« SD1/SD1 Merrill の AE は使えるか? その2 2013/11/14 | トップページ | SD1 の AF を再調整中したけれど・・・。 2013/11/16 »

SD1 の AF 再調整中。 2013/11/15

A3 サイズ程度のプリントであれば、SD1/SD1 Merrill の AF は十分に使い物になる。ただし、被写体が静止している場合。しかし、私が所有している SD1 と 18-35mm F1.8 の組み合わせにおいて、18mm ~ 28mm では USB Dock と SIGMA Optimization Pro を使ってカスタマイズ(合焦位置補正)をしてあげないとやや後ピンであった。

この前、いい加減に調整をして、いい加減に撮影した結果がほぼ満足の行く状態だったので、その後 AF での撮影を行っていたのだけど、ディスプレイ上に原寸で表示してしまうと(ほぼ A0 サイズ= A4 サイズ 16 枚分)やはりイマイチ。

今朝は再びテスト撮影を行って SIGMA Optimization Pro でカスタマイズ。上手く調整できているかどうかは不明。明日の朝、再度 AF でのテスト撮影を行い、結果を判断する。


銀塩の時代であれば、大きくプリントすると言っても、せいぜい A2 サイズ程度だったので AF に求められる精度は今ほどシビアではなかったと思う。が、ピンぼけが露骨に判ってしまう FOVEON センサーで 1,500 万画素の画像を出力し、それをディスプレイ上に等倍で表示させてピントのチェックを行うのだから、そこに求められる AF の精度は半端ではない。

さらに DP Merrill が持つコントラスト検出方式の AF はわずかなピンぼけを検知しやすい FOVEON センサーであるが故に、非常に高い精度を持ち、ディスプレイ上での等倍鑑賞でもしっかりピントが来るため、SD1/SD1 Merrill の合焦精度に不満を感じてしまう。

やはり SD1/SD1 Merrill の後継機には是非ともライブビューを使ったコントラスト検出方式の AF を搭載して欲しいものだ。

|

« SD1/SD1 Merrill の AE は使えるか? その2 2013/11/14 | トップページ | SD1 の AF を再調整中したけれど・・・。 2013/11/16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD1/SD1 Merrill の AE は使えるか? その2 2013/11/14 | トップページ | SD1 の AF を再調整中したけれど・・・。 2013/11/16 »