の被写界深度の帯を参考にするなりして、マニュアルで置きピンすれば良いって事ですよね。

いろいろとありがとうございました。

投稿: かずっち | 2012.09.02 20:15

> かずっちさん

「最適パンフォーカスモード」はどの程度の甘さを「ピンぼけ」とするかと言う値をユーザーが設定することができない限り、ファジーなものになるためにメーカーとしては出来ないと思われます。

古い時代に採用されていた「許容錯乱円径は 1/30mm」を採用した場合には6ピクセルのボケが許容されますので、かなり深い被写界深度になると思われますし、もし1ピクセルで表現されなければいけない被写体が2ピクセルになってしまったら「ピンぼけ」と定義してしまうと、許容錯乱円径は 1/100mm となりますので、かなり浅い被写界深度となります。

例えば DP2 Merrill で 1/100mm を許容錯乱円径とした場合、f:5.6 で 15m に合わせた場合は 7.75m から 210m が被写界深度で、昔の 1/30mm の場合は 3.65m から無限遠が被写界深度となります。

ちなみにかずっちさんが例に挙げた値(手前8m)は許容錯乱円径を 1/100mm よりも小さい 0.009375mm に設定した場合の値で、後方被写界深度は 105m です。もし、この許容錯乱円径で絞り値 f:5.6 の場合に無限遠まで合焦させる場合には撮影距離は 17.15m でなければなりません。その場合には、手前の被写界深度は 8m57cm から始まります。まぁ、これはあくまでも計算値ですので、あまり厳密に考える必要はありませんが、この「ボケの許容値」をユーザーが設定できないと、ある人にとっては浅すぎ、ある人にとっては深すぎることとなります。

SPP5.3.1 の LensDatabase の中身を見てみました。確かに DP1 Merrill は登録済みですね。ただ、これは色収差補正用のパラメータファイルのようです。

あと 107 であるはずの 180mm F2.8 が 8003 になっていたり、883 であるはずの 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM が 8004 になっていて面白かったです。なぜかしら?

投稿: maro | 2012.09.02 19:34

速度優先AFモード、よくわかりました。ありがとうございます。要するに、DP2xと同じ仕様ということですね。途中経過より結果がすべてですので、体感的に早くなるのであれば大歓迎です。

それと、どうせなら、「最適パンフォーカスモード」を作って欲しいです。無限遠から手前まで、絞り値に合わせたピントをあらかじめ固定する方式です。液晶画面に最短撮影距離だけ表示していただければ、すごく使いやすいと思います。

DP1Mの場合、ピントを15mにセットするとF5.6で8mから無限遠まで、計算上はおよそピントが合います。シグマの方とお話しする機会があったら、是非提案してみてください。


それと、SPPですが、プログラムのフォルダを見るとレンズプロファイルのファイルが収納されています。その中で、1003.lpiがDP1Mのようです。

投稿: かずっち | 2012.09.02 13:11

> ken さん

7月21日に増田氏の写真展と平行して、シグマの DP2 Merrill、SD1 Merrill の貸し出しが EIZO のガレリア銀座で行われた時に、DP2 Merrill のユーザーインターフェイスを SD1 に移植してくれるよう、まさにそのご担当者であるK氏に直接お願いしてあります。

不可能とは言われませんでしたが、その他にもやらなければいけないことが目白押しだそうで、いつ実現されるかは不明です。最悪の場合は、今のままかも知れません。が、多分、あまり遠くない将来に、その一部は実現すると期待しています。

投稿: maro | 2012.09.02 09:51

> かずっちさん

速度優先AF はカメラに液晶モニタの画像表示更新を停止させて、ピント合わせに専念させる事で、より素早くAF 動作を行わせる機能です。精度を落として速度を向上させる処理ではありません。

が、以上のことは私が知り得た数少ない非公式な情報から類推した結果ですので、正しい保証はありません。

SPP 5.3.2 がリリースされるのは間違いないと思います。なぜならばシグマが公式には認めていない周辺部の緑被り(正確にはシアン被りです)だけでなく、機能として SPP が持っている倍率色収差補正を DP1 Merrill で自動実行するためのパラメータを SPP 5.3.1 が持っていないであろうことは容易に推測できます。

でも、もしかしたら SPP 5.3.1 がリリースされた時点で DP1 Merrill に対応済であったかも知れないと言う可能性はあります。が、それ以上に Windows XP で SPP を使用した時に起きるトラブルの発生を可能な限り押さえたバージョンが、ぼちぼち出来上がっていても良い頃だと思います。

投稿: maro | 2012.09.02 09:43

> achan さん

クローズアップ本来の目的からすれば、その手の写真を撮影するには DP1 Merrill よりも DP2 Merrill のが向いていると判断するのは間違ったことではないと思います。

もちろん、広角系のレンズでクローズアップを撮影することが適切でないと言えないケースはありますが、一般的には標準より長めのレンズのが接写には便利です。

が、DP2 Merrill 用のクローズアップレンズが DP1 Merrill に使用できない理由は全くありませんので、単に付け加え忘れたか、ディオプターが異なるクローズアップレンズが予定されているかのどちらかでしょう。少なくとも私の知識では AML-2 が DP1 Merrill で問題なく使用できることは確かです。

ついでですが、49>46mm ステップダウンリングを3月に購入済みで、AML-1 がそのステップダウンリングを介して DP2 Merrill で使えることは確認済みです。

非常に近い将来 DP2 Merrill のファームウェアがアップデートされることは 99.99% の確率で間違いないと思います。

投稿: maro | 2012.09.02 09:25

こんばんは。
>ISO 感度が 1/3 ステップで設定可能
SD1も1/3ステップになってISO640とか使えるようになると良いのですが。

投稿: ken | 2012.09.01 21:47

速度優先 AF モードとは、1m~∞のリミットモードではなく、合焦精度を多少犠牲にしても早く「およそ」ピントがあう、みたいなモードでしょうか。だとしたら、スナップや動くものを相手にするときには使えるでしょうね。

ところで、SPPのバージョンアップですが、DP1Mの発売と同時に「DP1Mに対応させるため」に行われることは、私は無いと思います。スペシャルサイトの画像のExif情報を見ても、現像はSPP5.3.1になっていますし。

ただ、5.3.1は環境によって安定性がいまいちだし、改善して欲しい機能もいろいろあるので、多少時間はかかっても、大幅にパワーアップした6.0を望みたいところです。

投稿: かずっち | 2012.09.01 18:45

DP1 Merrill のアクセサリーからクローズアップレンズの記載がないのは、DP2 Merrill との組み合わせのみ推奨なんだろうか?
MTFみると、DP2 Merrillのほうが周辺が良いのはわかりますが。そこまでするなら、クローズアップレンズ込でのMTFなんかも載せるとよりわかりやすいのかも。

maroさんの予想通り、DP2 Merrillのファームも速く更新されるといいですね。

投稿: achan | 2012.09.01 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本に夢中。 2012/08/30 | トップページ | 「はな」満 10歳。 2012/09/01 »