« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

朝の散歩はしたけれど・・・ 2013/11/30

ユー君をベビーカーに乗せてのんびりと朝の散歩をしたのだけれど、思っていたような写真は撮れなかった。よって今日の写真は無し。子守で一日が終わってしまった感じ。

明日は高校の写真部OB会展の集合日。午前中は一家総出でららぽ~とに行って、スィーツパラダイスでスィーツを食べまくる。午後からは私だけが亀戸に行って、年齢差30歳のミニOB会に出席。喫茶店に集まった後は「鳥長」という焼き鳥屋さんで2次会を行うのがお決まり。

今日は何となく疲れているので早寝。おやすみなさい。

| | コメント (0)

今日はヘロヘロ 2013/11/29

仕事でしっかり疲れてしまって、まるで元気なし。朝も早くから動き出さなければならなかったため、散歩は無し。

今日の仕事、その1。ダウングレードで購入した Windows 7 搭載のマシンをセットアップする前に Windows 8 に戻して、Windows 8.1 にアップグレード。

Windows 7 と Windows 8 では BIOS の設定が異なるため、まず BIOS を Windows 8 用に設定変更。その後リカバリーディスクを使って、Windows 8 をインストール。

メーカーのウェブサイトで Windows 8 から Windows 8.1 へのアップグレードをする正式な手順を調べて、オーディオドライバを事前にアンインストール、PC Health Monitor のアンインストール、Service Station のアップデート、オプションの更新プログラムを含む全ての Windows 8 の更新プログラムのインストール、Windows 8.1 のダウンロードとアップグレード。

ここまでの作業をパソコンを新調した別のユーザーが以前のマシンに保存していた全データとメールを新しいマシンに移行する作業と並行して行った。


その後別の場所で無線 LAN が働かなくなったというトラブルが起きた。予備に確保してあった新品のアクセスポイントをそこの無線 LAN 用に設定して持参したけど、アクセスポイントを換えても、治らなかった。その後、天井裏に設置されたハブの入力ポートが正しく働いていないことを突き止めるのに1時間あまり掛かり、持って行った別のハブに置き換えて修理完了。

いやはや、本当に疲れてしまった。おやすみなさい。

| | コメント (0)

再び神社のモミジ 2013/11/28

今日は曇っていたのだけど、曇り空を背景にしたモミジの色は晴天の時よりも美しく見える場合がある事を知っていたので、一昨日に撮影した神社の裏庭のモミジを再び撮影。


『紅、鮮やか』  10,090,032
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @18mm f:6.3 1/30Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『紅く立つ』  9,379,839
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @18mm f:6.3 1/60Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


一昨日に撮影した最後の写真と同じ被写体で、カメラと地面は 10 cm しか離れていない。ノーファインダーで撮影した後、背面液晶モニターで確認しつつ 30 枚ほど撮影した中の2枚である。ご覧頂いてお判りの様に、横位置と縦位置の違いだけで、ほぼ同じ写真である。

横位置のものだけを掲載しようと思ったのだけど、縦位置も捨てがたく、未練がましく載せてしまった。

| | コメント (3)

Windows XP でトラブル 2013/11/27

私のノートパソコンは Windows XP と Windows 7 のデュアルブートになっていて、起動時に OS を選択して起動させる。普段は Windows 7 で動かしているのだけど、昨日は古いシステムのデータを調べなければならなかったため、Window XP で起動した。

CPU の使用率をリアルタイムで画面右下に小さく表示させるために TinyMonitor と言うソフトウェアがインストールしてあるのだけど、Windows XP を起動してすぐに CPU 使用率が異常な値を示した。アプリケーションが全く動いていない状態でも両方の CPU 使用率が合計で 140% を越えていて、それが一向に少なくならない。

タスクマネージャで調べたら svchost.exe と言う OS の基本的なサービスを動かしているプログラムが犯人であることが解った。この svchost.exe 自身は多くのサービスを読み込んで、多いときには6~7本が同時に動いている。

svchost.exe が呼び出して動かしているサービスを解析するためのソフトウェアを動かしてチェックしてみたけど、怪しげなものは無い。インターネット上で svchost.exe で検索してみたら Windows XP のアップデートが原因らしい。そこに紹介されている解決方法を全て試してみたけど、原因不明の CPU 占有は直らなかった。

ハングアップしているわけではないので、Windows Update を起動して、「アップデートを探しています」状態を2時間ほど放っておいたら、「アップデートが見つかりました」の画面になり、CPU の使用率はほぼ 0 になった。アップデートを実行して再起動したら CPU の異常占有は収束した。

今時 Winodws XP を使っている人は少ないと思うけど、私のように古い環境を残しておかなければならない人もいると思うので、書いてみた。参考になれば幸いである。

Windows XP の動作が遅いと感じておられる方が TinyMonitor のような CPU の使用率を常時表示するようなアプリケーションをお使いでない場合は [Ctrl]+[Alt]+[Del] キーを押してタスクマネージャを起動し[パフォーマンス]で CPU の使用率を調べて見ることをお勧めする。

| | コメント (2)

