« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

超々多忙。 2014/03/28

四年前に作ったシステムで「消費税が変わる日(2014/04/01)を含む売上先(=月末締めで無い顧客)に請求書を出した場合には、消費税額が狂うため、請求書発行時に消費税額の修正を行わなければなりませんが、それでよろしいですね。」と確認してあった。

実際にその対象となる顧客は70件程度で、4月の請求書発行時に一度だけ計算して修正すればそれで済むことがわかっている。また、仕入に関しても同じ。

にもかかわらず、それを自動で処理して欲しいとお客に頼まれた。請求書発行や売上台帳のプログラムを2週間ほど前から機能修正しているのだけど、なんとか今月中に終わらせて欲しいとの事。

この2~3日、あまり良く寝ていない。

たまたま、会社その1でのメールシステムの切り替えと重なったため、昼間は全く時間が無い。

そんなこんなで、ヘロヘロ。4月までは全くと言って良いほど時間が無い。

そんなわけで、ブログはチョット手抜き。誠に申し訳ないけど、あと3~4日は愛想無しである。

| | コメント (0)

お買い物 2014/03/22

ヨメさんの出勤前の時間を使って、一家総出でららぽ~とへ出掛けた。寒いと言う程ではなかったけど、風はまだ冷たかった。

『運転終了』  2,541,362
SIGMA DP2 Merrill @f:3.2 1/50Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


『ゲーム中』  2,706,050
SIGMA DP2 Merrill @f:3.2 1/25Sec. ISO100 EV-0.3
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
Photoshop にて肌色をレタッチ。


ヨメさんの仕事が忙しくて、帰って来たのが午後 11 時少し前。二人とも少々疲れ気味。たまにはのんびり休みたい。

| | コメント (0)

春分の日 2014/03/21

仕事が立て込んでいて、ヨメさんが家にいないものだから昨晩も「はな」と外食になってしまった。いつもの回転寿司で満腹。家へ帰って来て、しっかり疲れていたのでそのまま寝てしまった。

この数日間、かなり暖かい日が続いている。暑さ寒さも彼岸までを実感。間もなく春である。今日はヨメさんが実家から帰ってきた。

ユー君と「はな」にお昼を作って食べさせて、オークションに余っているエネループ専用充電器を出品して、ユー君と「はな」に夕食を食べさせて、ユー君にミルクを飲ませて添い寝。ユー君が寝息を立て始めたので布団から抜け出したら、ヨメさんが帰ってきた。二人で一緒に夕食を食べて、一息ついたところ。

特に書くこともなく、本日も愛想無しで申し訳ない。おやすみなさい。

| | コメント (0)

「はな」と二人で外食。 2014/03/19

ヨメさんがユー君を連れて実家に帰っているため、今夜は「はな」と二人で夕食となった。いつもの回転寿司に行こうとしたら「はな」が洋食が良いというので、近所のファミレスへ。

「はな」はチーズインハンバーグとビーフシチューを掛けたオムライスをぺろりと食べた。大人並みの食欲である。あと2週間で「はな」も小学校6年生。全く月日の経つのは速いものである。あと半年で満12歳になるので、今年の9月で SIGMA SD9 が発売されてから12年になると言うことだ。

デジタルカメラの進歩は非常に速いと言うことになっているが、SIGMA のデジタルカメラの進歩は決して速くはない。非常に遅いとは言わないが、もう少し速くなって欲しいとは思う。

まぁ、特殊なイメージセンサーを使っているので仕方ないが、本業のレンズと比べると、その開発の速度はイマイチ遅いような気がする。カメラの売上は全体の1割程度と言うことなので、あまり力を入れられないのも解るが、もう少し頑張って欲しい。しかし、あまりにも速い速度で矢継ぎ早に新製品を出されても、こちらの懐が追いつかないので、今ぐらいが丁度良いのかも知れない。

カメラもさることながら、ボチボチ SPP Ver.6.0 が発表されそうな雰囲気である。dp2 Quattro が出る前に SPP Ver.6.0 が出て、Quattro の発売と同時にバグフィックス兼 Quattro に完全対応した Ver.6.1 が出ると予想しておこう。

| | コメント (0)

