« 京都を作例にアップ。 2012/11/01 | トップページ | ショコラの体調チェック 2012/11/03 »

SIGMA EF-610 DG SUPER 2012/11/02

3日ほど前に SIGMA EF-610 DG SUPER が届いた。

SIGMA EF-610 DG SUPER
SIGMA DP2 Merrill @f:13.0 2.5Sec. ISO100

早速、DP2 Merrill に乗せて 1/2000 秒でシンクロするかどうか試して見た。間違いなくシンクロする。が、非常に暗い。徐々にシャッター速度を遅くしていって、明るさに変化がなくなったのはやはり 1/250 秒と 1/125 秒であった。1/500 秒と 1/250 では 1/500 秒が少しだけ暗い。おそらく EF-610 DG SUPER をフル発光させた時の発光時間は 1/400 秒くらいだろう。

フォーカルプレーンシャッターのカメラなら全く問題なく使えるし、DP Merrill でも 1/400 秒が切れるので良しとしよう。EF-500 DG SUPER を遊ばせておくのはもったいないのでスレーブモードにして、補助光として使うことにした。50mm での G.N. は 46 なのでクリップオンタイプとしては明るい方だろう。

2灯体制で撮ったショコラ。

SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。

補助光なしでこの写真を撮影すると絞り f:5.0 でシャッター速度は 1/125 秒になり畳や敷物は白飛びとなる。


SIGMA SD1 + MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、AWB、カラーモードは「スタンダード」ストロボ2灯を天井にバウンス。

今までは f:5.0 で現像時に露出を +0.8 程度明るくしなければならなかったけど、f:5.6 で露出 +0.4 になった。

|

« 京都を作例にアップ。 2012/11/01 | トップページ | ショコラの体調チェック 2012/11/03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都を作例にアップ。 2012/11/01 | トップページ | ショコラの体調チェック 2012/11/03 »