« ショコラの体調チェック 2012/11/03 | トップページ | SPP に対する要望 2012/11/04 »

SPP での調整方法 2012/11/03

【本日2本目の記事】

とある方から SPP での色味の調整方法についてメールを頂戴した。私が行っている色味の調整方法について尋ねられていると勘違いして、お返事を書いてしまったが、良く読んでみたら、緑がくすんでしまうのでもっと鮮やかに出すにはどうしたら良いかという質問であった。

一番単純な方法はカラーモードを「風景」にする事だ。かなり緑は鮮やかになる。私の嫌いな緑である。実際の緑は皆さんの記憶にあるほど鮮やかではない。また、太陽を反射している緑は緑ではなく白に近い。暗いところにある緑は暗灰緑色である。空の色についても同じ。実際の空の色は皆さんが望むほどには青くなく、暗くもない。

しかし、さすがの私も例外を認めて欲しい色がある。人の肌の色だ。色の再現性が良いカメラほど人の肌の色を正確に出してくる。実はこれがとても困る。

私はシグマに対して「肌色補正」の機能を付けて欲しいと要望してある。人物が写っている記念写真を撮影するのにシグマ製デジタルカメラほど向いていないカメラはない。もし、隣で他の人が一般的なコンパクトデジタルカメラで同じ写真を撮っていたら、写っている人に差し上げる写真は、その方に頼んだ方が良い。そうでないと SPP で現像した後、全員の肌の色をレタッチソフトで調整しなければならなくなる。

本当の人の肌は決して綺麗な健康色ではない。黄色かったり茶色かったり、光源によっては暗い部分は緑色に見えることもある。ところが一般的なコンパクトデジタルカメラは人の肌を検知すると、その部分を強制的に健康色で塗りつぶす。高級一眼レフは決してそのようなことはしない。特にシグマ製デジタルカメラは絶対にそのような調整はしない。

私もごくまれに他の方に頼まれて人物が写っている記念写真をシグマ製デジタルカメラで撮影する事がある。もちろんその手の写真は作例には上げられないので、皆さんにご覧頂いたことはない。が、SPP だけで普通の方が記念写真に期待するご自身の肌の色を作る事は非常に面倒である。

スタジオでストロボを使って十分に明るく、しっかり露光されている場合には大丈夫だ。しかし、自然光の下で逆光だったり、帽子などで顔に影が出来ていたりしたらレタッチソフトを使わない限り望ましい肌色に仕上げることは難しい。白熱電灯や蛍光灯下で人物を撮影した場合、もし露出が十分でなかったなら SPP だけの調整で顔の明るい部分から暗い部分までの肌色を望ましいものに仕上げることは諦めた方が良い。

それほどまでに人は肌色に対しては記憶色にこだわる。自然な肌色(と思っている色)が表現されていないことに対しては異常なほどの拒否反応を示す。どうか、皆さんご自身の顔の色をじっくり鏡でご覧頂きたい。人間の肌の色は皆さんが思っているほど綺麗なものではない。

しかし、カメラマンは誰の肌であっても、それが綺麗に見えることを要求されている。だから、SPP にも Photoshop Elements にあるような肌色補正機能を付けて欲しい。


最後に私の SPP でのパラメータ調整方法を紹介させて頂く。

撮影時のホワイトバランスはほとんどの場合「オート」である。そして現像時には一度露出を大きくマイナスに振っておいて、画面の中にある白飛びしていない無彩色の部分を選んで「カラー調整」スポイトでクリックする。同じ被写体を同じ条件で撮影しているものを続けて現像する時には「はしょる」事もあるが、これは全ての画像に対して必ず行う。

そして「露出」で画像を徐々に明るくして、全体の色味を見る。ほとんどの場合、その色味は補正が効き過ぎている。なのでカラーホイール上に設定されたポイントをホイールの中心方向に向かって少し移動する。これはマウスで行うより、キーボードを使ってポインタを移動させるのが一番やり易い。納得が行く色が出たら、それで良しとする。

ダメな場合はカラーモードを変更して、もう一度初めからやり直す。それでもダメな場合はホワイトバランスをマニュアルで設定し直して、もう一度初めからやり直す。

色味が決まったら「露出」と「コントラスト」と「FillLight」を使って全体の調子を調整する。基本的には最も明るい部分(250 以上)と最も暗い部分(5 以下)が必ず画面の中に存在するポイントを見つけることである。Merrill センサーを使ったカメラの場合は「ハイライト」と「シャドウ」はほとんど役に立たないので滅多に使うことはない。

これが私の現像時の調整方法である。ご参考になれば幸いである。なお、Merrill センサーを採用していない旧タイプのカメラの場合は「とりあえずオートで現像」から始めていたので、ワークフローは全く異なる。

|

« ショコラの体調チェック 2012/11/03 | トップページ | SPP に対する要望 2012/11/04 »

コメント

> 通りすがりさん

う゛。(^^;

う~ん。かなり無理なことも「要望」として送ってあるので、全部をご覧に入れるのは恥ずかしいです。

少々多いので、本日のブログネタとさせて頂きます。

投稿: maro | 2012.11.04 09:51

maroさん、相変わらずの有益な情報をありがとうございます。
maroさんの”面白くない写真”のフアンです。SDやDPを使いこなしている方の画像はとても参考になります。

また、この度は現像のノウハウをご伝授頂き感謝の念に堪えません。カラー調整がキーボードでできることを初めて知りました。

時々maroさんはSPPやファームウェアのことを”シグマに要望を出してある”と書かれていますが、具体的にどのような要望を出されているのかとても興味があります。

よろしければ教えてくださいませんか?

投稿: 通りすがり | 2012.11.04 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ショコラの体調チェック 2012/11/03 | トップページ | SPP に対する要望 2012/11/04 »