春一番が吹いた日。 2014/03/18

今日はとても風が強かったが、少しも寒くなく、朝の散歩で桜を見つけた。

『桜 2014 その1』  6,544,003
SIGMA SD1 + 18-35mm F1.8 DC HSM @35mm f:6.3 1/160Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:スタンダード

家に戻って、大急ぎでコートのインナーを外した。間もなく春である。


その後、昼からパートの仕事に出るヨメさんと一緒にユー君を連れてららぽ~とに行って来た。歩き始めたユー君の歩行訓練も兼ねている。まだ足下は少々おぼつかない。

『歩行訓練』  3,558,280
SIGMA SD1 + 18-35mm F1.8 DC HSM @31mm f:5.6 1/125Sec. ISO100
絞り優先AE、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート


明日と明後日は義母が検査入院なので、義父の世話をしなければならないため、ヨメさんがユー君と実家に行ってしまう。仕事を少し早めに終えて、「はな」の面倒を見なければならない。

| | コメント (0)

外付け Blu-Ray ドライブ。 2014/03/17

急いではいなかったのだけど、必要があって、外付けのブルーレイドライブを探していた。信頼性が高く、小さくて、格好良くて、出来ればスロットタイプで、USB3.0 が使えるもの。

実はそれに該当する機種は1種類しか無い。Pioneer BDR-XS05J と言うモデルである。4ヶ月ほど前からヤフオクでアラートを設定して、中古品が出て来るのを待っていた。一昨日、新品同様の品物が即決で出品され、妥当な価格(送料を入れても新品最安値の3/4以下)だったので、落札した。

パイオニアのサイトから一見スケルトンに見えるような着せ替えパターンをダウンロードして、着せ替え。なかなか面白い。

外付けブルーレイドライブとしてはかなり高価なモデルであるが、光ドライブはパイオニア製しか使わないと決めているので、致し方ない。スロットインにこだわらないのであればほぼ同じ性能の BDR-XD05BK がある。内蔵型は BDR-209XJBK がお薦め。ピアノブラックの高級感がお好きなら BDR-S09J-BK がある。

以前よりは大分安くなったブルーレイドライブ。一台いかが?

| | コメント (4)

相変わらず多忙。 2014/03/14

一昨日と昨日は家に帰り着いた時点で、時計は午後11時を廻っていた。今日は午後9時前に自宅での食事を終わることが出来た。

このところ Office365 の導入で多忙である。今月中に全ての準備を終えて、来月の1日から社員全員のメールシステムを切り替える。Outlook や Livemail、MacMail でも良いとは思うのだけどセキュリティー上の理由で、会社のトップがコンピュータの中にメールが保存されることを良しとしなくなったためである。

Exchange Online にする事のメリットはあるのだけど、社外からのアクセスに制限を掛けると、イロイロと不都合な部分が出て来る。社員全員に iPhone を持たせて、メールの閲覧は出来る様にするのだけど、どうしても社外でメールを拾って、データを加工し、即座に返信しなければならない状況があるとのこと。

Windows マシンは MAC アドレスを、Mac はコンピュータ名をあらかじめ Online Service Gate と言うクラウドサービスのシステムに登録して社外からのアクセスを可能にする。但し、社外へ持ち出すパソコンは全て HDD への書き込みが暗号化されるように設定しなければならない。

Windows の場合は 8.1 にアップデートして BitLocker を使い、Mac の場合は FileVaul を使って HDD 全体を暗号化してしまう。これにより、万一パソコンが盗難に遭っても、ユーザー ID とパスワードが解らなければ内容を読まれる心配は無い。

私が会社その1のシステムを管理するようになって25年以上になるけど、今までセキュリティー上の事故が起きたことは一度も無い。が、何も対策をしない状態である限り、そう言ったトラブルが起きないという保証はどこにもない。大きな事故が起きる前に、可能な限り手を打っておくことは間違いでは無いだろう。