とりあえず、近所のモミジ 2013/11/26

我が家の近くで葉っぱの縁が白くなっていないモミジを探したのだけど、龍神社の裏手の庭にあるモミジ以外に見つかっていない。去年の秋にも撮っていて、作例画像には3枚ほど掲載してある。が、今確認して、去年のものとは違った写真になっているので、良しとしよう。

天高く・・・ 7,257,402
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @20mm f:7.1 1/125Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


オレンジの光輝 2,896,657
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:4.0 1/500Sec. ISO100 EV-2.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


朱色の共演 4,482,806
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:5.0 1/125Sec. ISO100 EV-0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


秋空に映える 11,776,733
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @28mm f:5.0 1/250Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


おやすみなさい。

| | コメント (0)

ボチボチ、モミジ 2013/11/25

昨日の夜は体調がイマイチだったので、今日の仕事に備えて早寝をしてしまった。

今日の仕事はいつもより遅く始めたため、帰りが少し遅くなった。


我が家の周辺でも、モミジが赤くなり始めている。が、葉っぱの周囲が白くなっていたり、あまり鮮やかでない色に染まっているものが多いため、あまり多くを期待できない。

去年は鎌倉に行ったのだけど、今年はどこへ行こうか思案中。考えているウチにモミジが終わってしまうような気がしないでもない。ヒマとお金が欲しい今日この頃である。


あ、忘れてた。今週の木曜日(28日)から来月の17日まで、亀戸にある「くらもち珈琲」で私の出た東京都立江戸川高校写真部のOB会展が開催される。

カウンターとテーブルが2つあるだけの小さな喫茶店の壁一面に約40枚の写真が展示される。サイズはA3、正確にはワイド四切なのでさほど大きくはない。44歳から74歳までの元高校写真部員の自薦写真なので、作品のレベルもまちまち。元プロが3名、現役のプロが2名、その他は全員アマチュアである。私も3枚出させて頂いた。

わざわざ遠くからお運び頂くほどのものでは無いので、お近くでお暇な方は期間中にご来店頂ければ幸いである。なお、12月1日(日)の午後には、私を含めて出展者の何人かが集まる予定である。しかし、16人全員が来たら、満席になってしまう・・・。

| | コメント (0)

体調がイマイチ 2013/11/23

薬を飲んでいるので、症状はさほど悪くない。が、喉や鼻がイマイチ。倦怠感もある。と言うことで本日も写真は撮らなかった。

家に閉じこもって撮影したデータの整理。100G バイトほどのボツ画像を削除して、HDD の空きを広げた。2T のデータディスクが残り 750G バイト。あと2年くらいは持つだろう。HGST から送られて来た新品の HDD は問題なく動いている。しかし、過去に3台も故障した型番なので、油断は禁物。HDD 2台でのバックアップは必須である。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

絞りきったオレンジジュース 2013/11/22

本日は風邪で休業。

糸井重里氏が主宰している「ほぼ日刊イトイ新聞」のコラム「写真がもっと好きになる。菅原一剛の写真ワークショップ」にシグマの山木社長へのインタビュー記事が掲載されました。

是非ご一読を・・・。

| | コメント (0)

静岡市にて・・・。 2013/11/21

今日は友人からの頼まれ仕事で静岡に行った。大きなトラブルもなく、仕事は昼過ぎに終わってしまった。そのまま帰って来るのももったいないので、仕事が早く終わってしまった場合に備えて持って行った SD1 と DP2 Merrill で写真を撮ってきた。撮影場所は駿府城公園。運が良ければモミジが撮れるかと思ったが、紅葉山庭園の紅葉は始まったばかりで、欲していたような写真は撮れなかった。

そこそこの枚数を撮ったけど、相変わらず月並みな写真しか撮れていない。が、作例と言うことで、掲載させて頂く。(^^;


『駿府城公園にて その1』  10,176,290
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @29mm f:7.1 1/200Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『駿府城公園にて その2』  7,835,005
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @21mm f:7.1 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『駿府城公園にて その3』  7,363,105
SIGMA DP2 Merrill @f:4.5 1/500Sec. ISO100 EV-1.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『駿府城公園にて その4』  2,317,425
SIGMA DP2 Merrill @f:3.5 1/250Sec. ISO100 EV-3.0
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


今夜はこれまで。おやすみなさい。

| | コメント (2)

ダイヤモンドリリー。 2013/11/20

昨日の記事でピンクの彼岸花について書いた。よそのお宅の玄関先に鉢植えで咲いている。鉢が高いところに置いてあって、花はほぼ私の頭の位置にある。昨日は撮影を断念したのだけど、今朝、挑戦してみた。ノーファインダーで 10 枚撮影した中の一枚がかろうじて見られるレベルで写ってくれた。

作例と言うことでとりあえず撮影したままの写真を掲載する。


『ダイヤモンドリリー』  2,306,650
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @32mm f:4.0 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


