« SIGMA dp2 Quattro の高感度 2014/06/27 | トップページ | これで今日は最後 2014/06/27 »

アップアップ 2014/06/27

【本日5本目の記事】

今日テスト撮影したものを超横着な現像で一気にアップしてしまった。が、JPEG 撮って出しばかりの作例が多かったので、多少は役に立ったかも知れない。

忘れないうちに SIGMA dp2 Quattro のファーストインプレッションの手前くらいのインプレッションを書いておこう。

まずはカメラの使い心地。DP2 Merrill に慣れていると QS メニューにチョット戸惑う。が、慣れれば問題なし。ボディの質感は満点。さすがはマグネシューム。dp2 の刻印が心地よい。純正のレンズフードはとても大きいけど、MF 時に指が写真に写り込む心配がなくなると言う意味で、良い大きさとしておく。

電子水準器の精度がイマイチ。水平の調整は出来るけど、許容範囲の調整が出来ない。シグマには一考を望む。

撮影時の画像処理速度は全く文句なし。特に SD1/SD1 Merrill ユーザーにとっては夢のような速度である。但し、私は DP2 Merrill でも十分に速いと感じていた人なので、そのあたりは割り引いて考えて欲しい。

まだ2~3日使ったわけではないけど、この変態カメラ(シグマの山木社長命名)の握り心地は決して悪くない。シグブラの三井氏が、縦位置は右手を下にして構えるそうだけど、私も賛成。当然親指でシャッターを押す事になるけど、SD1 でも、時々やっている。

バッテリーの持ちはとても良い。1本で 300 枚は行ける。急いでバッテリーのみを購入する必要はないが、4本くらいは欲しい。色つきのシールが付いてくるが、油性ペンで番号を書いておくことをお勧めする。

250 カットほど撮影して、2回フリーズした。電源を切ることは出来るので、そのまま再起動したら何の問題もなかった。失われたカットは無い。

SD カードスロット、USB ソケットが普通に構えて左側にある。が、それをカバーしているのが硬質ゴムの蓋である。おそらく防滴性を考慮したためと思われるが耐久性が少々心配である。

AF はリミットモードを使わなくても十分に速い。また、リミットモードの合焦範囲をカスタマイズすることも可能で、事前にこれを準備しておけば、AF の速度はさらに速くなると思われる。

ホワイトバランスに関しては特筆すべき機能が加わった。撮影時にホワイトバランスの微調整が可能になっている。私の様に何でもオートで撮って、SPP で色味を整える人にはあまり魅力はないが、撮影時の色味を気にする人には有効な機能だと思う。なお、新たに色温度による指定も出来る様になったが、その時でもホワイトバランスの微調整は可能である。

撮影していて一番嬉しかったのは2ダイヤルになり、手前のダイヤル(前後を入れ替えることも可能)で露出補正が出来る様になったことだ。なぜこの当たり前の機能が SD1/SD1 Merrill に搭載されないのかは未だに謎である。


目がしょぼしょぼになって来たので、SPP 6.0.1 での調整方法も含めた SIGMA dp2 Quattro の画質に対する評価は明日にしたい。が、イロイロやってみた結果、輝度ノイズリダクションを最低にして、シャープネスを -1.5 くらいにすると、自然な感じになるようである。

|

« SIGMA dp2 Quattro の高感度 2014/06/27 | トップページ | これで今日は最後 2014/06/27 »

コメント

> けーざいさん

一昨日と今日、雨の中で撮影しています。結構濡れましたが大丈夫みたいです。(^^;

投稿: maro | 2014.06.29 23:07

> だびょんさん

とんでもなくひどいとは思いませんが、せめてプラスチックの蓋であって欲しかったと思います。

ケーブルレリーズ自体はなかなか良いですよ。

投稿: maro | 2014.06.29 23:06

Quattroの「なんちゃって」防滴性能に期待しています。
SD14並ならばそこそこ使えるはずですので・・・

投稿: けーざい | 2014.06.28 01:23

maroさん、詳細なレポートありがとうございます。
相変わらずMacでは現像できませんが、Windows7のPCでは問題なく動いていますので、明日朝撮影に出かけようと思います。
しかし、SDカードののふた、やっぱり心配です。頻回に出し入れすると、すぐ緩くなりそうです。また、レリーズを付けている時、カードの挿入口が丸出しになるのも不安が・・・。

投稿: だびょん | 2014.06.27 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA dp2 Quattro の高感度 2014/06/27 | トップページ | これで今日は最後 2014/06/27 »