今日は一日の大半を Office365 を管理するための PowerShell コマンドを勉強するのに費やした。本業がプログラマーだし、大昔は CP/M や MS-DOS でコマンドを叩いていたので、コマンドが長く、パラメータが異常に多いことを除けば、さほど抵抗はない。

常に新しいものを覚え続けなければならないのはシステムエンジニアの宿命であるが、それを楽しんでいる私がいる。

| | コメント (0)

あれから3年。 2014/03/11

おそらくこれから先も3月11日という日が巡り来る度に三年前の恐ろしい出来事を思い出すだろう。東京にいてもかなりの揺れだったし、帰宅途中の駅構内で地震に遭遇したため5時間も掛けて自宅まで歩いた。

しかし、私が家にたどり着くために長時間歩いたことなど、東北で津波の被害に遭われた方々の苦労と悲しみに比べればささいなことだ。多くの要因によって復興が遅れ気味であるらしい。一日も早い復興をと口で言うのは簡単だけど、そのために私が何かをしてきたのかと自分自身に問いかけてもほとんど何もしてこなかったと言う答えしか返ってこない。

このところ自分と自分の家族が人並みの生活を送れるようにする事で精一杯。世の中に対して何か役に立つことをすべきだという気持ちはあるのだけど、それを実行に移せるだけの時間や肉体的、精神的なゆとりがほとんど無い。それを恥ずかしいと思う心も少しだけある。

「やらない事」を「出来ない事」と言うのは卑怯だけど、色んな意味でのゆとりが無い現在、致し方の無い事と言い訳させて頂く。

| | コメント (1)

土日は仕事しているより疲れるのかも・・・。 2014/03/09

「はな」が家にいる分、面倒を見なければいけない部分が増える。特に昨日はヨメさんの体調が悪くて、午前中から医者に行ったため、朝の早い時間からパートから帰って来る夜の 10 時過ぎまで子供達の面倒を見なければならなかった。

今日は友人に頼まれた無線 LAN の設置があったため、朝一で友人宅へ出向いて、ヨメさんがパートに出る前に帰宅、その後二人の子供達の面倒を見ていた。

会社その1での仕事が忙しくなって来たため、勤務時間も長くなり、帰宅時間も遅くなっている。そんなわけでなかなか写真を撮る暇もなく、のんびりと写真の事を考えている時間も思うように取れない。

ゴールデンウィークが終わるまではこの状態が続くことがわかっているのだけど、何とかわずかな時間でも、好きな写真と向き合っていきたいと思っている。

そんなわけで、今日はこれにて失礼。

| | コメント (0)

単3型充電池の話 その5 2014/03/07

もし私が SIGMA SD9/SD10 のユーザーでなかったら、これほど単3型充電池に気を遣うことはなかっただろう。SD9 はカメラの露出制御などはそれ専用のリチウム電池(CR-123A)2本でまかない、デジタル処理に掛かる電力は同じくリチウム電池の CR-V3 を2本使う仕様になっていた。また、SD10 では CR-123A が不要となり、カメラ底部の CR-V3 2本だけでカメラは動くようになった。

が、SD9/SD10 とも底部に装着する CR-3V のバッテリーケースが非常に凝った作りとなっていて、単3型の電池4本をセットして CR-3V の代わりとすることが出来た。また、取扱説明書にも単3型充電池の使用が可能と明記してあった。もし、SD9/SD10 が単3型充電池を使えない仕様だったら、私はエネループフェチにはならなかっただろう。

その話を詳しくするともの凄く長い話になってしまうので簡単に説明すると、SD9/SD10 で当時の単3型ニッケル水素充電池を使う時には、接点と電池との通電を良くするためのナノカーボンを素材とした接点改質剤を使い、撮影の前日にリフレッシュ充電を行った電池を使うようにしていた。

当時の単3型ニッケル水素充電池は容量は十分にあっても自己放電や使用時の電圧降下が多かったため、非常に気を遣って使用しないと十分な撮影枚数を稼ぐことが出来なかったのである。

