« 京都の写真、整理中。 2012/10/28 | トップページ | 引き続き、京都の写真。 2012/10/29 »

SPP 5.4.0 について。 2012/10/28

【本日2本目の記事】

我が家のマシンでは全く問題なく動いている。Windows XP でも、やたら遅いけど、落ちることなく動いている。

5.4.0 にして落ちるようになった方々の共通点は6コアのハイパースレッドのようだ。もし、お使いの CPU が6コアの方はハイパースレッドを切ってみることをお勧めする。しかし、6コアのマシンでチェックしていないのだろうか?


さて、SPP 5.4.0 になって一番ありがたいのはバンディングノイズリダクションだ。シマシマノイズがかなり綺麗になくなる。色ノイズリダクションと輝度ノイズリダクションも少し変わった様な気がする。

京都の写真を SPP 5.4.0 でノイズリダクションを全て 0.5 で(つまりデフォルトで)現像しているのだけど、掛かり過ぎることもなく、掛からな過ぎて困ることもなくと言った感じで、全然いじる必要が無い。しばらくはノイズリダクションをいじくらずに現像し続けてみよう。

フリンジ除去は使い方を間違えると本来の色まで彩度が低くなる。スポイトよりもマニュアルで設定してあげる方が良い結果となる。DP1 Merrill で撮影したもので、空が写っているものにはほとんどフリンジ除去を施している。

FOVクラッシックブルーはお好きな方は使っても良いと思う。ただし、赤がオレンジっぽくなるので気を付けた方が良い。下にも1枚だけ使って見た。


とりあえずの印象としては SPP 5.4.0 は非常に良くなったと言いたい。もっと良くなって欲しい部分や追加して欲しい機能はまだあるけど、シグマには以前から要望を出してあるので、そのうち何とかしてくれるだろう。


引き続き、京都の写真をアップさせて頂く。

以下の写真で全て共通のデータ。撮影場所:東福寺。

絞り優先AE、AF、ホワイトバランスは「オート」。カラーモード4枚目以外は「スタンダード」
ノイズリダクション 0.5,0.5、シャープネス -0.5

霊雲院 SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/50Sec. ISO100 EV-1.0


霊雲院 SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/20Sec. ISO100 EV-0.7


霊雲院 SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:2.8 1/160Sec. ISO100 EV-0.3


同聚院 SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/1000Sec. ISO100 EV-0.3
カラーモードは「FOVクラッシックブルー」


SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.0 1/400Sec. ISO100 EV-0.3


SIGMA DP1 Merrill @f:6.3 1/60Sec. ISO100


SIGMA DP2 Merrill @f:7.1 1/40Sec. ISO100 EV-0.7

|

« 京都の写真、整理中。 2012/10/28 | トップページ | 引き続き、京都の写真。 2012/10/29 »

コメント

> hakonesuper さん

良かったですね。

知り合いのプロから「Windows XP の場合はカラープロファイルをちゃんと設定してもおかしくなるアプリはある。」と言われました。

カラープロファイルを設定してあげたら必ず直ると言うものでもなさそうです。

まだ仕事中の maro でした。

投稿: maro | 2012.10.30 20:07

maro様 いつも有益な情報とても参考にさせていただいております。
つきしま様 詳細なご説明ありがとうございました。私のXP環境でも同様の症状が出ておりまして、シグマさんに調査願いしていたところでした。教えていただいたカラープロファイルを試したところ改善いたしました。
なぜsRGB Color Space Profileだとおかしくなるのかはシグマさんにお願いするとして、読み込み完了時に色がずっこけるのが改善されて大変うれしいです。精神的にとてもスッキリしました。

つきしま様、そしてmaro様、ありがとうございました。

投稿: hakonesuper | 2012.10.30 18:27

> つきしまさん

わーお。詳細にありがとうございます。

ここにあると読まれない可能性がありますので、本日夜の記事にコピペさせて頂きます。

本当にどうもありがとうございました。

投稿: maro | 2012.10.30 12:54

いつもmaroさんはじめ皆さんからは貴重な情報を頂いておりますので、何かのお役に立てましたら幸いです。

ちょっとつたない書き方ですが、下記のような要領でいかがでしょうか。

■iccプロファイルのダウンロード
http://www.color.org/srgbprofiles.xalter
ここからiccのプロファイルをダウンロードしました。

画面右上緑色のタブの[RESORCES]にマウスを合わせるとプルダウンが出てきますので上から2行目の[profiles]
を選択し、開いたページの[ACCEPT(利用規約に同意)]をクリックしますと、[ICC profiles]ページが開きますので、
[Colour encoding profiles]より

[sRGB profiles] for ICC v2 and ICC v4 をクリックし、開いたページの一番下にあるダウンロードリンクより

sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc

をダウンロードしてください。

■ダウンロードしたiccプロファイルの登録先
このファイルを
[プロパティ]→[設定]→[詳細設定]→[色の管理]
で、[追加]をクリックして開いたフォルダにこのiccプロファイルをコピーします。

私の環境では [C:]→[WINDOWS]→[system32]→[sppol]→[drivers]→[color]
です。この[color]のフォルダにコピーします。