どうしても花だけをすっきり表現したいので、レタッチ。少し回転して、背景のドアホンと左右のエリアを消去。背景をよりぼかして、トリミング。写真的に優れているわけではないけど、元の写真よりはましになった。

『ダイヤモンドリリー』  598,023

作例画像として掲載する時に、現像後の写真をレタッチする場合は必ず断り書きを入れなければならないと思う。そして、今回の様にレタッチやトリミングをする前の写真も掲載することも必要だろう。

なお、ダイヤモンドリリーをインターネットで検索してみて、さほど珍しいものではないことが解った。生まれて初めて見たピンクの彼岸花に興奮したのだけど、知っている方は何を騒いでいるのだと思ったことだろう。

インターネットが普及して、自分が知りたいと思うことについて非常に簡単にその情報を得ることが可能になった。とても良いことで、すばらしいことだと思う。インターネット上の情報は玉石混淆であると言われるし、情報の種類によっては確かにその通りだ。しかし、「ピンクの彼岸花」を検索し、「ダイヤモンドリリー」を検索して得られた情報はとても有意義であった。


さて、一週間前に私のメインマシンに必要な時だけカセットを使って接続しているバックアップ用ディスクのウチの1台が故障した。そのディスクを接続するとコンピュータが起動しなくなり、外付けドライブとしても、そのディスクを接続した途端にマシンがハングアップすると言うとんでもなく迷惑な壊れ方をした。

幸いなことにボックス品(メーカーがディスクドライブ単体を商品として販売しているもの)で、3年間の保証が付いていたため、無料で交換してもらった。先ほど新品の同じディスクが届いたので、バックアップディスクその1に保存してある全データを現在コピー中。午後10時ピッタリに始めて、ほぼ1時間が経過。629,260 本のファイルのウチ約 200,000 本のファイルがコピー完了となっている。あと2時間ほどで 1.4T バイトあるファイルの全てがコピーされそうだ。


本日、もう一つの話題はシグマから SD1/SD1 Merrill 用の新しいファームウェアが公開されたこと。直前のファームウェアで発生した 18-35mm F1.8 DC HSM 以外のレンズを装着して撮影した時に、カメラ内 JPEG の非常に明るい部分にノイズが出るというバグを修正したバージョンである。直前のバージョンをダウンロードし損なってしまったので、そのバグを経験することが出来なかったのが少々残念。また、今回のアップデートでそれが治っているのかどうかも検証できない。

私の様にカメラ内 JPEG は画像の選択を行う時にしか利用しないユーザーにとってはあまり重要ではないアップデートだったので、前回はサボってしまったのだけど、今回はちゃんとアップデートしておこう。

おやすみなさい。

| | コメント (2)

今日は菊。 2013/11/19

朝の散歩でピンクの彼岸花を見つけた。鉢植えで私の頭より高い位置で咲いているため、綺麗に撮影する事が出来ない。調べたらダイヤモンドリリーと言うらしい。間もなく冬だというのにちゃんと咲いている。

龍神社の近くに自治会館があって、そこの庭に菊がいっぱい咲いている。今日はその菊とご近所の赤い小菊を撮って見た。


『白い菊』  2,687,185
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @29mm f:6.3 1/500Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『赤い小菊』  4,809,122
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @26mm f:7.1 1/80Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

| | コメント (0)

柿を撮ってはみたけれど・・・。 2013/11/18

秋の気配を感じるようになってから、あっちこっちにある柿を探して撮ってはみたものの、どう撮ってもイマイチばかり。近所で見かける柿、そのほとんどはよそのお宅の庭にある。当然、庭の外から撮るので、背景にそのお宅が写ってしまう事が多い。被写体として面白い建物であれば良いのだけど、ほとんどが普通の民家だ。我が家の近所はあまり田舎ではないため、横から撮っても、下から撮っても電信柱やら電線やらが多量に写ってしまう。

つまり、柿に似合った背景や周囲の景色があれば良かったのだが、うまく見つけることが出来なかった。結局、柿だけを撮って、その色を何とか見てもらえるかもしれないと思い、シャッターを切った。出来上がった写真はイマイチだけど、それらしい色は出せた様な気がする。


『柿、たわわ』  5,159,815
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @26mm f:7.1 1/400Sec. ISO100 EV-1.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景


『秋の色』  4,416,031
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @29mm f:5.6 1/320Sec. ISO100 EV+0.7
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:風景

| | コメント (0)

久しぶりに「はな」。 2013/11/17

今日も自宅で子守と猫守。ユー君が寝たので、これを書いている。イロイロと忙しかったけど、久しぶりに「はな」を撮って見た。

『ゲーム中にポーズ』  4,048,482
SIGMA SD1 + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:3.5 1/200Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート。ストロボ使用。

室内が暗いため、AF が上手く働いてくれないので MF で撮影。70mm でこの距離で f:3.5 だとピント合わせは楽ではない。14枚撮影して、ピントが合ったのは7枚。マニュアルでのピント合わせもチョット条件が悪いと結構大変である。