2005 年の 11 月にサンヨーから発売されたエネループは容量こそ少なかったが、自己放電が非常に少なく、それまでの大容量充電池とほとんど同じくらいの枚数を撮ることが出来た。しかも、充電や保存にほとんど気を遣う必要がなく、撮影が終わったら充電して、そのまま1~2週間置いておいても、次の撮影でも同じくらいの枚数が撮れた。

とにかく「単3型ニッケル水素充電池はしっかり管理してあげないと十分にその性能を発揮できない」というそれまでの常識を覆してしまう、とんでもない電池だったのである。

| | コメント (0)

単3型充電池の話 その4。 2014/03/06

昨日も今日も会社その1での仕事がいっぱいあって、帰りがとても遅くなったため、少々疲れ気味。とりあえず写真だけ・・・。

我が家にもあった初代エネループ・eneloop のロゴ、一番右の p の右下に (R) 登録標章マークが付いていないのが初代エネループである。電池式蚊取り器の中に2本入っていた。このころは使用回数約 1000 回となっていた。

これが一昨日記事に書いた、エネループプラス。「万一の誤使用時にも安心をプラス!温度上昇を抑える充電池」と言うのがキャッチフレーズ。


左がサンヨーの eneloop のロゴ入り、標準型充電器。NC-TGN01 である。電池個別診断機能は付いている。両端が2倍速充電可能。右はパナソニックの BQ-CC08 高機能な充電器である。


左はサンヨー、エネループプロ用の充電器、NC-TGR01 のブラックモデル。パイロットランプが4つ付いている高機能型である。右はパナソニックの最新型 BQ-CC21 のブラックモデル。現時点では最高かも知れない。


昨日、寝太郎さんのコメントにお返事した際に所有していると書いた SONY の充電器。左が液晶・リフレッシュ機能付き急速充電器の BCG34HRM、右が充電式ニッケル水素充電池専用リフレッシュ機能付き急速充電器 BCG-34HRD(但し蓋無し)である。

| | コメント (3)

単3型充電池の話 その3。 2014/03/04

ユー君に夕飯を食べさせようとしたら、食事用の椅子の上で寝てしまった。今日は午後の昼寝をしなかったせいだろう。起きるまでは2~3時間ありそうなので

とここまで書いたら起きた。わずか20分ほど寝ただけである。睡眠欲より食欲のが強いようだ。食事をさせて、ミルクを飲ませた。さすがに今日は早く寝てくれるだろう。ユー君も間もなく1年と3ヶ月。真夜中に起きて泣くことはほとんどなくなって来た。


ヨメさんに頼まれてユー君の為に新車を購入。1歳半からとなっていたので、少し早いかなと思ったけど、絶版となっていたニューパジェロをオークションで探し続け、新品を入手することが出来た。

『ヨイショ』  3,221,524
SIGMA SD1 + 18-35mm F1.8 DC HSM @18mm f:4.0 1/50Sec. ISO100
マニュアル露出、AF、ホワイトバランス:オート、カラーモード:ポートレート
Photoshop にて車の色をレタッチ。

やはり少し大きくて、まだまたがった状態で両足を床に着けることはできない。これに乗って遊ぶのは数ヶ月後になるだろう。


ユー君のオモチャの一つにプラレールがある。鎌倉の実家へ帰るときに乗るのが総武線の快速。東京駅からは横須賀線となる E217 系の電車である。我が家にはこの電車のプラレールモデルと N ゲージの模型がある。プラレールの電車は単2電池で動くのだけど、外箱の裏の注意書きには「充電式(ニカド)電池は絶対に使用しないでください。」と書いてある。

タカラトミーお客様サポートにはその理由として「充電式電池は電気を蓄える容量が大きい為、お子様が遊ぶおもちゃで何か不具合があった場合に電気が流れ続けることになって 充電式電池の破裂や発火 発熱などを起こしてしまうことがあります。」と書かれている。これは本当の事で、充電池がショートすると異常な発熱が起きる。エネループをショートさせて実験した家電 Watch の記事には最高で 114°C になったと書いてあった。

