« SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の印象 2012/11/26 | トップページ | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM で逆光 2012/11/27 »

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の印象 その2 2012/11/26

【本日2本目の記事】

明日は結構忙しいのだけど、幸いにして今日はヒマ。続きを書こうと思い立った。


私の作例、絞り開放で撮影しているものは全て SPP の「フリンジ除去」を使っている。そうしないとかなり派手な軸上色収差が見えてしまうからだ。それでも、某レンズメーカー(^^;の話では他社の同じ仕様のレンズと比較した場合にはかなり少ないとのこと。

SPP のフリンジ除去は元来 DP1 Merrill の周辺部に現れるフリンジを取るために付けられた機能だと思うのだけど、軸上色収差の除去にも役に立つ。SPP にフリンジ除去を付けたのは、このレンズのためだったのかと疑いたくなるほど、効果がある。ただし、画面の中にフリンジ特有のグリーンやマゼンタと同じ色があると、それらの彩度も一緒に下げられてしまうので適用範囲や適用度を細かく調整する必要がある。


絞りをあまり絞っていない状態で撮影された無限遠の風景をディスプレイ上に1:1で表示してしまうと、画面周辺部の描写が今ひとつである事が判る。が、絞りを開いた状態では画面周辺部の描写は低下するのは普通のことだ。だからパンフォーカス的な風景写真を撮ろうと思う人は、可能な限り絞り込む。そんな場合の最適絞り値は f:8.0 である。ごくわずかな回折の影響が出るので f:5.6 で撮影したものと中心部の描写を比較すると、ほんの少し甘くなっていることが判るだろう。

しかし、その甘さはノイズリダクションを低く設定して、シャープネス 0 で現像する事で解消される。私が今朝の記事で「ごくごくわずかな甘さであれば、何とかごまかせる」と書いているのはこのことだ。無限遠の風景をこのレンズで撮影する場合には f:8.0 がお勧め。SPP での現像時には上の設定を採用して欲しい。ただし、ノイズリダクションを抑え気味にするので、露出不足には気を付けなければいけない。FillLight +0.3 で、露出を -0.5 に設定できるくらいが適正である。


AF の精度がとても高い。SD1 のファームウェアのアップデートはこのレンズのためにあったのではないかと疑いたくなるほど。シグマの一眼レフを使い始めてほぼ10年になるが、SD1 とこのレンズの組み合わせほど AF が正確に働いたことは無かった。特に良い点は合焦していない時に合焦サインや合焦音が出ないこと。つまり、条件が悪くて AF で上手く合焦できない場合には、どう頑張っても合焦音が出ない。すぐに他の合焦ターゲットを選択すべきである事が判るのでとてもありがたい。


最後に、今まで私がほとんど触れたことが無いデザインについて。私はカメラとかレンズに関してデザインの善し悪しをクドクドと述べたことはあまりない。私にとってカメラやレンズはその目的を如何に正確に素早く達成してくれるか、如何に使い易いかが重要であって、外観はどちらかと言えばどうでも良いことと考えているからだ。

しかし、このレンズに関してはひとこと言いたい。「端麗」

|

« SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の印象 2012/11/26 | トップページ | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM で逆光 2012/11/27 »

コメント

> 通りすがりさん

過分なお言葉、ありがとうございます。

でも、私は自己顕示欲が強いオタクに過ぎません。
好きなことを好きなようにやっているだけです。

ご質問頂きまして、私自身がはっきりと認識していなかった事を明確にすることができました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

投稿: maro | 2012.11.27 00:43

予想外のお答えですが、何となく納得です。

実際の画像を伴った的確なご批評で、いつも参考にさせていただいております。maroさんは優れた評論家だと思うのですが?

投稿: 通りすがり | 2012.11.27 00:24

> 通りすがりさん

私には「色のり」と言う言葉の意味がわかりません。

私のブログとウェブサイトを全文検索しましたが、私は今までに一度も「色のり」あるいは「色乗り」と言う単語を使った事もありません。

レンズによる色相の違いは存在しますが、ホワイトバランスと色の偏りで完全に補正可能ですので気にしたことはありません。

また、レンズによる彩度の違いはごくまれにフレアやゴーストの影響で出て来ることがあります。が、コントラストや彩度の調整で補正可能です。

「色のり」とか「空気感」等という単語はメーカーや販売店が宣伝のため、あるいは評論家やカメラマンが、ありもしないものをさも実在するかのように表現する時に使う言葉であると理解しています。

もし、それらの言葉の正確な定義をご存じの方がおられましたら教えてください。

レンズの評価などで私が「色のり」と言う言葉を使うことはこれから先も決してないと思います。

愛想なしのお返事で申しわけありません。

投稿: maro | 2012.11.26 23:57

maroさんは”レンズの色乗り”が良いとか悪いとかをどう思いますか?

投稿: 通りすがり | 2012.11.26 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA 35mm F1.4 DG HSM の印象 2012/11/26 | トップページ | SIGMA 35mm F1.4 DG HSM で逆光 2012/11/27 »