« 雨の月曜日 2012/11/12 | トップページ | 秋ですねぇ 2012/11/13 »

白飛びをレタッチ 2012/11/12

【本日2本目の記事】

かずっちさんから、長谷川まゆさんのポートレートで直射日光が当たっている脚の部分が白飛びしていると言うことで、ご質問を頂いた。他のカメラでは写していないので確証はないけれど、もしかすると FOVEON センサー独特の飛び方なのかも知れない。

しかし、この程度の白飛びであれば、レタッチで修正可能なので私はあまり気にしない。お肌のお手入れにしても、ごくわずかで、レタッチと呼べるほど大げさなものではない。

が、一応どの程度レタッチしたのかと言うことと、この白飛びがどの程度修正可能かという意味で、レタッチ前のものと並べて見た。ご参考になれば幸いである。

レタッチのビフォーアフター

|

« 雨の月曜日 2012/11/12 | トップページ | 秋ですねぇ 2012/11/13 »

コメント

> かずっちさん

写真を他の人のために写す必要が全く無いのであれば、レタッチソフトは不要です。

他の人のために撮影したものが思うような結果が出せなかった時にはレタッチをしなければならない事態になる事があります。

Photoshop Elements ならそれほど高価ではないし、十分なレタッチが出来ますので、万一に備えてお持ちになっておくのも良いかも知れません。

投稿: maro | 2012.11.12 22:50

早速レタッチの実演までしていただき、ありがとうございました。
私はレタッチソフトは使ったことが無いですが、ここまで自然な感じに修正可能なのですね。びっくりです。

シグマの評価測光は白とびをかなり嫌っているのか、見た目の印象より暗く写ることが多いので、撮影の際には+補正することが多いです。白とびも不自然でなければまったく気にしていません。

今回の写真も+0.7EVですので、白とびが大きめに出るのは仕方ないというか、問題ないと思います。

ただ、今回は白とびの境界がかなりはっきりしていたので、気になったのでお伺いしてみました。お手数かけました。

投稿: かずっち | 2012.11.12 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の月曜日 2012/11/12 | トップページ | 秋ですねぇ 2012/11/13 »