« SIGMA dp2 Quattro あと4日。 2014/06/23 | トップページ | SIGMA Photo Pro 6.0.0 が公開された 2014/06/25 »

SIGMA dp2 Quattro あと3日。 2014/06/24

以前、DP2 Merrill と dp2 Quattro の画質を比べてもさほど大きな違いは無いだろうと書いた。実際に比べてみないと何とも言えないのだけど、シグマが言うところの「解像度で 30% の向上」が正しいのであれば、ディスプレイ上で1:1で表示して比べたときに「少し違うなと感じる程度」だと思う。

ただ、ヨドバシの作例を見たり、カメラ内 JPEG の作例を見た限りでは、dp2 Quattro で撮影されたものにはシャープネスが掛かりすぎているような印象がある。SPP でもそうなのだけど、シャープネス 0 でも実際にはシャープネスの処理がなされてしまう。また、X3F ファイルを生成する際にも、若干のシャープネス処理が入っているのではないかと思う。

もちろん、写真の表現方法としてカリカリに仕上げることはありだし、悪いことではない。単に私が好きになれないだけだ。

幸い RAW で撮るときでもピクチャーセッティングでコントラストとシャープネスと彩度は初期値の設定が可能である。その値は SPP で現像する際に参照され SPP のパラメータに反映される。SD1 ではシャープネス -1.0 をデフォルトにしているのだけど、おそらく dp2 Quattro でも同じ設定にすると思う。

SIGMA dp2 Quattro がどの程度の描写力を持っているのか、DP2 Merrill や SD1 との比較でチェックしてみよう。

|

« SIGMA dp2 Quattro あと4日。 2014/06/23 | トップページ | SIGMA Photo Pro 6.0.0 が公開された 2014/06/25 »

コメント

> treh さん

ノイズリダクションは質感を落としますので、ほどほどが良いのは確かです。Quattro では使わない手も有りかも知れません。

テストでは比較のために DP2 Merrill と同じ条件で現像しますが、カリカリになりすぎるのではないかと予想しております。

投稿: maro | 2014.06.25 06:47

DP1 Merrill ユーザーです。
シャープネスが好きになれないこと、同感です。
せっかく1ピクセルごとに描写をする力があるセンサーなのに、現実にないエッジを描くために画素が使われてしまうのがとても残念です。
あまりベイヤーの画像を意識しすぎず、思い切ってシャープネス-1.0をデフォルトにしてくれてもいいのにと感じます。

少し極端かもしれませんが、DP1Mの画像は基本的にノイズリダクションすべて最弱、シャープネス-1.0で現像するのが好きです。

投稿: treh | 2014.06.24 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA dp2 Quattro あと4日。 2014/06/23 | トップページ | SIGMA Photo Pro 6.0.0 が公開された 2014/06/25 »