10年ほど前にオモチャ用として発売されていた充電池もあるのだけど、実はエネループにも発熱すると放電を遮断する仕掛けを組み込んであるものがある。それが今は亡き、エネループプラスである。この充電池は本体の中にポリマー系のPTCサーミスタ(Positive Temperature Coefficientサーミスタ:素子温度が一定の温度以上になると急激に抵抗値が上昇する部品)を内蔵していて、ショートさせても 50°C 以上に温度が上がると放電が止まる。温度が下がると再び使える様になる。温度ヒューズは切れたら取り替えなければならないが、このサーミスタは自動復帰ブレカーと同じで、温度が下がれば抵抗値が下がり、何もしなくても電力は復帰する。電池としての諸元は通常版のエネループと同じ min1900mAh である。

パナソニックブランドになった時に、このエネループプラスはシリーズのラインナップから外れた。パナソニックブランドでは販売されていない。サンヨー時代の市中在庫がまだあるけど、近い将来入手は困難になるだろう。このエネループプラスも8本持っている。オモチャで「充電池は使わないで」と書いてある場合でも安心して使える唯一の充電池である。

パナソニックブランドで復活するかどうかはわからないので、安全性の問題で充電池の使用が推奨されていない機器に使える唯一の充電池なので小さいお子さんが遊ぶオモチャ用の充電池としてお薦めする。

エネループプラスと昔のエネループが見つからない。どこに仕舞ったのか思い出せない。とりあえず昨日の話に出て来た充電式エボルタで唯一日本製の高出力型(パナソニックは「ハイエンドモデル」と称している)とサンヨー時代のエネループプロ。



最後はエネループフェチなら必ず持っているエネループのキャリングケース。隙間が多すぎて実用的では無い。単なるメモリアルと化してしまった。この中に入っていたエネループが我が家のどこかにあるはずなのだけど・・・。(^^;

| | コメント (3)

単3型充電池の話 その2。 2014/03/03

今朝、納品しなければならないプログラムは一昨日の夜に完成していたので、全く問題なく納品が完了。消費税が4月に変わるが、月末締め以外の顧客に対しては、正確な計算が出来ない。これは4年前にシステムを納品した際に、消費税が変わる日付をまたぐ請求は、消費税額を手計算して修正するので、そのままで良いと言われて、そのまま納品した。が、ここへ来て、自動的に正しい計算ができるのであれば、そうして欲しいとの依頼。消費税を計算している部分(請求書、売上元帳、売掛残高一覧など)を全て書き直さなければならない。2週間ほど時間をもらったが、チョット忙しいことになりそうだ。


さて、エネループの話を続けよう。記念として売らずに残してある SONY の CycleEnergy。現在売られているものは Made in China となっているが、このモデルはエネループの OEM だったことは良く知られている。

現在のものはデザインも生産国も違っているが、この CycleEnergy は正真正銘のエネループの OEM Made in Japan の表示がある。8年ほど前に購入したものだ。


現時点でエネループと名前が付かないエネループ(OEM?)は FDK の富士通充電池。左は通常のタイプ、右が高出力型である。マクセルとか東芝などもニッケル水素充電池を出しているけど、いずれも Made in China となっているので、エネループの OEM で無い事は確かだ。


これはエネループの限定版の中でもお気に入りのショコラの中の変わり種、オレンジピールとシャンパンである。高出力型ではないのに手元に残してある 24 本のウチの8本である。


そして、これが現在売られているパナソニックのロゴになったエネループプロ。多分、明日掲載するエボルタ充電池の高出力型と同程度の性能である。

明日に続く。

| | コメント (1)

たまには単3型充電池の話。 2014/03/02

私は知る人ぞ知るエネループフェチである。サンヨーからパナソニックになってしまったけど、ニッケル水素充電池はエネループが一番良いと思っている。所有している 80 本あまりの単3、単4型充電池の全てがエネループかその OEM である。

単に長持するだけなら min2700mAh のものが出ているが、これはいわゆるエネループタイプではない。エネループの良い点は充電後の自己放電が非常に少なく、1年後であっても 85% 程度の電力を保持している点にある。メモリー効果が少ないと言われているけど、全くないわけではないので、継ぎ足し充電を頻繁に行った場合は、放電機能が付いている充電器を使って放電後充電をしてあげるか、ちゃんと使い切ってから充電することをお勧めする。

