« 投票日 その2。 2012/12/16 | トップページ | ようやく一息。 2012/12/18 »

今週も多忙。 2012/12/17

衆議院議員選挙で自由民主党が大勝利。今まで一度も政権を担当したことがなかった民社党が3年間頑張ったけど、国民の多くが納得の行く政治を行うことが出来なかったのが敗因である。

先々週まではさほど忙しくはなかったのだけど、先週から今週に掛けてはとても忙しい。息子の出生届を出すのは 21 日の午前中になりそう。

今日は午後2時30分に仕事が終わったのだけど、家へ帰り着いたのが3時半を過ぎていたので、そのまま自宅仕事。


これは昨晩撮影したもの。

「はな」のクリスマス・デコレーション
SIGMA DP1 Merrill @f:7.1 1/400Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード。

「はな」が我が家の玄関にある靴箱の上に小物をいっぱい並べてクリスマス用にウェルカムデコレーションを施した。光を良く反射するものが多いため、ストロボの直射は避けたい。しかし、被写体の上に棚があるため、上からの光では奥が暗くなってしまう。と言うことでこの写真はストロボを後に向けてバウンスさせて撮影している。

2年ほど前に「ストロボディフューザー」あるいは「オムニバウンス」と言う商品名で売られているストロボの前にカプッとかぶせる乳白色のアクセサリーを散々けなしたことがある。パッケージには「プロの必需品」等と書かれているが、本当のプロが天井が高い場所でアレを使っているのは見たことが無い。柔らかい光と言うのは面積が大きい光であって、拡散された光では無い。

四方八方に光をまき散らせばそれで柔らかい光になるのであれば、アンブレラなど使う必要などない。なぜ、人物撮影でストロボを使う時にわざわざあんな大きなアンブレラを使わなければならないのかを考えれば、答えはすぐに出る。

今でも売っているのかと思って調べて見たら、まだ売っていた。が、大昔は¥4,000 位していたものが今では¥2,940~¥980 である。私に言わせればそれでもまだ高い。100円ショップで売るべき商品であり、単に光を拡散させるのが目的であれば、もっと光の透過率が良いものにすべきである。

あの手のアダプターが生きるケースが2つだけある。天井が低くて白く、周囲の壁も白い狭い場所で撮影する場合である。もう一つは発光量の調整ができないストロボを使っていて、絞りを開いて撮影したい場合。

逆に天井がもの凄く高いイベント会場などでアレをストロボに着けて撮影している人を見たら、ご自身が使う機材の効果をテストせずに使っている人であると考えて間違いない。

ついでに、天井へのバウンスに付いて触れておく。天井にストロボをバウンスさせる場合、原則はカメラの真上に向けて発光である。天井に光を反射させて被写体を照らすのではなく、最適な位置に大きな光源を作ると考えればお解り頂けると思う。ある程度被写体との距離がある場合はカメラのやや前方の天井に光源を作っても良いけど、1~3m程度の距離で撮影する場合はカメラの真上、時にはやや後に向けて発光させる必要がある。間違っても被写体の真上に向かって光らせてはいけない。

|

« 投票日 その2。 2012/12/16 | トップページ | ようやく一息。 2012/12/18 »

コメント

>コンパニオンさんなどを写すときに面積の小さい光源による顔のてかり(直射による強い反射)を許容
>出来ないのであれば、バルーンや大型のリフレクター、あるいは携帯型ボックスを使う必要があります。

模型関係を直射光で撮ることが多いのですが、やはり反射光が気になることが多いです。
「ストロボディフューザー」等を使用すれば効果があるかなと思っていましたが、それよりも
ストロボ光を広い面積で発光できるように工夫してやることのほうが効果的みたいですね。

>柔らかい光と言うのは面積が大きい光であって、拡散された光では無い。

上にも記載されていますこの言葉を参考に、対応を考えてみます。

アドバイスありがとうございました。

投稿: おみ | 2012.12.21 01:07

> おみさん

何をどう写したいかによって、違ってきますので一概には言えません。

写っていれば良いと言うことなら、普通にストロボを使えば良いだけです。

コンパニオンさんなどを写すときに面積の小さい光源による顔のてかり(直射による強い反射)を許容出来ないのであれば、バルーンや大型のリフレクター、あるいは携帯型ボックスを使う必要があります。

投稿: maro | 2012.12.20 07:33

ご子息の誕生おめでとうございます。

>逆に天井がもの凄く高いイベント会場などでアレをストロボに着けて撮影している人を見たら、
>ご自身が使う機材の効果をテストせずに使っている人であると考えて間違いない。

こういったイベント会場でストロボを使用するには、どういったやり方が効果的なのでしょうか。

今はSD15の内蔵ストロボを使用していますが、ステップアップで外付けのストロボを購入し
将来的にはmerrill搭載機でも使用したいと考えています。

投稿: おみ | 2012.12.20 00:53

追加情報ありがとうございます!
EF-610 DG STは現在¥16,000位ですので、本当はすぐに購入したいのですが予算の関係で来年の春頃になると思います。
因みに私はニコン用です(^^)

投稿: xingxing | 2012.12.19 19:01

> xingxing さん

シグマのストロボはキヤノン製と比べれば割安です。

しかも、バウンスの場合は光量が足りなくなるので自動調光がイマイチ。マニュアルでの使用が前提となりますので、安い方の EF-610 DG ST がお薦めです。

投稿: maro | 2012.12.19 06:53

こんばんは。
バウンスについて、とても勉強になりました。ストロボについて知らないことばかりでとても為になります。とは言っても、外付けのストロボは持っていないんですけどね・・・。
でも、この記事を読んで、(SIGMA製の?!)ストロボが欲しくなりました!

投稿: xingxing | 2012.12.17 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投票日 その2。 2012/12/16 | トップページ | ようやく一息。 2012/12/18 »