以前はストロボのバウンスを全て天井で行っていたのだけど、最近は意図的に斜めや横にバウンスさせている。この写真は右のやや後方でバウンスさせているため少々暗い。が、顔に立体感が出るので最近のユー君やショコラはこの方法で撮影している。


この記事を書くために私の部屋に入る際、ドアをきっちり閉めるのを忘れてしまった。ショコラが隙を見て、柵を跳び越えて「きなこ」がいる私の部屋に飛び込んで来たが、以前のようにいきなり「きなこ」に襲いかかるような事は無くなった。その後ショコラを抱いて「きなこ」の目の前に連れて行ったが、飛びかかろうとはしなかった。出来るものなら、仲良くなって欲しいのだが、まだしばらく時間が掛かりそうである。

| | コメント (0)

SD1 の AF を再調整中したけれど・・・。 2013/11/16

三脚に乗せて動かないものを AF で撮影する場合にはかなり良い結果となるのに、同じ被写体を AF の手持ちで撮るとピントにバラツキが起きる。近距離の場合は合焦させた後でこちらが前後に動いてしまう可能性がある。が、無限遠の風景であっても、手持ちだと合焦率が悪くなる。もしかすると私の個体だけかも知れないので、お時間のある方はテストして頂きたい。

AF を正しく働かせる為には被写体が完全に静止しているだけではダメで、カメラも固定しなければいけないようだ。SD1 のマニュアルには動きの速いものに対しては AF が正しく働かない旨の記載がある。手持ちで撮影すると言うことは静止している被写体であっても、微妙に動いているわけで、それが原因なのかも知れない。さらに、AF のターゲットにコントラストがやや低めのを選んだ場合にはまるで合わないこともある。しかし、シングル AF モードで撮影しているのだから、ピントが合わなければシャッターが切れないはずなのに、ボケボケの風景写真が撮れるのだから不思議なこともあるものだ。

イロイロやってみたけど、結局 SD1/SD1 Merrill の AF に関しては「上手く働かない事もあるのでシャッターを押す前に自分の目で確認して、ボケていると思ったらマニュアルでピントを合わせ直すしかない。」と言うのが結論である。


本文の記事とは関係のない、今日の2枚。

『お使いからの帰り道』  4,646,136
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:6.3 1/80Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


『ミルク中』  4,262,346
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @31mm f:4.5 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート。ストロボ使用。

| | コメント (0)

SD1 の AF 再調整中。 2013/11/15

A3 サイズ程度のプリントであれば、SD1/SD1 Merrill の AF は十分に使い物になる。ただし、被写体が静止している場合。しかし、私が所有している SD1 と 18-35mm F1.8 の組み合わせにおいて、18mm ~ 28mm では USB Dock と SIGMA Optimization Pro を使ってカスタマイズ(合焦位置補正)をしてあげないとやや後ピンであった。

この前、いい加減に調整をして、いい加減に撮影した結果がほぼ満足の行く状態だったので、その後 AF での撮影を行っていたのだけど、ディスプレイ上に原寸で表示してしまうと(ほぼ A0 サイズ= A4 サイズ 16 枚分)やはりイマイチ。

今朝は再びテスト撮影を行って SIGMA Optimization Pro でカスタマイズ。上手く調整できているかどうかは不明。明日の朝、再度 AF でのテスト撮影を行い、結果を判断する。


銀塩の時代であれば、大きくプリントすると言っても、せいぜい A2 サイズ程度だったので AF に求められる精度は今ほどシビアではなかったと思う。が、ピンぼけが露骨に判ってしまう FOVEON センサーで 1,500 万画素の画像を出力し、それをディスプレイ上に等倍で表示させてピントのチェックを行うのだから、そこに求められる AF の精度は半端ではない。

さらに DP Merrill が持つコントラスト検出方式の AF はわずかなピンぼけを検知しやすい FOVEON センサーであるが故に、非常に高い精度を持ち、ディスプレイ上での等倍鑑賞でもしっかりピントが来るため、SD1/SD1 Merrill の合焦精度に不満を感じてしまう。

やはり SD1/SD1 Merrill の後継機には是非ともライブビューを使ったコントラスト検出方式の AF を搭載して欲しいものだ。

| | コメント (0)

SD1/SD1 Merrill の AE は使えるか? その2 2013/11/14

昨晩はブログの記事を書きながらデータのバックアップを行っていたのだけど、バックアップの途中でコピーがハングアップ。ディスクその2が認識されなくなり、チェックに時間を取られてしまった。結局、そのディスクを接続するとマシン自体が起動しなくなると言う以前にも同じタイプの HDD で起きたトラブルで、新品と交換してもらった事がある。

