« SIGMA 30mm F1.4 DC HSM 再び。 2013/07/17 | トップページ | 今日は暑かった。 2013/07/18 »

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM 再び。の続き 2013/07/17

【本日2本目の記事】

「通りすがり」さんから、『葛飾神社 その3』はもっと盛大にフリンジが出るはずだけど、どうやって修正したのか教えて欲しいとコメントを頂いた。

ご指摘の通り、この手の被写体を明るいレンズを使い、絞り開放で撮影した場合には色収差と相まって、とんでもない量のフリンジが発生する。

まず、SPP で倍率色収差補正とフリンジ除去を使わずに現像した状態の写真をお目に掛ける。

『葛飾神社 その3』  5,964,387
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 DC HSM @f:1.4 1/100Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
SPP で倍率色収差補正及びフリンジ除去を使わずに現像したもの


次に SPP 5.5.2 で倍率色収差補正とフリンジ除去を行ったもの。倍率色収差補正のレンズプロファイルを使い 1.6 まで補正。私の個体は平均的なものより、倍率色収差が多く出るようだ。フリンジ除去は、マゼンタの色相を少しずらし、画面の中にマゼンタや赤系の色がほとんど無いため、かなり強めに除去。色相範囲 0.8、適用量 1.0。

『葛飾神社 その3』  5,579,800
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 DC HSM @f:1.4 1/100Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
SPP で倍率色収差補正及びフリンジ除去を行ったもの


上の写真でもまだ太めの枝や幹の周囲にマゼンタが被っていたため、Photoshop の [選択範囲]→[色域指定] で特定の色成分のみを範囲指定した後、[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[拡張] で 4 ピクセル、[選択範囲]→[選択範囲を変更]→[境界をぼかす] で 2 ピクセル。

選択された範囲のマゼンタを [イメージ]→[色調補正]→[色相・彩度] を使って、色相を少しブルーにシフトした後、彩度を -50。

それが、本日の1本目の記事に掲載したもの。

『葛飾神社 その3』  5,093,061
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 DC HSM @f:1.4 1/100Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード
Photoshop の色域指定にてパープルフリンジを低減。

この手の写真を見慣れている方には不自然な感じを与えてしまうほどの補正なので、チョットやり過ぎたかなと反省している。(^^;

|

« SIGMA 30mm F1.4 DC HSM 再び。 2013/07/17 | トップページ | 今日は暑かった。 2013/07/18 »

コメント

> capture5x さん

お知らせ頂きまして、ありがとうございます。

昨年の7月に NIKON D800 と SD1 との比較のために Capture NX 2 のトライアル版をインストール済みです。

なので、使用期限が 0 日となっていて、もう私のマシンでは起動しません。(^^;


> 佐藤丹さん

モノクロで現像して見ますと、周辺部は佐藤丹さんがコメントなされているようになだらかに濃度変化していますが、中心部はクッキリと写っています。

私自身もそうですが、ちゃんと写っている方を不自然に感じると言うのは何か変な感じです。

投稿: maro | 2013.07.18 01:56

この最終画像も、jpg画像をSPPで彩度-2よる擬似モノクロ画像としてみると不自然さが際立ちます。
銀塩モノクロ時代の撮影画像に対する印象からみれば、空と枝の境界の截然とした描写に不自然な印象を受けるのです。
銀塩時代の大口径開放画像のこのような情景では、小振りの枝は頼り無いくらいの細さで消え入るばかりの描写(但し、空との境界部分はあくまでもなだらかな濃度変化)、太い幹部は、これもなだらかな濃度変化のまま空から幹部へと移っていったように覚えてます。
RAW現像時点でモノクロを選択した場合にどのようにJPG画像が生成されるかに興味があります。つまり、デジタル臭さのない大口径レンズの開放描写が得られるのかどうか、ということです。

投稿: 佐藤丹 | 2013.07.18 00:59

お久しぶりに書き込みさせていただきます。
ニコンのCaptureNX2で色場率収差も、パープルフリンジ除去(軸上色収差補正)も、チェックボックスにチェックでポン!で取れちゃいますよ。TIFFでもJPEGでもカメラもレンズも問わずに~。
トライアル版がありますので試してみてください。
但し、自動軸上色収差補正を使うと全体の彩度が下がるので、彩度調整が必要になります。

投稿: capture5x | 2013.07.17 23:36

詳細な解説、ありがとうございます。

大口径レンズでの画像の概念からすれば不自然に見えてしまいますが、見たままと言うことなら余分な色が着いていない分、自然だと思います。

投稿: 通りすがり | 2013.07.17 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA 30mm F1.4 DC HSM 再び。 2013/07/17 | トップページ | 今日は暑かった。 2013/07/18 »