« SPP 6.0 はどうなる? 2014/06/15 | トップページ | チョットだけ忙しい 2014/06/17 »

SIGMA dp2 Quattro の描写力 2014/06/16

実際には自分で撮影し、他のカメラやレンズで撮ったものと比較して見ないと何とも言えないのだけど、シグマが dp2 Quattro を発表した当初から主張しているベイヤー型イメージセンサーの 3,900 万画素相当と言う画質について考えて見た。

SIGMA dp2 Quattroの特徴についてのページの一番上に「SIGMA Photo Pro 6による SUPER-HIGH出力」のサンプルがある。私はこの前の記事で「カメラ内 JPEG」と書いてしまったが、SPP で現像し、拡大出力したものだった。なので、カメラ内 JPEG の実力は現時点では不明である。

で、その下に NIKON D800/D800E あるいは SONY α7R で撮影されたと思われる画像があって、それと比較をしている。

この比較はチョット変わっている。なぜならば dp2 Quattro の標準出力画素数は約 1,961 万画素であるのに、それを SPP で 3,932 万画素に拡大して保存した画像で比較しているからだ。皆さんご承知の様に、デジタル画像は拡大されることによってその鮮鋭度を失う。通常はその失われる鮮鋭度を補正する為にレタッチソフトや現像ソフトでシャープネス処理を行う。dp2 Quattro の画像にも、SPP で処理されたと思われるシャープネスの痕跡がわずかに見られる。が、3,600 万画素の画像には露骨なシャープネス処理の痕跡が見えない。もし、3,600 万画素の画像にもう少しシャープネスを掛けたら、どうなっていたか?

と言う話は置いておいて・・・。


シグマはほぼ同程度の解像力が有るとしている。確かにその通りだとは思う。また、シグマが主張している 3,900 万画素相当の解像度という点についても言いがかりを付けるつもりはない。比較するべき画像の撮影方法及び現像方法、レタッチの有無で判定はどう転ぶかはわからないが・・・。

でも、私としてはダメなものと同じ土俵に上がって、同じくらいダメですと言うのは何か間違っている様な気がする。こと解像度に関しては FOVEON センサーの解像力をベイヤー型イメージセンサーのそれと比較すること自体、あまり意味が無いと感じている。

2年前に NIKON D800E と SIGMA SD1 で写し比べをしたことがあり、その画像を比較する際には、どちらの画像も拡大縮小を行わなかった。そのままの出力を見て欲しかったからである。が、もし何かをやるとしたら、NIKON D800E の画像を SD1 の画素数と同じになるように縮小して見せたと思う。

ベイヤー型イメージセンサーは縮小されて鑑賞される事を前提にしたセンサーである。FOVEON センサーは縮小も拡大もせずにそのままの状態で鑑賞されることを前提にしている。なので、ベイヤー型イメージセンサーと FOVEON センサーの出力を比較するときには、ベイヤー型イメージセンサーの出力を縮小して FOVEON センサーの出力と比較する事が望ましいのではないかと考える。

しかし、普通、「SIGMA dp2 Quattro の解像力は一般的なベイヤー型イメージセンサーで出力された 3,900 万画素の画像を 1,900 万画素に縮小したものと同等です。」と表現することは考えられない。それを承知の上で敢えてひねくれてみた。

|

« SPP 6.0 はどうなる? 2014/06/15 | トップページ | チョットだけ忙しい 2014/06/17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPP 6.0 はどうなる? 2014/06/15 | トップページ | チョットだけ忙しい 2014/06/17 »