HGST のボックス品なので3年間の保証があるのだけど、購入してから2年以上経っているために通販で買った販売店に送るのは申し訳ない。ウェブサイトでシリアルナンバーを入れて、保証期間が確認され、交換承認番号(RMA)を取得することが出来たためメーカーに送り返した。2週間くらいで新品を送ってくるだろう。元々バックアップ専用の HDD、しかも2台の HDD に全く同じデータをバックアップしているウチの1台なので実害は全く無い。バックアップディスクが1台だけの状態になるのがほんの少し不安ではあるが、それだけのことである。


昨日、SD1 の AE センサーが彩度の高い赤に対して感度が鈍い様な気がすると書いた。逆の表現をすると画面の中に赤が多いと露出がオーバーになる傾向があると言うことである。

昨日の記事に掲載した画像を再度掲載する。

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:4.0 1/30Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

この赤い小菊を同じ絞り値で離れた距離から撮った場合のシャッター速度は 1/160 秒だった。そこで、露出補正を EV-2.3 にしてシャッター速度が 1/160 秒になるように設定して撮影したのが下の画像である。

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:4.0 1/160Sec. ISO100 EV-2.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

やや暗い感じはあるが、実際の明るさや色が忠実に再現されている。黄色い部分は飛ぶ寸前なので、適正露出と言って良いだろう。このように画面に彩度の高い赤が多い場合には露出補正をマイナスに振っておかないと、赤が飽和してしまう。SD1 では赤が飽和し易い気がしていたのはセンサーのせいだけでなく、AE の赤に対する感度不足も原因かも知れない。


他にも同じ様なテスト撮影を行ったので、以下に並べておく。全て露出補正は掛けずに撮影している。また、現像時の露出も調整していない。シャッター速度に注意してご覧頂きたい。

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @28mm f:4.5 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:4.5 1/40Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:2.8 1/400Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:2.8 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:5.0 1/100Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:5.0 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:5.0 1/25Sec. ISO100 EV-2.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

画面全体に赤が多いと、露出がオーバーになる事は間違いなさそうである。この点以外は一般的な評価測光 AE と同じ様な補正が必要となるが、おおむね良好と言って良いだろう。


で、今日の2枚。

『電気カーペット、大好き』  6,465,875
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @21mm f:4.5 1/160Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード


『ぽいブーブー』  1,997,883
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @23mm f:4.0 1/40Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート

| | コメント (0)

SD1/SD1 Merrill の AE は使えるか? 2013/11/13

昨日はイロイロと忙しく、かなり疲れてしまい、ブログの更新もせずに早寝をしてしまった。SD1 の AE でチョット気になっていた点を確認するために朝の時間にテスト的な撮影を行ったのだけど、それらを現像したのが精一杯で、その後自由になる時間が午後10時過ぎまで全くなかった。

昨日はシグマから SD1/SD1 Merrill の最新ファームウェアにバグが発見されたとのアナウンスがあったけど、それを知ったのも夜の10時過ぎで、眠ることしか考えられない状態だったため何のコメントもしなかった。

実は私自身にとってカメラ内 JPEG は重要ではないので、SD1 のファームウェアの更新は行っていなかった。そのため、公表されたバグを経験することはなかった。ダウンロードすらしていなかったため、ダウンロードが停止されている現在では確認のしようが無く、来週末に公開されるであろうバグ取り版を待つしかない。


さて、本題に入ろう。

SD1/SD1 Merrill の AE は使えるかという問いに対して、私の答えは簡単だ。「特殊な状況でない限り SD1/SD1 の AE(評価測光)は十分に使い物になる。」つまり、普通の被写体を特殊な意図を持たずに表現しようとする場合は AE で撮影しても露出で失敗することはないだろうと言うことだ。

もちろん SD1 に限らず、他社の AE であっても苦手な被写体が存在する。主たる被写体が真っ暗な背景にスポットライトを浴びて浮かんでいる様な場合(マイナスの補正が必要)。大きく明るい窓を背景にした室内の人物(プラスの補正が必要)。夜景(点光源を表現するためにはマイナス、光源以外の被写体がメインならプラスの補正)。書類の複写(プラスの補正が必要)。

理想的な評価測光はこれらの特殊な状況を判定しつつ、AF と連動して、適正になるであろうと思われる露出の補正を自動的に行ってくれることになっている。が、カメラが撮影者の意図を斟酌してくれる訳ではないので、時として意に反した露出となることがある。

また一般的な被写体においても全体に暗いものは明るく、全体的に明るいものは暗く写るように露出が判定されることが多いのも皆さんご承知の通りだ。

なのでカメラ内 JPEG では明らかな露出オーバーやアンダーが出現するのだけど、撮影したデータを RAW 形式で保存してある場合は SPP での現像時に± 2.0 の補正を掛けることが出来るため±1段程度のオーバーやアンダーは許容範囲となる。

しかし、以前から SD1 の AE に関してはチョット気になる点があって、昨日の朝はそれを確認するためにテスト撮影を行ってみた。

まず、下の写真をご覧頂く。駐車場の手前に咲いている赤い小菊を真ん中に置いて普通に撮影している。露出の補正は掛けていない。それをそのままオールリセットで現像したものである。

