« 猫っかわいがり 2012/10/13 | トップページ | SD1/SD1 Merrill はなぜ遅い? 2012/10/14 »

ミラーレスへの提言 2012/10/14

シグマはデジタルカメラに対して非常に明確なコンセプトを持っている。画質最優先だ。高感度や機能的な先進性には見向きもせず、ひたすら画質のみを追求している。と言うと聞こえは良いが、やはりカメラメーカーとしての経験不足から先進的な技術は苦手というのが本当のところだろう。そのあたりは首をなが~~~くして待つとしよう。

さて、私がしつこくお願いしているミラーレスだけど、どうしてもレンズシャッター式で出して欲しい。それだと一眼レフ用のレンズが使えないと言う声が聞こえて来そうだけど、マウントアダプターには十分な厚みがあるのだから、そこにレンズシャッターを組み込んでしまえば良い。もちろん単なる電子接点と機械的なマウントの変換だけではなくなってしまうので高価なものになるだろう。しかし、カメラ本体にはシャッター機構を持たなくて良いのだから価格的にはトントンである。マウントアダプターが不要な人にはむしろ安いものになる。幸いレンズシャッターそのものは大騒ぎするほど高価なものではない。

Merrill センサーの解像度を重要と考えるのであれば、微ブレを起こす原因となるフォーカルプレーンシャッターは採用すべきでない。特にライブビューを行っている場合は、一度シャッターを閉じて再び作動させると言う動作が必要となるので、通常の一眼レフよりさらに大きなショックがシャッターによって発生する。

ただ、望遠系の SA マウントレンズを装着した場合に、今の DP Merrill のサイズではいかにも小さい。一回りほど大きな筐体にして、よりグリップしやすい形状が望まれる。可能であれば EVF もオプションで付けられたら嬉しい。

DP Merrill はレンズが固定されているのでセンサーに対して正確なポジションを取ることができると言うことをシグマの技術者さんから聞いたことがある。DP シリーズは一台ずつセンサーとレンズの位置を調整して出荷されているとのこと。しかし、一眼レフのマウントだってフランジバックを微妙に調整して出荷されているし、その精度を高くすることが技術的に困難であるとは思えない。

DP Merrill の新型(焦点距離が長いマクロ付き)を開発するとしても、単にレンズだけの問題だろう。焦点距離が長くなればテレセントリック性の問題も深刻では無いはずだ。レンズシャッターなのだから後玉をギリギリまでセンサーに近づけることも出来る。

もちろんより多くのバッファメモリ、より速い書き込み、電子水準器の内蔵、ケーブルレリーズソケット、普通のデジタルカメラ並みの高感度と粒状感のない画像など実現して欲しい要望は山ほどある。しかし、Merrill ジェネレーションの開発が一段落した今、多くのユーザーが切望しているミラーレス FOVEON を是非とも実現して欲しいと心から願う。


とりあえず、今日の2枚。と言っても一昨日に撮影したもの。(^^;

今日見た景色 58 石垣
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.75、シャープネス -0.5。


今日見た景色 59 マンホールの蓋
SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.75,0.75、シャープネス -0.5。

|

« 猫っかわいがり 2012/10/13 | トップページ | SD1/SD1 Merrill はなぜ遅い? 2012/10/14 »

コメント

電子シャッター、本当に素晴らしい!私も、デジタルの時代になってから、なぜ物理的なシャッターが必要なのか、漠然と疑問を持っていました。
調べてみれば、電荷の読み出し時差等の問題があることは理解できましたが・・・。
シグマのカメラに反応スピードや連写速度は望まないので、SIGMA製ミラーレス機には、是非究極のシャッター「グローバルシャッター」を導入し、他社をあっと言わせて貰いたいものです。でも、やはり難しいのでしょうか・・・。

投稿: xingxing | 2012.10.16 00:25

> xingxing さん

デジタルの場合、FOVEON センサーは CMOS なので本当の究極である電子シャッターが使えるかも知れません。

おっと、CMOS のが不向きなんですね。

ライブビューを行っていて、シャッターボタンが押されると同時に電荷をクリアして、指定された時間だけ電荷をため込み、時間が過ぎたらその量を測定すると言う実に単純なシャッターです。

投稿: maro | 2012.10.15 20:56

しかし、DP2Merrillの威力はとてつもないですね。作例の「石垣」もまた、凄すぎる・・・。鉱物学者なら、この写真で岩石の組成まで分かってしまうのでは?!この解像度なら寄って撮影したものをピクセル等倍で見れば、顕微鏡代わりになりそう。
で、ミラーレスでこの画を出すとなると、究極にブレの少ない「レンズシャッター」方式にする必要があると。確かに話は理解できますが、ライカMマウントの様なレンジファインダー用のレンズアダプターにもシャッターが入れられるでしょうか?ライカMマウントのレンズには、魅力的なものが多いので、できればこれは外したくないのですが・・・。
何にしても、夢にまで見たFoveonミラーレスは、是非お願いしたいです!来年のCP+に開発発表があると嬉しいのですが・・・。

投稿: xingxing | 2012.10.15 18:25

> juzu さん

フルサイズ FOVEON はレンズがネックになると思っています。

特に DP2 Merrill の描写力に慣れてしまったら・・・。

投稿: maro | 2012.10.15 14:41

レンズ交換のミラーレス・・・将来的には出さざるを得ないですね。
何年先になるかは分からないですが・・・五年後位かな♪♪

さて、レンズシャッターってのは個人的には大賛成!!!
昔ながらの絞りをマニュアルで操作できるレンズを作り易そうだし☆
それに、EVFが付いた日には万々歳です♪

フルサイズの一眼レフの噂もありますし、APS-Cはミラーレス化して、
割り切ったボディーとレンズのラインナップに刷新をしていっても良いと思いますね。

投稿: juzu | 2012.10.15 08:43

> sokubee さん

Merrill センサーがあるので、シグマが新たにフォーサーズのセンサーを作る事は想像しにくいところです。

ミラーレス自体もとりあえずはやらないと言っているので、大分先の話になると思います。

投稿: maro | 2012.10.15 07:07

ミラーレスカメラを出す時にはぜひともマイクロフォーサーズで出して欲しいと願っています。
今でもマイクロフォーサーズのレンズは充実してますが、その頃にはさらにいいレンズが出揃ってるかと…

DPシリーズ兼マイクロフォーサーズユーザーの願いでした。

投稿: sokubee | 2012.10.14 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫っかわいがり 2012/10/13 | トップページ | SD1/SD1 Merrill はなぜ遅い? 2012/10/14 »