« DP1 Merrill の作例。 2012/09/03 | トップページ | 【お詫び】DP2 Merrill の互換バッテリー。 2012/09/04 »

嬉しい話。 2012/09/04

高知のプロカメラマン ken さんが彼のブログでとても嬉しい話を紹介してくれた。昨日まで開かれていた「高知在住のプロカメラマンによる写真展(12yeys)」で来場した女性に ken さんが声を掛けたら、一度は手放した SD15 を再び購入してお使いになっている方であったとのこと。私のウェブサイトもご存じで、私が良く話に出す高知の ken さんが目の前にいる人とわかって、かなり盛り上がったらしい。

その方のお話で「最初に付き合った男性が変な人だった・・・それでいったん別れたんだけれど忘れられなくって・・・。そんなカメラですねSD-15って・・・」と実に的確な SD 評を読んで、思わず苦笑い。ken さんご自身もレンズに関してはキヤノンやニコン用にシグマ製レンズをイロイロとお持ちであるが、一度 SD10 をシステムで全部売り払ったことがあり、数年間シグマ製カメラのユーザーではなかった。つまり、その方と同じ出戻り組である。

でも私が嬉しくなったのはそれを ken さんご自身が「嬉しい」と感じたこと。マイナーであるシグマ SD のユーザー、それも女性に巡り会えたことが嬉しいと感じてくれたと言うことは、やはり ken さんはシグマ SD が好きなんだと言うことだからである。

ん?それとも同じカメラを気に入っている「女性」だったから余計嬉しかったのかも。(^^;

私も女性のシグマ SD ユーザーにはお二人しか会ったことがない。偶然にシグマユーザー、それも女性にお会いすることが出来たら、やっぱり嬉しいだろうなぁ。ken さんの気持ちが良くわかります。

まぁ、本当のところはシグマの良さを解ってくれる女性がいたことを山木社長にも伝えたいと書かれているので、今週の土曜日には社長にお目に掛かれるはずなので、お伝えしておく。


今日は久しぶりに銀座で仕事があり、帰りがけに京橋の Island Gallery に寄って、桐島ローランド氏の写真展を拝見してきた。A2 サイズのモノクロでプリントされた古い機関車の写真は必見。その他 SD1 Merrill スペシャルサイトの実写ギャラリーに掲載されている写真のプリント(売ってます)もあって、とても楽しい時を過ごした。

そこで聞いたばかりのホットニュース。

___桐島ローランド[写真家]×山木和人[株式会社シグマ代表]___

旅の話、カメラの話、写真の話などを中心に、桐島ローランド氏と山木和人氏が語ります。

日 時 / 9月8日 15:00~16:00
限 定 / 40名
参加費 / 無料
会 場 / Island Gallery

要予約。ここをクリックして開くページをご覧ください。

おっと、忘れていた。今日の一枚。

今日見た景色 35
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5 Photoshop で一部レタッチ

|

« DP1 Merrill の作例。 2012/09/03 | トップページ | 【お詫び】DP2 Merrill の互換バッテリー。 2012/09/04 »

コメント

> ken さん

はまり具合がとても良いので、お知り合いに頼んで歩いてもらったのかと邪推をしておりました。

とても素敵な写真です。あと、森本氏の「カクレクマノミ」が良いですね。

投稿: maro | 2012.09.07 09:31

カレンダーの人物は、畦を歩いています、したがって、どこかで農作業をしていたら夕方にはそこを通って帰る事が予測されます。確信犯的な待ち伏せだと思ってください。
なお、ほとんどの田んぼの持ち主と顔見知りなので(数人しかいませんが)私がうろうろしていても「お、きちゅうかえ。」といって無視してくれますので、楽な場所です。
侵入者に対しておおらかな県民性があるので県外の方もたくさんこられますよ!

投稿: ken | 2012.09.05 22:41

> 高知の ken さん

互換バッテリーに関しては何とも辛い状況です。私が購入した時点のものと現在売られているものの仕様が変わってしまったことが原因なので、私が全面的に悪いわけではないのがせめてもの救いではあります。

でも、私の記事を信じて購入された方にはやはり申し訳ないと思っています。

確かに初デジタル一眼に SD15 を選ぶことは普通は無いかも知れませんね。しかし、レンズ交換が可能なデジタルカメラで私が初めて買ったのは SD9 ですので、FOVEON の画質にはそれなりの魅力があると思っています。

ken さんなら作品作りに SD1 Merrill をお使いになる方だと思っております。

ところで、カレンダー 10 月の写真ですが、あの鍬を担いだ方は偶然あそこを通ったのでしょうか?

玄関には高知のプロのカレンダー、リビングには馬路村のカレンダーが掛かっております。

投稿: maro | 2012.09.05 07:07

あれあれ、互換バッテリーで笑い話が吹っ飛んでしまいましたね・・・私がうれしかったのは「うら若い女性であった」ということが一番の理由ですが、一眼デジカメの最初のカメラSIGMAだったということですね。友人が使っていたとしても、なにかを吹き込まれて洗脳されたにせよ(冗談ですよ)フォベオンの画質がその方の心に響き、財布の口を緩ませる強さがあったということでしょう。
歌舞伎町のキャッチのお兄様方がはだしで逃げ出すほどの「誠実」であり、「ふぇろもん」なんでしょうね。

早くSD-1xにライブビューがつかないかな?

投稿: ken | 2012.09.05 00:21

> かずっちさん

ウチのヨメさんも DP2x がメインマシンですので FOVEON 使いと言えば言えないこともないです。

SD1 Merrill は SD15 以上に難しい部分がありますが、それだけに面白いカメラでもあります。

投稿: maro | 2012.09.04 21:48

うちの嫁さんもFoveon使いですよ。仲間?に入れてください(笑)

従来はオリンパスのE510を使って花や景色を撮っていたのですが、私がDP2xを使い始めて、その画像に目を真ん丸くして、「なにこれ・・・・すごいね・・・・リアルと言うか生々しいというか・・とにかくいいね!」と、ここから興味を示して、シグマのカメラを欲しがったので値段もこなれていたSD15をクリスマスにプレゼント・・というしだいです。

その後、いろいろ作例を見たらしく、150マクロが欲しいというので、誕生日プレゼントの相当前倒しで購入。今では相当撮影が上手になりました。わたしなんかマクロを扱うと呼吸を止めるためハアハアしてしまいますが、彼女は黙々と撮り続けます。もう技では追いつけなさそう・・(苦笑)

そして次は8-16が欲しいと、どんどんシグマの思う壺にはまっております。

SD1Mを買うのも、遠い将来じゃないかもしれません。

長文失礼しました。

投稿: かずっち | 2012.09.04 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP1 Merrill の作例。 2012/09/03 | トップページ | 【お詫び】DP2 Merrill の互換バッテリー。 2012/09/04 »