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @18mm f:4.0 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

次にカメラの設定を全く変えずに中央の小菊に近づいて撮影。

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:4.0 1/30Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

中央の小菊が特に暗い被写体であるとは感じないのだけど、SD1 は遠くから撮影したときの4倍もの露出を掛けている。ご覧頂いてお判りの通り、かなりの露出オーバーで、赤い部分は完全に飽和している。

もしかすると SD1 の AE センサーは彩度の高い赤に対する感度が鈍いのかも知れない。


オット、ここで私のメインマシンのバックアップディスクその2にトラブルが発生。この続きはまた明日。

| | コメント (0)

SD1/SD1 Merrill の AWB はアテになるのか。 2013/11/11

AF と同様で AWB がどのような場合でもうまく働いてくれるカメラがあると言う話は聞いたことがない。しかし、これは至極当然のことで、カメラが環境光を高い精度で測定する機能を持っていない限り、正確な AWB を実現することは不可能である。

特殊な被写体でない限り、あるいは特殊な環境光でない限り AWB はある程度はアテになる。なので「特殊な状況」でなければ、AWB を使って撮影することに問題は無い。また、撮影したデータを RAW ファイルで保存するのであれば、現像時にホワイトバランスや色の偏りを補正できるので、必要以上に気にしなくても良い。

オートホワイトバランスが正確に働きにくい「特殊な状況」とはどのような場合を言うのだろうか。

まず第一に白飛びしない程度の明るさを持った無彩色な部分が画面の中に存在していない被写体。カメラは AWB を制御する際に被写体の環境光の色温度を測定するのではない。撮影されたデータを基にホワイトバランスを予想するのである。おそらく、ある程度の面積を持った飽和していない明るい部分をデータの中から探し出し、その色味が無彩色に近い場合、その色を無彩色として表現するのに必要な色の偏りを算出し、色温度あるいは色の偏りとしてカメラ内 JPEG を生成する際に参照し、その値を RAW ファイルに書き込む。

もし、ある程度の面積を持った飽和していない明るい部分がなかったり、その部分が極端な色の偏りを持っているような場合にカメラがどのようにして画面全体の色温度あるいは色の偏りを予想するのか、私には解らない。おそらくその部分はカメラメーカーの腕の見せ所となるため秘中の秘ではないかと思う。


いずれにしても RAW で撮影を行い、現像という処理を経て画像を生成する場合には撮影者が望ましいと思う色にする事ができるので、撮影時におけるオートホワイトバランスが正確であることはさほど重要ではない。私自身、AWB で撮影して現像時にカラーコントロールを全く行わないことは珍しいし、AWB での色味が気に入らない時にはホワイトバランスをマニュアルで設定する事も多い。その上でカラーモードまでいじくり回す。

つまり、個人的には SD1/SD1 Merrill の AWB はアテにならないと結論しないわけには行かない。しかし、私がいじくり回して出した色は私自身が好む色であって、それが正しいと言う保証は全く無い。なので、正しく表現するのであれば、「私には SD1/SD1 Merrill の AWB がアテになるかどうかを判断出来る能力が無いので、何とも言えない。」となる。(^^;

以前はイロイロな事を数値的に判断しようと試みたのだけど、色彩を正しく判定する為にはあまりにも考慮しなければならないファクターがあるため諦めたというのが現時点での私の結論である。

| | コメント (2)

SD1/SD1 Merrill の AF は使えるのか? 2013/11/10

SD1 が発売されたのは 2011年6月10日。その日から何枚の写真を撮っているかは良く判らない。が、意外と少なくて、4万枚くらいである。実際の撮影において DP Merrill シリーズを使うことが多かったため、枚数は伸びていない。

レンズテスト以外ではそのほとんどを AF で撮影している。発売された当初はイマイチだった AF の精度も現在ではかなり良くなったような印象がある。しかし、18-35mm F1.8 では AF での合焦率がかなり悪かったのと、USB Dock を使ってレンズの個体差を吸収する調整を行っていなかったため、AF での撮影はほとんど行っていない。昨日の黄色い小菊は 35mm で近接撮影だったため、意図的に AF を使っている。これは未調整でも 35mm に関しては AF が上手く働いてくれることが判っていたためである。

さて、下は昨晩、SIGMA Optimization Pro 1.1 を使って、18-35mm F1.8 の AF をカスタマイズした画面をキャプチャーしたものである。カスタマイズに使った数値は実際に撮影しながら調整したものではなく、今までこのレンズを使っていて、この焦点距離ではこれくらいずれていたと感じた値を設定しただけのものである。

この設定で各焦点距離の無限遠を AF で撮影して見たけど、ほぼ満足の行く結果となった。調整前は常に後ピン気味で、最も合焦率が悪かった 18mm の中心部だけを原寸で切り出して並べた。

SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @18mm AF テスト
@f:2.8 1/400 ~ 1/320Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

