« DP Merrill の新ファームウェア 2012/10/30 | トップページ | まだ京都が終わらない。 2012/10/31 »

たっぷり仕事。 2012/10/30

【本日2本目の記事】

家でやり終えて、納品するだけ状態だった仕事の全面改定を頼まれたため、非常に長い時間が掛かってしまった。

23時を過ぎて家に帰ってきたのは久しぶり。

さて、SPP 5.4.0 を Windows XP で動かした時に色味がおかしくなる現象について、つきしまさんからご質問を受けた。カラープロファイルを調べてくださいとお返事しておいたら、それがアタリだったようだ。それに関してつきしまさんが非常に詳細な導入方法をコメントしてくれたので、コメント欄をお読みにならない方のために、ここにそのまま引用させて頂く。

↓↓↓↓↓ 引用開始 ↓↓↓↓↓

■iccプロファイルのダウンロード
http://www.color.org/srgbprofiles.xalter
ここからiccのプロファイルをダウンロードしました。

画面右上緑色のタブの[RESORCES]にマウスを合わせるとプルダウンが出てきますので上から2行目の[profiles]
を選択し、開いたページの[ACCEPT(利用規約に同意)]をクリックしますと、[ICC profiles]ページが開きますので、
[Colour encoding profiles]より

[sRGB profiles] for ICC v2 and ICC v4 をクリックし、開いたページの一番下にあるダウンロードリンクより

sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc

をダウンロードしてください。

■ダウンロードしたiccプロファイルの登録先
このファイルを
[プロパティ]→[設定]→[詳細設定]→[色の管理]
で、[追加]をクリックして開いたフォルダにこのiccプロファイルをコピーします。

私の環境では [C:]→[WINDOWS]→[system32]→[sppol]→[drivers]→[color]
です。この[color]のフォルダにコピーします。

■iccプロファイルの設定方法
そして、[色の管理]の画面で[追加]をクリックして、さきほどの

sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc

を選択して、[規定値に設定]をクリックして[適用][OK]してウインドウを閉じ、SPPを起動してx3Fを開いてみてください。

■ご注意
私は[sRGB_v4_ICC_preference.icc]を使いました。v4はまだサポートしていないブラウザがあるなどと書かれていましたが、これでも問題ないようです。

もしこれを適用して、カラーキャリブレーターなどを利用されている場合に他のグラフィックソフトとの色の整合性が取れないなど事態が発生しましたら、プロファイルの設定を元に戻してみて、再度SPPの振る舞いを確認してください。このファイル自体、システムを書き換えたりすることは無いようなので、余計おかしくなりましたら設定を外すだけで元どおりになります。

↑↑↑↑↑↑ 引用終了 ↑↑↑↑↑↑

画像処理プログラムに詳しい知り合いから、Windows XP の場合はカラープロファイルを変えるだけではダメなこともあるので、100% 不具合がなくなるとは限らないとも言われた。上記の処理を行ってもうまく行かない方はシグマかマイクロソフトに文句を言って欲しい。


次に SD1 の新ファームウェアについて、少し書いておこう。

今回のファームウェアアップデートは

・アルゴリズムの改善によりAF精度の向上を図りました
・ISO 感度を1/3段ステップで設定することが可能になりました
・ISO オートのISO感度の上限と下限の設定ができるようになりました
・カラーモードに「FOV Classic Blue」モードを追加しました
・クイックセットメニューのメニュー項目の変更がAダイヤルやSダイヤルで行えるようになりました

と言うことになっている。

SD1 のファームウェアアップデートをホテルで実行したため、京都の2日目は原則として AF で撮影している。が、やはり合わない時もある。京都シリーズの一番最後にスナップを掲載する予定だけど、ピンぼけのため掲載できないものが結構あったと言うことをご報告しておく。ただし、私の言うピンぼけは「ディスプレイ上に1:1で表示したら少し甘い」と言うものまで含まれるので、かなり厳しい判定である事をお断りしておく。A4 サイズ程度のプリントならあまり問題ないだろう。

ISO感度の設定を細かくできるようになった。嬉しい人もいるかも知れないが、私自身はあまり ISO 感度を細かく変える人ではないので、あまりありがた味は感じない。ISO オートも使ったことがないので、あまり関係ない。

FOV クラッシックブルーは面白いけど、私の趣味ではない。SD9 には散々手こずらされた思い出しかない。写真表現を色で楽しまれる方には選択肢が増える点で歓迎されるだろう。

QS メニューの操作系が DP Merrill と同じになった。DP Merrill の場合は画面の下に数字やアイコンが表示されるのでわかりやすいが、SD1/SD1 Merrill の場合は相変わらず小さい四角形が並んでいるだけなので、チョットだけわかりにくい。まぁ、良くなったことは確かだから、あまり文句を言うのは止めよう。


SD1/SD1 Merrill のファームウェアアップデートで一番やって欲しいことはライブビュー。2番目が書き込み速度の高速化。3番目がダイヤルのどちらかを AE 撮影時に露出補正ダイヤルとして使える様にすること。もちろん AE ボタンを押さずに。とにかく SD1/SD1 Merrill の露出補正は最悪に近い。右手人差し指でシャッターボタンの隣にある AE ボタンを押しながら、親指で S ダイヤルを回さなければならない。AF ポインターの切り替えにしても、右手親指でボタンを押しながら、右手人差し指で A ダイヤルを回さなければならない。どちらもよく使うのだから、撮影モード時には何もしてくれない上下左右ボタンにいきなり AF ポインタ移動を割り当てて欲しいものだ。


と言うことで、京都の写真。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:東本願寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモードは「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5,0.5、シャープネス -0.5

SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/800Sec. ISO100 EV+0.3


SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:4.0 1/50Sec. ISO100 EV-0.3


SIGMA DP1 Merrill @f:5.0 1/400Sec. ISO100


SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV+0.7


SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1000Sec. ISO100 EV+0.7


SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/30Sec. ISO100 EV+0.7


SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/125Sec. ISO100 EV+0.7

|

« DP Merrill の新ファームウェア 2012/10/30 | トップページ | まだ京都が終わらない。 2012/10/31 »

コメント

> キノシタさん

その通りです。基本的には OS がインストールされた時にデフォルトの ICC プロファイルが使われますが、ディスプレイで正しい色(と思われるもの)を表示しようとする場合はディスプレイキャブレータを使って、それが出力する ICC プロファイルを使うことが推奨されます。

ご指摘の通りこれは各ディスプレイによって異なるため、ディスプレイごとに用意されなければいけません。

いつの日か、それらをフルオートマチックでやってくれる日が来るとは思いますが、まだ当分先の話でしょう。


> 森脇さん

Windows XP の標準的なディスプレイ用カラープロファイルは sRGB Color Profile.icm ですので、これにしてあれば大丈夫だと思うのですが・・・。

Windows 8 も出たことですし、ぼちぼち Windows 7 にして見てはいかがでしょうか?

投稿: maro | 2012.10.31 10:13

自分のパソコン(win xp)でもSPP540で編集画面の色調が黄色く被る問題が発生し悩んでいました。maroさんとつきしまさんのコメントを見て試してみたところほぼ解決できたように思います。貴重な情報を有り難うございました。

投稿: 森脇 | 2012.10.31 09:28

iccプロファイルはディスプレイごとに設定するものではなかったでしょうか?
sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc がsRGBの汎用的なプロファイルというのならわかりますが、必ずしもすべてのディスプレイに適合するとは限らないはずです。

投稿: キノシタ | 2012.10.31 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP Merrill の新ファームウェア 2012/10/30 | トップページ | まだ京都が終わらない。 2012/10/31 »