■iccプロファイルの設定方法
そして、[色の管理]の画面で[追加]をクリックして、さきほどの

sRGB_IEC61966-2-1_black_scaled.icc

を選択して、[規定値に設定]をクリックして[適用][OK]してウインドウを閉じ、SPPを起動してx3Fを開いてみてください。

■ご注意
私は[sRGB_v4_ICC_preference.icc]を使いました。v4はまだサポートしていないブラウザがあるなどと書かれていましたが、これでも問題ないようです。

もしこれを適用して、カラーキャリブレーターなどを利用されている場合に他のグラフィックソフトとの色の整合性が取れないなど事態が発生しましたら、プロファイルの設定を元に戻してみて、再度SPPの振る舞いを確認してください。このファイル自体、システムを書き換えたりすることは無いようなので、余計おかしくなりましたら設定を外すだけで元どおりになります。

参考になりましたら幸いです。

投稿: つきしま | 2012.10.30 10:46

> つきしまさん

おめでとうございます。Windows XP は色管理に関してはイマイチの OS ですので、そういったことが起きる可能性があります。

ついでに、どこから何というファイルを落として来て、どのフォルダに入れたのかを教えて頂けると喜ぶ方がおられるのではないかと思います。

投稿: maro | 2012.10.30 06:33

maroさんこんばんは。
結果的にビンゴでした。わざと他のプロファイルを読み込ませると色が変化するパターンが出てきたので、サイトから別のsRGBプロファイルを落としてきて当てたらOKになりました。
はじめから入っていたsRGBプロファイルがなぜか壊れていたのかわかりませんが、ひとまずそういうことと解釈しておきます。
どうもありがとうございました。

投稿: つきしま | 2012.10.29 23:56

> 梅里さん

FOVクラッシックブルーは楽しいのですが、使いどころを間違えると苦労します。(^^;

> つきしまさん

ディスプレイのカラープロファイルはどうなっていますか?
Windows XP の場合は画面の何もないところを右クリックして[プロパティ]→[設定]→[詳細設定]→[色の管理]で
「現在このデバイスに関連付けられているカラー プロファイル」が何になっているか調べてください。

初期値は「sRGB Color Space Profile」ですが、モニターキャリブレーションツールを使っている場合は、そのキャリブレーターが出力したプロファイルになっています。

そこにおかしなプロファイルが設定されていると変なことになる場合があります。

> HUQ さん

5.4.0 は確かに良くなっています。とりあえずの完成形ですね。

私もシグマさんにノイズリダクションの一括設定とデフォルトで倍率色収差補正を ON に出来る事をお願いしてあります。

投稿: maro | 2012.10.29 10:49

DP2M を使っていますが、5.4.0になって、もはや CornerFix は不要と思えるまでになりましたね。
輝度ノイズ、色ノイズの除去もグラデーションや暗部がが滑らかに再現されるようになったと思います。
X3 Fill Light が、設定値 0 でも若干+側に掛けられているように思うのですが、如何でしょう。

あとは、調整設定の保存の中に「ノイズリダクション」と「倍率色収差補正」の設定を追加してほしいところです。

ファームウェアの方も up しましたが、ISO200 は以前より輝度ノイズ的に荒れやすいような気がするのですが…どうでしょうか。
逆に ISO100 は非常に滑らかで、夜景は ISO100 に三脚使って撮ると光害のグラデーションが点描になることなく再現されて、気持ちいいです。
赤道儀に載せれば星雲もキッチリ写せそうで、露出にバルブ設定がほしく…なってきます。(笑)

投稿: HUQ | 2012.10.29 03:26

maroさんこんばんは。
私の環境(xpSP3/i-G31/Core2DuoE8400/4G/1THDD)では、SPP5.4で、x3F画像のプレビューが最初画面を開いた時はJPEG同時記録の絵と変わらないのですが、読み込みが終わるとC12M8ぐらいまでガクンと黄色っぽくなります。ただ、その黄色画像のままストレートに現像したJPEGは、同時記録したJPEGと同じホワイトバランス。このようなわけでx3FをSPPで追い込んでいくというのができないのですが、なにか肝心な設定を間違えているなど、心当たりはありませんでしょうか。

投稿: つきしま | 2012.10.28 22:21

京都遠征お疲れ様でした。
SPP 5.4.0は単にFOVクラッシックブルーが加わっただけでなく、各種処理の感じがよくなっている感じがします。
FillLightを強めにかけても彩度があまり落ちないのでコントラストが強すぎる場面で活躍しそうです。
FOVクラッシックブルーは青空は期待通りに近いのですが、赤や黄色が破綻するのはSD9時代を思い出します。
紅葉を撮影するときに普通の露出だと黄葉になりそうです。
紅葉は露出を-1くらいにしてFillLightを活用が良さそうです。
今度試してみます。
FOVクラッシックブルー活用のツボはSD9を思い出す、ことかも。

投稿: 梅里 | 2012.10.28 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の写真、整理中。 2012/10/28 | トップページ | 引き続き、京都の写真。 2012/10/29 »