左上の一枚のみ MF で撮影し、その後ピントリングを左右交互にずらしておいて AF で合焦させた状態で撮影している。左下の画像が一番甘く、中央右の画像が最良のピントとなっている。A2 サイズであれば、全てのコマが合焦している。なお拡大してチェックされるかもしれないので、各画像の現像では TIFF で保存し、9枚を貼り合わせた画像は JPEG ではなく、PNG で作成してある。

18mm は三脚に乗せてミラーアップで撮影したのだけど、他の焦点距離は手持ちで撮影してみた。それでも上の 18mm とほぼ同様の結果で、予想以上に良かった事をご報告しておく。

ただ、このような無限遠の風景を f:2.8 で撮影する事は普通では無い。通常であれば f:5.6 以上の小さな絞りを使うはずで、こと AF に関する限り、被写体が動かないものであれば問題は無いと言える。

もちろん動態の撮影においてこれほどの精度が得られることを期待してはいけないだろう。SD1/SD1 Merrill に限らず、動態撮影において実用的に全く問題の無い精度を持った AF システムが存在していると言う話は聞いたことが無い。

| | コメント (0)

ややのんびり・・・。 2013/11/09

今日は「はな」の学校が土曜授業参観日。休日である親が授業を見られるようにと、わざわざ土曜日に行うので、参加させてもらった。月曜の時間割で3時間目だったため、授業は体育。本人はそれなりに一生懸命頑張っていたが、結果的にはイマイチ。まぁ、多くを期待しても仕方ない。(^^;

かなり早い時間に学校に着いたため、周囲を徘徊して写真を撮った。

『黄色い小菊』  3,348,654
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:5.6 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:曇り、カラーモード:スタンダード

18-35mm F1.8 で AF を使えるのは 35mm だけで、それより短い焦点距離だと、上手くピントが合ってくれない。18-35mm のファームウェアもまだアップデートしていないし、せっかく USB DOCK があるのに、時間がなくて AF の調整も行っていない。明日にでも AF のテストを兼ねて、18-35mm を調整してみよう。

上の黄色い小菊だけでなく、赤い小菊も撮ったのだけど、同じ明るさの下で撮ったにもかかわらずかなりのオーバー。つまりシャッター速度が非常に遅くなって、手ブレも起きてしまった。明日の朝、再度挑戦してみようと考えている。


最近のカメラは最低でも露出、カラーバランス、フォーカシングを自動で制御できる。が、その完成度はユーザーが望むほどには十分ではない。撮影者がある程度の経験を積むことによって、自動制御をアテにして良い場合と何らかの補正を加えないといけない場合がある事が判るのだけど、その線引きがきっちり理解できているかと問われると、心許ない。

少し自動制御についてテストをしつつ、考察してみようと思いついた。

| | コメント (0)

昨日の続き 2013/11/08

今日の仕事は基本的には昨日の続き。iMac はモリサワパスポートを使ってフォントをインストール。今年のバージョンからは CD-ROM ではなく、オンラインでモリサワのウェブサイトからアップデートプログラムをダウンロードして、フォントそのものもウェブサイトからのダウンロードとなった。

モリサワパスポートのライセンス認証はマシンに内蔵されている LAN アダプターの MAC アドレスがキーになっているため、HDD が交換されても、そのマシンがライセンス認証済みである事が確認できるため、何の問題もなく再インストールが出来る。今時 LAN インターフェイスが内蔵されていないパソコンは存在しないと言っても過言ではないので、良い方法だと思う。


一方の DELL のデスクトップマシンはまだ3年間の保証期間中であったため、抜き出した HDD を元に戻して、マシンチェックプログラムを動かして、HDD に障害が発生していることを確認した上で、HDD の交換となった。翌営業日オンサイト(出張修理)の契約であるため、月曜日には DELL の下請け業者さんが来て、修理してくれることとなった。

そんなこんなで、一日が終わってしまった。今日もしっかり疲れている。明日は久しぶりの完全休養日だけど、「はな」の土曜授業参観日でもあるので、小学校に出向いて授業を見てこようと思っている。

今日はさほど早い時間での出社は求められていなかったため、朝の散歩にカメラを持って出たのだけど、結局一枚も撮らなかった。相変わらずの愛想無しで申し訳ない。

| | コメント (0)

今日もバテバテ 2013/11/07

HDD の読み取り速度が異常に遅くなると言う大昔に流行したトラブルが発生。ただし、今回はソフト的なものではなく、ハード的なトラブル。私も初めての経験。パソコンから HDD を抜き出して、データがある部分(たった 75G)だけのチェックディスクに3時間も掛かって、エラーなし。

データは全て読み出せたので、代替機に移して作業完了。全部でほぼ8時間あまり掛かった。それと平行して修理に出してすっからかんの新品状態になって戻って来た iMac をフルインストール。LAN の設定、AD へのバインド、アプリケーションのインストール、BootCamp を入れて、Windows 7 もインストール。

しかし、どちらもマシンも完全には修復できていない。続きは明日。そんなわけで今日もヘロヘロ。これから夕食である。食事の後はすぐに寝たい気分。おやすみなさい。

| | コメント (0)