以前はほとんど全てのバージョン(トーンズと呼ばれるものやディズニー仕様などの限定品)を持っていたのだけど、最近は高出力タイプ(エネループプロ)と過放電しても温度が上がらない安全タイプ(エネループプラス)しか使わなくなったため、好みの色を残して、ほとんど全てオークションに出品してしまった。なので、普通の出力 min1900mAh のものは 24 本しか持っていない。

エネループの高出力タイプはエネループプロのみで、外装はエネループのロゴが大きく入っているサンヨー時代のものとパナソニックのロゴが大きく書いてあるパナソニック時代のものがある。サンヨー時代のものは既に生産、販売を終えているので、これからは、パナソニックのロゴが大きく書かれているもののみとなる。

が、実際の製造元である FDK(富士通)も同じものを富士通ブランドで製造、販売している。富士通充電池(高容量タイプ)単3形(HR-3UTHA)min2400mAh 1.2V がそれである。もしかするとエネループプロの一つ前のバージョンかも知れない。ウェブサイトで調べると、エネループプロの宣伝文句、スペックと全く同一である。上海問屋で4本¥999 で特売されることもあるので、お買い得である。

そして、以前はパナループと揶揄されていたパナソニックのエボルタ充電池がある。これにも高出力型があって、充電後の自己放電もエネループとほぼ同じ性能のようだ。

さて、これらの高出力型低自己放電は公称の再充電可能回数が通常のエネループやエボルタ充電池と比較して1/4しかない。具体的には 500 回となっている。たぶん、500 回も充放電した場合には電圧か充電容量が低下して実用上は使い物にならなくだろうから、話半分として、250 回あたりが限界だろう。それでも、1週間に一度充電したとして5年くらいは持つ計算になる。

5年もすればより高性能な電池が出てくるだろうから、自然と買い換えることになると思われる。もちろん、殆どの場合 min1900mAh の普通のタイプで十分長持ちするものもあるので、何が何でも高出力型でなければならないとは言えない。が、高出力型であれば電池を取り替える回数が少なくなることは確かだ。

なお、エボルタ充電池の高出力型でないものは国内生産品ではないので、そのあたりを気にする方にはお勧めしない。が、エネループは全て国内で製造されている。以前は他社に OEM していたようだけど、現在では他社のものは殆ど中国製になってしまった。

明日に続く。

| | コメント (3)

早くも3月。 2014/03/01

月曜日に納品するプログラムは完了。クエリを実行するとちゃんと動くのに、プログラムの中でそのクエリを使うとエラーになる。どうやらサブクエリの中でフォームにあるテキストボックスの値を参照している部分にバグがあるようで、テキストボックスから値を持ってくるのを止めて変数に置き換えたら、ちゃんと動いた。ほぼ3時間あまり損をしたけど、何とかなったので良しとしよう。

今日は朝一で友人の家へ行って、宝石を拡大してテレビに映し出すカメラの調整を行い、梱包して発送伝票を書いて一仕事終了。無線 LAN を増設したいとのことで、また来週、装置を購入して、ハブと LAN ケーブルを持って行くことになった。少し大きめの一軒家で、二階があるためチョット贅沢ではあるけど WZR-900DHP2 を購入する予定である。


吐いた毛玉の中に猫回虫がいたため、明日は再び虫下しを投与してもらうため「きなこ」を動物病院に連れて行く。「きなこ」が我が家へ来てから、9ヶ月になる。いつまでもショコラと「きなこ」を隔離しているのは良い事ではないし、猫同士、相手の存在を容認し始めたようなので、週に1~2回はフェンス越しに対面させている。仲良くならなくても良いから、取っ組み合いの喧嘩さえしなければ良いと思っている。喧嘩をしかけるのは常にショコラなので、チョット可哀想ではあるが、ショコラの去勢を考えている。

ヨメさんが仕事から帰って来るのが夜の9時過ぎなので、夕飯の後、イロイロ話をしているとこんな時間になってしまう。おやすみなさい。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »