« 18-35mm F1.8 DC HSM お披露目 2013/06/22 | トップページ | 暑い・・・。 2013/06/24 »

同窓会に参加 2013/06/23

今日は年に一度の高校の同窓会。同期で来ていたのは4名。一応、全員知っている。11月にある高校写真部のミニ写真展のための出品物の持参とその準備などの打ち合わせ。ついでに今までは漠然と存在していた写真部OB会を正式な会として存続させて行くことが決まり、先輩方の一方的な指名により、私と同期のK島が会長、私が副会長で事務担当と言うことになった。

渉外等はK島が行うので、私はその補佐役と言った所。特に何をするわけではないが、今年の11月のミニ写真展は年に一度の開こうという話になりそう。11月28日から12月17日まで行われるが、私が DP Merrill で写した写真を四つ切りワイド(A3 よりひとまわり小さい)でプリントしたものが3枚展示される。

新聞社カメラマンを引退した方が2名、現役のプロカメラマンが2名。アマチュアが5~9名それぞれ毛色の変わった写真があって、面白い。開催が近くなったらここで詳しく紹介させて頂くが、うんと近所でよっぽどお暇な方は見に来て欲しい。


昨日の 18-35mm F1.8 DC HSM だけど、私流のテスト撮影は行っていないので、何とも評価しづらい。が、予想していたよりはかなり良いレンズだと感じた。f:2.0 で撮影しても周辺部に流れは発生していないし、倍率色収差も非常に少ない。高い解像度が要求される部分やフレアが出やすい部分にピントを合わせて撮影したので、ピントが合っている部分での描写力はかなり高いことがお判り頂けると思う。

f:5.6 くらいまで絞れば DP Merrill に匹敵するであろう描写力を持つことが予想される。キヤノン用は今週の土曜日に発売になるので、そのレビューも参考にしたい。

AF でピントがちゃんと合うかどうかは USB Dock を使って調整を行っても、ボディの AF 精度が良くなければどうしようもない。以前よりはかなり良くはなっているけど、SD1/SD1 Merrill の AF 精度には一抹の不安がある。ただ、三脚に乗せてしっかりテストを行った時に非常に良い結果が出ているので、実用上は全く問題は無いと言っても良いのかも知れない。

ちなみに、SIGMA SD1(APS-C サイズのイメージセンサーを持ったカメラ)にこのレンズを装着して、35mm f:1.8 で最短距離(28cm - イメージセンサーから被写体までの距離)撮影をした場合、A4 サイズにプリントする場合(許容錯乱円径 0.022mm)でも被写界深度は 0.005mm。一般的な普通紙の厚みが約 0.1mm、つまり紙1枚の厚みの 1/20。何とも表現のしようがない薄さである。ついでに、Merrill センサーの1ピクセル(ディスプレイ上に表示する場合の許容錯乱円径 0.005mm)で計算すると・・・被写界深度は 0.001mm である。

まぁ、ピントを合わせろと要求するのが恥ずかしくなるくらいの超高精度が必要と言うことだ。

今日も DP Merrill を持っていたのだけど、人の顔ばかり写っているので、ここに掲示することは出来ない。悪しからず・・・。

|

« 18-35mm F1.8 DC HSM お披露目 2013/06/22 | トップページ | 暑い・・・。 2013/06/24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18-35mm F1.8 DC HSM お披露目 2013/06/22 | トップページ | 暑い・・・。 2013/06/24 »