少し無理して仕事をしたけど・・・ 2013/11/06

今日は朝一から夜のこの時間まで、バタバタ。時間に追われっぱなしで、たいしたことはやっていないのに、とても疲れた。

もちろんカメラにも触っていないし、写真も撮っていない。明日も早朝から出勤。そんなわけで、おやすみなさい。

| | コメント (0)

私はまだ少し風邪気味。 2013/11/05

喉が少し変。熱も少しだけある。頭もモヤが掛かっている感じ。明日は少し早めに仕事があるため、さっさと寝なければならない。

おやすみなさい。

| | コメント (0)

体調不良は一段落 2013/11/04

ユー君の熱は下がって、元気に遊んでいる。おなかに少し赤い点々がでているので、やはり乳幼児性発疹である可能性が高い。が、本来なら高熱が続くはずなのに投薬しているせいか、37度を越えてはいない。私の体調はイマイチ。少し風邪気味かなと言った感じである。ヨメさんは熱が下がったと言うことで、インフルエンザではないようなので、医者へは行かないとのこと、「はな」を連れてイオンモールにショッピングに行ってしまった。私はユー君のお守りをしながら、これを書いている。

今朝は雨で、今は止んでいるが写真を撮りたくなるような天気ではない。後でユー君やらショコラを室内で撮影しようかと思っている。これからユー君に昼食を与えるため、ここで一旦お休み。


ユー君が昼寝をする前に、撮った。

『振り向いたユー君』  3,595,188
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @26mm f:4.0 1/50Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート、ストロボ使用


『歩行器に寄りかかるユー君』  3,561,702
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @20mm f:4.0 1/50Sec. ISO100
マニュアル露出、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート、ストロボ使用

最近はつかまり立ちや伝い歩きをするようになったので、目が離せない。可愛い盛りで親としてはメロメロである。

| | コメント (1)

一家で体調不良 2013/11/03

昨晩、ユー君がかなりの高熱を出した。インフルエンザかも知れないと思ったが、一生懸命冷やした結果、今朝になって37度程度に落ち着いた。おそらく乳幼児性発疹だと思ったが、念のため今日はいつもの医院に連れて行った。ヨメさんと私も少し熱が有り、体調がイマイチ。「はな」はこの数ヶ月外へ出ると咳が止まらない状態が続いている。

お医者さんの判断もおそらくユー君は乳幼児性発疹でしょうとのこと。「はな」は薬をもらった。ヨメさんは日曜日もやっていると言う医院(ユー君と「はな」のお医者さんと同じビル)に行ったけど、本日休診となっていて、ヨメさんは医者にかかれず。

帰って来て休日診療を行っているとなっていた医院のウェブサイトをチェックしたけど、今日が休診であるとはどこにも書いていない。何のためのウェブサイトなのか。

ヨメさんは明日、確実に診療している医院を電話で確認したので、そちらに行く。私はややだるいと言っただけなので、家でユー君と留守番をする予定。

そんなこんなで今日は写真を撮るどころではなかった。


さて、今は午後9時17分。日本シリーズ第7戦は7回を終わって3対0で楽天が勝っている。このままアップせずに、この試合が終わるのを待って、結果を記載した後、掲載しよう

やはり9回の巨人の攻撃にはマー君が登板。2アウト1,3塁まで巨人は粘ったが、得点できず。楽天の日本一が決まった。先天性巨人フアンとしては少し残念。

| | コメント (0)

久しぶりにお花 2013/11/02

先ほどまで日本シリーズ第6戦を見ていた。ここでマー君に土を付けなければ巨人は日本一を逃す。何とか頑張って、3勝3敗の対に持ち込んでくれた。私は4勝2敗で巨人が勝つと予想していたのだけど、第7戦までもつれ込んだ。楽天フアンには申し訳ないが、敵地で日本一が決まりそうだ。

熱心な野球フアンではないけれど、先天性巨人フアンとしては楽しみである。


朝の散歩で見つけた花。

『シュウメイギク(秋明菊)』  2,005,838
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:4.5 1/200Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

この季節に咲くからだろうか、菊と名前は付いているけど、アネモネの仲間。


『ルコウソウ(縷紅草)』  3,522,926
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @22mm f:8.0 1/20Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

普通はもう少し早い時期に咲く花らしいがとても小さくて、赤と白の花が咲いていた。


『小菊』  3,779,109
SIGMA SD1 + SIGMA 18-35mm DC HSM @35mm f:5.0 1/60Sec. ISO100 EV+0.3
絞り優先AE、MF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

普通によく見る小菊。大輪の見事な菊も悪くはないのだけど、私はこの素朴さが好き。

| | コメント (0)

今日はバテバテ 2013/11/01

会社2つを掛け持ちして、結構忙しくて、夜中を過ぎてようやくブログを書くことが出来た日。

早朝から働いたため、写真も無し。おやすみなさい。

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »